cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Vista ( 9 ) タグの人気記事

Linuxを入れてみた。

OS周りの話をしたいと思います。

まずWindows Vista Home Premium(64bit)はきれいさっぱり消してクリーンインストールしました。

c0064553_15343881.jpg

OSがさっぱり無くてネットワーク越しにブートしようとしているBIOS

Windows Vista Home Premium(64bit)とWindows Vista Home Premium(32bit)は普通にインストールしました。ただOS自体はサクッとインストールできるんですが、ドライバとOfficeをあとから入れなければならず、以外に手間取りました。

2時間くらい格闘した後、Linuxをインストールしました。

LinuxはUbuntu Linux 8.10(Intrepid Ibex)を入れました。
VistaでLinuxを入れる上で何が困るのかというとブートローダです。VistaのブートローダはMBRに入れておかないと、Windowsの起動ができなくなってしまうのです。これまでGrubでWindowsの起動まで管理していた人(私とか)は、Windowsのブートローダを問答無用で消去していたので、いきなり壁です。
また、XPのブートローダはboot.iniでテキストエディタで容易に編集可能でした。Vistaのブートローダの設定はバイナリ形式で格納されており、bcdedit.exeという専用エディタで編集しなければならない点もめんどくさい点です。

Linuxインストールは
ケーズメモに従って行いました。

以下、自分用覚書

基本的に、インストーラどおりに設定すればOKだが、ブートローダの設定だけは慎重に行う。
ブートローダはLinuxの"/"のディレクトリがおかれるディスクを指定する。私の場合は/dev/sda4だったので、(hd0,3)になる。
インストール完了後、他のサイトに紹介されているように、再起動をせずに、USBメモリ等に、ブート情報を移しておく必要があるのだが、Intrepid Ibexはダイアログの閉じるボタンが無効になっているし、メニューもないので、Xの強制終了しか手がないようだ。というわけで"Ctrl + Alt + BackSpace"を押して、Xを殺す。
Xは自動的に再起動をして、デスクトップ環境を利用できるようになる。GNOMEターミナルなどを起動して、USBメモリにカレントディレクトリを移動させたあと

sudo dd if=/dev/sda4 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1

として、/の先頭512バイトをUSBメモリに丸コピする。

その後Windowsを起動する。
Windowsが起動したらまずUSBメモリにおいたubuntu.pbrをC:\の直下に置く。
そしてコマンドプロンプトを管理者権限で起動させて、以下の内容を書く。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャ
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device partition=C:
description Windows Boot Manager
locale ja-JP
inherit {globalsettings}
default {current}
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
displayorder {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
{current}
toolsdisplayorder {memdiag}
timeout 10

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
device partition=D:
path \Windows\system32\winload.exe
description Microsoft Windows Vista 64bit Edition
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
osdevice partition=D:
systemroot \Windows
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
nx OptIn

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {current}
device partition=C:
path \Windows\system32\winload.exe
description Microsoft Windows Vista 32bit Edition
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
osdevice partition=C:
systemroot \Windows
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
nx OptIn

これはブートローダに格納されている情報を表示している。

次に以下のコマンドを打つ

C:\Windows\system32>bcdedit /copy {ntldr} /d "Ubuntu Linux"
エントリは {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} に正常にコピーされました。

これによりNTLDRを呼び出すことができる。本来はNTLDRがこの位置に格納されるのだが、今回はここにGrubを呼び出せるようにする。
つまりこの{zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz}がLinuxマルチブートの肝になる。間違えないように、以下の操作はコピペで行うのがいいだろう。

ブートローダのデバイスの指定

C:\Windows\system32>bcdedit /set {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} device partition=C:
この操作を正しく終了しました。


ブートローダの場所の指定

C:\Windows\system32>bcdedit /set {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} path \ubuntu.pbr
この操作を正しく終了しました。


ブートローダの表示の指定

C:\Windows\system32>bcdedit /displayorder {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} /addlast
この操作を正しく終了しました。


