cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

クタ2

PC Watchより

今回もすばらしいお言葉が拝聴できました.

今回はApple話がやたら目につきました.しかもWWDCとかモスコーンセンターとかAppleフリークならピンとくるワードがいろいろ出てきたので,生半可ではなさそうです.

といってもやはり突っ込みどころが多いのも事実.

このインタビューでは「コンピュータ」であるということを前面に押し出してるのにSony的には外部にそのことをまったくアピールしていないちぐはぐ感は否めないですし,やっぱりWindowsやTigerが動くというアピールの仕方は誤解を招く表現だと思います(本人としては誤解を恐れずにいうのならばという感覚なのでしょうが).

とりあえずそんな事を思ったりしました.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-09 00:07 | NEWS

クタ節炸裂!

PC Watch

凄いと思ったw

まず,「明快にコンピュータだから」発言.

明快とは 筋道が明らかなさま を指すそうですが,明快にコンピュータだと示したのはデモで複数のストリームをストレス無く再生できるとか,CellがPS3に限らず汎用コンピュータのCPUとして導入することができるっていうのをアピールしただけでSCEIがコンピュータとしての使用法(というかソリューション)を提示したことはまだ無いと思います.
むしろゲーム機なのかコンピュータなのか判然としない中途半端な状況だと思うのですが・・・.

つぎに,「コンピュータだから自由にしてもらっていい」発言.

たしかにHDD交換で保証が切れるPCは少ないですけど,SCEI公式発言と受け取っていいんでしょうか,これ.もっともPS2のブロードバンドキットのHDDが勝手に取り外していいのか悪かったか知らないんですけどね・・・.
あと,この部分でちょっと受けたのが
「BDドライブも書き込みしたくなるかもしれない。まあ、BDは、そうならないかもしれないけど。」
え?そこで気弱になっちゃうのかよ!?って感じました.自由にできるんだからBD-REつけても文句無いでしょう・・・.

つぎに「コンフィギュレーション」発言.

クタ理論によるとPS3はゲーム機じゃないので強化型CELLを搭載したPS3やメモリ増加型PS3が登場したりするらしいです.・・・ほんまかいな!

というわけでエントリ名どおりクタ節炸裂だったわけですが,この発言の中の一体いくつが実現できるでしょうね.いつぞや見たyoutube動画みたいに次々と目玉機能にバツがつけられていく基調講演ビデオにならないといいですね.

----------------------------------------------------------------------
<追記>
あ.ありました
ここです.Engadgetでも述べられていますが,最後に思わずくねっちゃうクタさんに注目ですw
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-07 23:10 | NEWS

Woodcrestの性能

MYCOMジャーナルより

昨日のConroeにつづき,今度はサーバ用CPU,Woodcrest(Xeon 51xx)の性能が明らかになりました.

昨日の資料は記者が実際に試した結果を掲載したものですが,本紹介記事中のWoodcrestの性能はIntelの公表値なので一般性という観点で言うと若干下がります.とはいえSPECmarkなのである程度は信頼できるソースのはずです.結果から言うと整数演算(SPECint_base)はWoodcrestの圧勝といって差し支えない性能を発揮しています.これまで最速クラスだったOpteronが下手するとダブルスコアで抜かれるほどの性能を出しています.

Coreアーキテクチャ,とくにマクロフュージョンをはじめとしたアーキテクチャの改善が効いているという指摘がなされてますが,それだけでは納得できないほどの性能です.たいていのケースで整数演算に関するベンチマークはキャッシュメモリが大容量・高速なほど有利といわれます.とくにベンチマークプログラムがキャッシュに収まってしまうほど小さい場合この傾向は顕著に現れます.SPECベンチのプログラムサイズは分かりませんが,速度に関してはすくなくとも高速かつ共有型のキャッシュメモリ技術であるスマートキャッシュがCoreアーキテクチャに搭載されているため,ベンチ結果にかなり貢献しているのではないかと思われます.

fp値はモンスターチップPOWER6が登場したらたぶん勝てないだろうと思われますが,十分な性能を持っています.科学技術計算の世界でも十分な存在感を発揮できるのではないかと考えられます.

なんかべた褒めになりましたが,WoodcrestのネックはFB-DIMMでしょうね.このメモリが価格を押し上げ,システム全体の消費電力をOpteronベースのシステム以上に引き上げてしまうと予想されています.
価格の問題は量産効果でなんとかなるとしても,消費電力はCoreアーキテクチャの要であるはずなので,intelは真剣に検討をする必要がありそうですね.手っ取り早いのはプロセスの微細化なのでしょうが...
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-07 00:22 | NEWS

MRAM

PC Watchより

MRAM(Magnetic Randam Access Memory)に実用化の兆しのもようです.

