cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Nvidia ( 6 ) タグの人気記事

Jetson TK1注文してみた

ASCIIより

NVIDIAのTegra K1搭載開発者向けボード「Jetson TK1」がオリオスペックから発売開始されたようです。

早速、ここで注文をしてみました。

このボードはいくつか契約事項があるため、署名が必要となります。
注文後に添付のPDFに署名捺印をしてから発注処理に入るというメールが来ました。

早速、署名捺印をし、郵送しました。

発送は5月下旬〜6月上旬になるみたいです。

Streaming Processor数は192コアなので、絶対性能からいうとけして高い性能ではありませんが、モバイルサイズとしては破格の性能なので、面白そうです。
同梱、もしくはCUDA Registered Developer Programにログインしてダウンロードできることで入手できる(と思われる)Vision Worksがどのようなものかも興味深いです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2014-05-02 21:11 | 雑感

nVidiaがCPUベンダになる日

PC Watchより

nVidiaはARMでヘテロジニアスマルチコアを実現するようです。
現在携帯機器向けにTegraをリリースしていますが、携帯端末向けにとどまらず、スーパーコンピュータ(しかも世界最高性能クラス)にもARMベースのチップでIntelに戦いを挑むもようです。

現在のARMはスーパーコンピュータの演算に耐える整数演算があるとはいいがたいし、64bit化もしていません。メモリ節約のためにThumbという16bitの命令セットもあるくらいミニマム志向のCPUです。ただそれに関しても布石があるようでARM Cortex-A15というのがARMから発表されているようです。

知らなかったんですがCortex-A15はOut-Of-Order実行可能なアーキテクチャで4コア、ハードウェア仮想化をサポートするCPUとなっています。あとは64bit化すれば第一線で戦えるCPUとなりそうです(ここまで機能満載だと消費電力が心配ですけど)。
nVidiaがスーパーコンピュータをターゲットにしている2016年ごろには64bitのARMコアがでるのは確実でしょうね。
このCPUを作る過程でIntelに性能面で見劣りしない「ARM PC」が登場することでしょう。ARM版Windowsと相まってPC市場にどんな化学変化が起きるか楽しみです。

ついでにARMコアの進化にAppleが乗り遅れず追従していってくれることを期待します。Apple A4プロセッサはまだまだ成長するんですよね!?
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-01-14 23:12 | NEWS

Fermi

PC Watchより

エンリコフェルミの名を冠した、新型アーキテクチャ。

倍精度浮動小数点演算性能が前世代より8倍高速化。ECCもサポートされ、科学技術計算にも高い信頼性が置けるようになりました。30億トランジスタということで、発熱、価格ともにスゴいことになりそう。

ATI(AMD)よりはNVIDIAファンな自分には、いいニュースでした。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-10-01 21:01 | NEWS

GPU新世代に突入

PC Watchより

今日のPC WatchはGeforce GTX 280のニュースでもちきりのようです.

これまで4桁の型番のあとにGSとかGTのグレードとかついてましたが,今後はグレードが先で3桁の型番という形になるようです.もちろん名前が新しくなっただけでなく,新世代にふさわしいものとなっており,演算コアであるSP(Stream Processor)が240となっており,単精度演算性能は933GFLOPSを実現しています.

また,AMDもRadeon HD 4850を発表しており,演算速度は1TFLOPSを実現しているようです.

GPGPUを使って,リッチな物理演算や,汎用的な映像エンコード・デコード処理を行うことが現実味を増してきました.ここで問題になるのがAPIの問題ですが,AppleがSnow Leopardで導入するOpen CLが(Mac OS X限定ですが)エレガントに解決してくれることを祈りたいものです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-06-17 19:13 | NEWS

携帯機器のためのグラフィックチップ

マイコミジャーナルより

NVIDIAからWindows Mobile搭載機器向けのグラフィックチップが登場しました.

いままでのケータイ機器といえば3Dは表示するのがやっと,HD映像は処理できないというものがほとんどでしたが,このチップの登場によりこうした既成概念の塗り替えられるかもしれません.

当分はチップの大きさから考えてAtom搭載のネットブックPC向けかなぁと思われます.今後,プロセスシュリンクに従って,ケータイなどに入る日も来るかもしれないですね.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-06-03 06:03 | NEWS

Intelが再び乗り出す分離型グラフィックチップ

itmediaより

i740以来の分離型グラフィックチップがもうすぐ登場しそうです.

i740はそこそこ高性能というチップで,後に統合チップセットに埋め込むグラフィックチップの原点となったんですが,LarrabeeはHPC(High Performance Computing)分野を狙うかなり野心的なチップとなっています.

Larrabeeはただ単に高性能なグラフィックチップというだけでなく,現在のMMX/SSEなどのようなx86アーキテクチャに沿った,開発者になじみの深い命令セットを使うことで,グラフィック以外の用途(ハードウェアエンコード,解析計算,シミュレーション,ゲームのAI等)にも強力なコンピューティングパワーを発揮できます.

当分,相当なハイエンドシステムにしか搭載されないと思いますが,個人的に興味を引くチップです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-04-02 06:07 | NEWS