以上の操作で次回ブート時には一覧にUbuntu Linuxという選択肢が登場し、これを選択するとGrubが起動し、Linux起動を行うことができるようになる。

Ubuntu Linuxのシステムモニタ(タスクマネージャのようなもの)画面
c0064553_16251094.jpg


64bitなのでちゃんと6GBを認識しているようです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 16:07 | 設定覚え書き

ベールを脱いだWindows 7

PC Watchより

Windows 7の概要が明らかになりました。

基本的にはVistaのカーネルをベースにUIをブラッシュアップしたOSという感じです。
もともとVistaのカーネルはメモリを食うけれど食った分は快適に動作するように設計されているようなのでさらにカーネルがチューンナップされたWindows 7の動作は基本的にキビキビしているようです。恐ろしいのはこれがまだ開発者向けリリースビルドということですね。十分な安定性と速度を実現しているのにまだ、改良の余地があるみたいです。

UIはVistaになってから(個人的にいらだつ部分があるものの*1)好印象に思ってるのですが、さらに改良されており、個人的にツボです。
特に画面の端っこにウィンドウを持っていくと吸着&タイル化とか、最大状態を上辺へのドラッグだけでできるあたりはなかなか素晴らしいなーなんて思ってます(Ubuntuなんかで部分的には実装されている機能ではありますがね)。
デスクトップを透かして見ることができるのはいまいちその必要性が感じられませんが、使ってみると便利なのかもね。

MS版クラウドこと、Windows Azureとともに今後も注目していきたいところです。ちなみにAzureは「アズュール」と呼びたい自分であったりします(米国人でもかなり発音がバラバラらしい)。

*1)詳細表示の時に名前以外の部分でも選択できるようになってしまったせいでドロップ操作がしずらい、エクスプローラビューのUIは+ボタンのほうがよかった。あとエクスプローラビューの動作が微妙にもっさり、など。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-10-29 23:20 | NEWS

一方ユーザーはXPサポート延長を希望した

cnetより

まあ,いつものMSということで.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-06-06 06:15 | NEWS

Vistaの権限昇格

Offensive Security Trainingより

動画が面白かったのでちょっととりあげてみた.
VistaのUtilman.exeをcmd.exeとすり替えると,権限昇格が可能になり,ログイン画面からでもスタートメニューが表示できるといったことが可能になるようです.

きっとcnetにもZDnetにも載ること無く隠蔽されるんだろうなぁって思ってますが,どうなりますかねぇ.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-05-27 20:36 | NEWS

Vistaは売れている,そりゃそうだ

cnetより

PCの出荷数はXPの登場時より増えているし,出荷時のPCにプレインストールされるOSがVistaなら1億4000万本以上売れていることも理解できる.

プレインストールでなくパッケージ販売の数をちょっと知りたい感じ.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-05-12 06:06 | NEWS

別れの季節

春といえば別れの季節

ていうわけで研究室のPCとお別れしました.

HDD全消去は(時間的に)めんどくさかったので,アカウント消去でお茶を濁しておきました.

Vistaの場合,アカウント消去にもそれなりの時間を要するようで,10分程度かかりました.軽くお茶が飲めそうです.あとユーザアカウント管理のコントロールパネルのウィンドウがやけに明滅しているのも気になりました,まあ,Vistaではよくあることだけど.

奇麗さっぱり,ユーザデータが消滅したので(へんなハッキングをされなければ)新しい人にオールインワンの環境を引き継ぐことができたと思います.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-03-27 23:35 | 雑感

Vista最初の大幅アップデート

PC Watchより

Vistaの最初の大幅アップデートが公開されました.このアップデートを適用すると

・スクリーンセーバーの「写真」から復帰するのに長い遅延が発生する
・スクリーンセーバーの「Windowsエナジー」を使うとメモリリークが発生する
・ユーザーアカウント制御(UAC)が無効になっていると、ネットワークプリンタが正常にインストールできない(ネットワークプリンタがWindows XP/Server 2003ホストに接続されている時に発生)
・AVIStreamWrite機能を使ってAVIファイルにデータを書き込むと、AVIファイルのヘッダが破壊される
・大きなサイズのファイルをコピー/移動すると、残り時間の計算に長い時間がかかり、実際より長い時間が表示される
・PCを休止状態から復帰させてからログオン画面を表示するまでに長い時間がかかる
・オフラインファイルをサーバーに同期させると、オフラインファイルが破壊される
・RAW形式の画像を編集すると画像が破壊される(キヤノンEOS 1D/1DS利用時に発生)
・PCを休止状態から復帰させると、PCがデフォルトゲートウェイのアドレスを忘れる
・貧弱なメモリ管理性能