MRAM最大の特徴は現在のメモリと同じアクセス速度を実現しながら不揮発メモリとして使用する事が可能な点です.またEEPROM(フラッシュメモリの事)と異なり書き換え回数が無制限である点も重要です.

MRAMが実用化されれば,基本的にハイバネーション(HDDにメモリの内容を保存するスリープ)は必要なくなり,常時サスペンド(メモリだけに情報を保存してスリープ)する事が可能です.これにより1秒で復帰するPCなんかが簡単に作ることができるでしょうね.

最近MSがフラッシュメモリをメインメモリの一部として使用する機能をVistaで追加しようとしていますが,理論的に見れば速度面,信頼性の面で若干無理のある使用法と考えられます.
MRAMならばこのような用途はまさにうってつけですけどね・・・.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-06 19:39 | NEWS

バッファローからも11n対応AP

MYCOMジャーナルより

バッファローから11nドラフト対応AP「NFINITI(エヌフィニティ?)」が発表されました.

スループット80Mbpsを謳う,このAPはいわゆる2x3方式のAPのようです.

使用しているチップベンダはわかりませんが,これまでのバッファローの経緯からするとBroadcomの可能性がとても高そうです.Atherosだと3x3だろうし・・・.

価格はこれまでのものより若干高いですが,11gよりもかなり高い性能を発揮することを考えると十分リーズナブルと思われます.いまから購入するんでしたら強力型無線なんかよりこっちを買った方が賢い選択だと思います.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-06 01:32 | NEWS

Conroeの性能

PC Watchより

Conroe(Intel Core 2 Duo)の性能の一端が明らかになりました.

すでに一部情報筋ではオーバークロック済みの3.3GHzの(驚異的とも言える)性能が分かったりもしますが,日本のIT系ニュースサイトで取り上げられたのは最初のような気がします.

飛べば分かりますが,基本的に圧勝です.もっとも相手は現行製品のAthlon 64 FX-60(2.8GHz)なので勝っていて当然なのですが,そんなことよりもNetBurst時代のように処理によって得手不得手がほとんどないことが注目点だとおもいます.

Core2世代ではデスクトップ用にこのConroe,ノートPC用にMerom,サーバ用のWoodcrestおよび派生品としてCore 2 Extreme Edition(PentiumXEの後継製品ですね)とConroeのコアを2枚張り合わせたといわれるKentsfieldが登場するとされています.

こんなかんじで,盛りだくさんなラインナップなわけですが,Macに関してはMerom搭載のMacBookあたりを個人的に狙い目にしてます...来年の2月くらいには登場するかな?
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-06 00:31 | NEWS

Bose M3の感想のようなもの

とりあえずきたので記念撮影してみましたw
c0064553_22405145.jpg


M3でググればどこでも書いてある事ですが,見た目よりかなりずっしりときます.そしてアルミボディはかなりシャープな感じでGoodです.

M3はオブジェではないので見た目の感想もそこそこにセッティングしてみます.耳の高さと同じくらいのしっかりとした場所に設置するのが良い,ということでこれまで現役だったNS-90(Yamaha製)の上に設置してみました.

NS-90はミドルクラスのサイズのスピーカですが,それに対してM3はほんとに「ちょこん」と乗っかっているだけです.写真を見るとその大きさの違いが際立ちます.
c0064553_22471562.jpg


音声ケーブルは非常に簡素なもので,日本ではスタンダードな金メッキ端子ではありません.このへんはiPodも同様ですよね.どうも米国には端子に気合いを入れるという文化が無いようですね.

さて,肝心の音なんですが・・・たしかにこのサイズから鳴っているとは思えない出音でした.

あ,そうそう.

ここから先はいわゆる「主観」の世界なので誰もがこう感じるわけでない事をあらかじめただし書きしておきます・・・・・・・・・・・・・

では感想を

音質はいわゆる「固い」音です.原音をそのまま出したような聴こえ方をするのでソースによっては耳障りに感じる時もあります.とくにドンシャリ系の音楽は当たり外れがあります.
逆にクラシックやジャズは音の定位を感じる事ができます.とくに沢山のパートで構成されるアンサンブルなんかの場合,いままでのスピーカでは隠れていた音が聴こえてくるという不思議な体験が得られました.たしかに面白いですw.

