cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Mac ( 38 ) タグの人気記事

SSDが死んだ

Macに外付けディスクとして、Lacie Little Big Disk Thunderbolt SSD 240GBを接続して
運用していたのですが、数日前から勝手にアンマウントすることが多発し、おかしいなと思
っていたところで、完全にマウントされなくなりました。

ディスクユーティリティを開くと、RAID0のセットのうち、片方のディスクがエラーを起こして
オフライン状態になっていることが分かりました。
このディスクにはiPhotoやiTunesのライブラリが保存されていて(つまり内蔵HDDにはいっさい、
iTunesやiPhotoのデータは無し)、依存度が高いため、バックアップはそれなりに取っていました。
(といっても、iPhotoのバックアップはたま〜にしかとって無かったので、結構焦りましたが...)

そのため、RAIDセットを破棄して、それぞれのディスクをフォーマットし直しました。

いまは問題なく使えているようです。SSD自体が堅牢でもRAID0はエラーを起こすととたんに使え
なくなり、対処不能となることが分かりました。
世の中にはたまに速度向上をウリにSSDのRAID0構成で出荷するマシンがありますが、意外に
脆いかもしれません。

また、TimeMachineでは内蔵HDDのバックアップはしっかり取っていましたが、外付けディスクの
バックアップは手動だったので、今後はTimeMachineに外付けディスクも含めて、バックアップを
取るよう対策しようと思います。

[PR]
by cappuccino_mac | 2014-06-14 15:53 | Comments(0)

iMac(Late 2006)にWindows 7(32bit)を入れる

iMac(Late2006)にWindows 7を入れてみました。ちなみに32bitです。64bitは旧タイプiMacなので入れることはできません。

そもそもBootCampサポート外のMacのため、一筋縄ではいかないかなぁと思ったのですが、やっぱりすんなりいきませんでした。

ブログというよりただのメモなのですが、行動記録として残しておきます。

BootCampで空いている領域をWindowsに割り当てます。
画像を撮るのを忘れました。いつでもパーティションを作成できるってのは便利ですね。

再起動して、Optionキーを押し続けブートセレクタを表示させます。Windows 7のインストールメディアを選択して、起動させます。
c0064553_19552719.jpg


起動させている様子。この画面で結構時間がかかります。
c0064553_19563870.jpg


よくある許諾書の確認。
c0064553_1957790.jpg


BOOTCAMPって書いてあるボリュームに入れればいいわけですが、フォーマットが違うせいか入れられないと怒られます。
c0064553_19574125.jpg


フォーマットした結果、何も文句を言われなくなりました。ここにインストールします。
c0064553_1959911.jpg


いろいろ展開して、インストール完了です。Windows 7は今までのWindowsよりだいぶインストール時間が短い気がします。
c0064553_200874.jpg


Windowsが起動します。
c0064553_2002820.jpg


そしてBSODです。ちなみにBlue Screen Of Deathの略です。カッコよく言ってみたかっただけです。
c0064553_2013198.jpg


今回の原因はWindows 7インストールメディアに入っているnvidiaのドライバ(nvlddmkm.sys)が悪さをしていることが分かっています。実際BSODの画面でもそう言っているし。
いまは不要どころかインストールの障害です。というわけで削除します。
ネットの情報を収拾すると、C:\Windows\System32\drivers\nvlddmkm.sysを削除すれば良いと言うことは分かりましたが、方法論はいろいろあるようです。Windowsからやるとなんだかややこしそうということは分かりました。
というわけでさらに調査した結果、Mac側からNTFSで今インストールしたボリュームをマウントして、nvlddmkm.sysを削除するという方法に落ち着きました。
ちなみにMacのNTFSマウント機能は標準だとリードオンリーです。書き込み可にするには、Macin' Blogさんのエントリが分かりやすくて参考になりました。

消すファイルの場所は以下です。
c0064553_2094646.jpg


これで、インストールが完了しました。めでたしめでたし。

で、このままではAeroが使えません。Win7のAeroは結構重要で、タスクバーの機能拡張、後ろのウィンドウのチョイ様子確認など、結構使える機能に直結します。
ので、nvidiaから最新ドライバを入れましょう。

あと、iMacにはBluetooth、内蔵iSight、マイク、サウンド、無線LANなどの機能があり、つぶしておくのももったいないです。こちらもいれましょう。これらはSnow Leopardインストールメディアに収録されています。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-08-12 20:14 | Comments(0)