と言った点が改善されるそうです.こうやってみると結構アフォっぽい欠陥がありますね.多くのユーザが気になるのが「貧弱なメモリ管理性能」じゃないでしょうか.これで大飯喰らい,から大食い(?)くらいになるでしょうか.とりあえずVistaユーザには必須のアップデートと言って良いでしょうね.大学のVistaマシンは当分触れないのでどの程度の効果かはもうちょっとたたないと分かんないや.もっとも自分がアップデートする頃にはアップデータ適用レポートが上がってそうですが.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-08-09 15:06 | NEWS

メモリ積まなさ過ぎだろう...

computerworld.jpより

常識的に考えて終了と再起動に1時間とかありえんし...普通,10分待ったところで強制電源断するとおもふ

Vistaは基本的にCPUがCoreシリーズ以降でメモリ2GB以上が前提のOSなんだからさー,そんだけの環境作ってから文句いわないとMSも困るってことだろーねー

クイック起動に関してもこんなこと書いてる人もいることだし,このうわさの真偽はともかく,基本的にOSは起動/終了するものと考える人が大半でしょうねぇ.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-04-20 09:00 | NEWS

見通しのよくなったOS Windows Vista

そういえばちょっと前にWindows Vistaの一般消費者向けの販売が開始しましたね.

実は私は2週間ほど前から大学のボリュームライセンスでWindows Vista Ultimateを導入して使っています.ここまで使ってきて感じたことを少しだけ書こうと思います.

まずはビジュアル面から.いわずとしれたAeroですが,結構悪くないです.

最初はウィンドウのタイトルバーの透け具合が少し高すぎて(不透明度が低すぎて)違和感を感じましたがじきになれました.ウィンドウを閉開したときのふわっとするエフェクトはXPのときと比べて心理的に負担を感じない気がしました.

Windows+Tabで出てくるスイッチャは面白いですが,サムネイル状になったウィンドウをリボルバー状にする必然性はあんまりないかな...と感じました.わたしはもっぱらAlt+Tabで操作していますね.
そういえばVistaからはAlt+Tab(またはWindows+Tab)でスイッチャを出した状態で任意のアイコンをクリックするとそのウィンドウが前面に出てくるようになりました.これはMac OS Xと似た感じでグッドだと思いました.

見た目は好印象だし,例の検索機能も概ね良好な速度と操作性を持っていると感じています.がVistaが"新しさ"を纏っているだけに,奥底で眠っている古さも同時に露呈している感があります.そしてそこががっかりしてしまうところだったりします.それはたとえばコントロールパネルの書類全般だったりタスクトレイのインターフェースだったりします.
ひとつ具体的にあげると画面設定でしょうかね.そろそろ壁紙のドラッグ&ドロップに対応してくれてもいいし,解像度のスイッチなんかももう一工夫できるところだと思います.

そこで自分なりに結論を言わせてもらえばVistaはいろいろな機能が探しやすくなったOSだと思います.こう感じる部分は使っていて多々あり,Microsoftもかなり苦労して実装したところじゃないかなと思っています.けれどせっかくアクセスしやすくなった機能は前述のように旧態然としており,せっかくの操作性がシームレスさを欠く結果となっているように思います.
これは依然取り上げたIE7でも感じる部分です.MSが真のユーザビリティを考えているといえるのはこのあたりの機能の改良が必須だと思っています.

今回は見た目,使い勝手なんかを中心に感想を書いて見ましたが,Vistaの基盤は21世紀のOSたる仕様となっているようです.OSは所詮OSなのでぜひVistaならではというアプリケーションをはやく手にして使ってみたいものですね.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-01 23:39 | 雑感