ここまで書いてM3の魅力のひとつである低音に関してまったくふれてませんね.そうです,実は低音に関してはあんまり感じるところがありませんでした.以前視聴したときにはもっとはっきりとした低音だった気がするのですが,今回,自宅で聞いたところ,迫ってくるような低音は感じられませんでした.はっきり言ってしまえばNS-90とあんまり変わらないかなって感じです.

ただ低音の出方にはかなり違いがあります.NS-90は低音部がスピーカからダイレクトに出てる(様に感じる)のに対して,M3の場合はスピーカの周囲からあふれるように聴こえます.両者の違いがはっきり分かるのは長い低音の演奏や長めの爆発シーンなんかです.
文章にしにくいのですが,NS-90の場合は低音部の中の音の変化が比較的感じられるのに対して,M3の場合ははっきりと聴こえない感じがします.逆に短時間の低音パートの演奏はM3の方が際立って聴こえます.
あとM3の低音は離れていても低音の存在感を感じられます.むしろある程度距離をとった方が低音を感じられる気がします.これは先ほど申し上げた,低音の出方の違いによるものだと思います.
M3がエージングされてくるとまた出音が変わってくるかもしれませんが,低音に関してはこんな印象を受けました.

以上で音質の感想は終わり〜

あと心憎い演出として電源を入/切時はプチっと入ったり,切れるのではなく,フェードイン・フェードアウトしながら音が入/切されるので優しい印象を受けます(*1).また音を大きくしても小さくしても音質の変化が少なく,夜のように音を小さくしなければならない時でも低音部の雰囲気が破綻する事はありません(*2).もちろん迫力は減りますけどね.

で,ホームシアターセットが25,000円くらいで買えるご時世に約50,000円もだして買う価値があったかどうかということなんですが,これは人によるだろうなと思います.映画を見たいとか低音を重視するという方だったらサブウーファー込みの5.1chシステムを買うべきだと思います.M3はPC向けスピーカやミドルクラスのコンポをリプレースするようなニアフィールドのリスニング向けに最適化されてます.私の今回の目的(PC or iPodソースの音楽鑑賞)としては十分達しているのでとても良い買い物だったと思います.ついついビットレート高めにエンコしてHDDを消費してしまうのと「ながら視聴」がやりづらいのが悩みのタネでしょうかねw.

(*1):Winampの一時停止時みたいな感じです.iTunesやiPodでもぜひつけてほしい機能なんですけどね,これ
(*2):音質面の感想みたいですけど,これはおそらくだれもが感じる部分なのであえて書いちゃいました
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-03 23:22 | 雑感

MicrosoftとAdobe、PDFめぐる交渉で行き詰まり( ? )

ITmediaより

Adobeからの要求でWindows VistaからPDF機能を削除したって話.

よー分からんのですが,なんでAdobeはWindowsからPDF出力機能を削除したいんでしょう.WindowsでPDF出力できた方が文書フォーマットとしてのPDFファイルフォーマットの立場がより強くなるんじゃないかなって思うんですけど.

PDF出力機能にしたってMac OS Xじゃ標準装備されているし,このPDF機能のためにAppleはたしかAdobeにライセンスフィーを払っていたはずです(PSフォーマットだけだったかな).MSがAdobeにライセンスフィーを払えば莫大なPDFによる収益が期待できるはずです.それに商業印刷に耐える品質のPDFを出力したい場合には結局Distilerが必要だし.それぞれは食い合うことはないと思うんですけどね.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-03 15:00 | NEWS

AtherosとBroadcom,11n無線LANで100Mbps以上の相互接続を実証

BB Watchより

これはよいことですね.

いままで相互接続性がまったくといっていいほど,検証されてこなかったので,11nに関しては運用時にトラブルが起こるんじゃないかと心配していました.

結局のところは何も問題が無いどころか100Mbps以上での接続に成功しているということで,運用性に関しても問題はないようです.

この記事からははっきりしませんが,3x3(これはたしかAtherosしか無かったと思います)とか3x2とかの速度比較なんかも行って,速度変化がどうなるか知りたいところですね.まあ,まだドラフト段階なのでそこまで求めるのは酷かもしれませんが.

あとはCentrinoでおなじみのIntelの11n対応チップ(Kedron?)がこれらとどこまで相互運用性があるかどうかというところでしょうか.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-01 20:46 | NEWS