Appleのデスクトップラインナップがアップデート

mac mini、iMac、Mac Proが刷新されました。

mac miniはIonプラットフォームを採用しなくてよかったです。もっともプラットフォームを流用するのが好きなAppleがそんな冒険にでるのはまず無いと思ってましたけど。おそらくMacBookとベースは共通でしょうね。

iMacは完全にマイナーバージョンアップです。独立GPUが欲しければ中位以上のクラスにする必要があるようです。こちらの価格は約20万円となっています。

Mac ProはNehalemベースになり、4コア8スレッドからのモデルとなっています。AppleのMac Pro紹介ページではHarpertown搭載のMac Proとの比較をしていますが、今ひとつ魅力に乏しいパフォーマンスです。そもそもFSB型とはいえ1666MHzで駆動していたし、3.2GHz駆動でしたしね。8コア16スレッドの上位機種のデータがないのは単にデータが間に合わなかっただけか、それとも載せるほどの魅力の無い結果になったかのどちらでしょうか...

--
追記;よく確認してみたら8コアのマシンの性能が掲載されているみたいですね。ということはますます性能的には魅力がない?のかな。これはアクティビティモニタでみると16CPUで動作しているのだろうか。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-03-04 06:43 | NEWS | Comments(0)

新型デスクトップは一気に発表?

iMac、mac mini、Mac Proが近々、新モデル登場となるようです。

とくにMac ProはCPUはともかく標準のグラボがかなり型落ちですからね。そろそろ刷新しないとまずいくらいのレベルになっています。

Mac ProはNehalem-EPを採用するようで、4コア×2の8コアまで対応するようです。HyperThreadingにも対応すると思うので16スレッド同時実行可能になるのではないかと思います。
1年後にはNehalem-EXも登場するので16コア32スレッド実行可能になるのではないでしょうか。

mac miniもIONプラットフォームを採用するというウワサが一時期ありましたが、結局どうなるでしょう。CPUは2GHzを採用するようですが、Atomでも2GHzは達成していますからね。仮にAtomだとCPU性能が必要な用途にはかなり非力な気がします。

iMacは基本的にマイナーバージョンアップのようです。メモリとグラフィックスが順当な進化をするといったところでしょうか。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-03-03 20:41 | 雑感 | Comments(0)

Intel Core i7マシンを購入してから2ヶ月ほど

1月にはNehalem-EP(Gainestown)搭載のMac Proが発表されて悔しい思いをするのかなぁって思ったけど、そんなことは無かったのでした。2月にはクアッドコアiMacが低価格で登場して、残念な思いをするのかなぁって思ったけど、そういうこともありませんでした。

そういう意味ではMac的に私の心を動揺させるマシンが登場しなくてなんとなく安心したような残念なような複雑な気分です。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-02-19 22:21 | 雑感 | Comments(0)

次の四半期は厳しそうだなぁ

PC Watchより

11億4,000万ドルの純利益を今期は出せたようです。
今後を考えると米国経済の失速は結構痛いでしょうね。米国以外ではさっぱりなAppleですから...

日本に目を移すと、やっと見た目重視の戦略が功を奏し始めて来たのかMacの売り上げも若干上向きそうな感じです。とくにELバックライトを採用した新型MacBookなんて完全に売り場でアピールするのが目的のようなツヤツヤ液晶画面です。おかげで滑り出しも上々のようですね。日本人、ツヤツヤキラキラに弱いんでw

iPhoneの販売台数もちゃんと公表されました(まあ決算なのでちゃんと発表しますわな)。
689万2,000台(同516%増)というのはまあ、世界31カ国で売り出せば当然の結果と言えます。今後は微増だと思うのですが、プラットフォームとして牽引していけるかはここからが正念場でしょうね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-10-23 22:40 | NEWS | Comments(0)

でたでた

Appleより

新MacBook / MacBook Proが登場しました。

詳細は見てないけど、外観は以前ドイツのApple Storeで間違って掲載してしまった画像そのままっぽいすね。

さりげにMacBook AirがGeForce搭載なのが驚きなのですが...
c0064553_21423978.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2008-10-15 06:19 | NEWS | Comments(0)

Macのシェアが拡大中

cnetより

世間的にはマックといえばドナさんですが...

相変わらずcnetは何が言いたいか分からないスポーツ新聞みたいな考察の記事を書くのが得意ですが,データ自体はウソではないみたいなので信じておくと,Windowsがついにシェアで減少したようです.同時にMac OS XやLinuxはシェアが増えているようです.

シェア8%はPC企業のシェアとして見れば十分に大きな企業ですが,エコシステムを形成するにはちっぽけなものです.この程度ではMacのシェアが純増傾向だからといって,ソフトが増えることもMac固有のサービスが続々登場するってことも無いでしょう.

PCはエコシステムを形成できなければ滅ぶようにできていました.けれど,いまやこのような囲い込みのエコシステムが無くてもウェブサービスのおかげであまり不自由のない生活が遅れる時代になってきました.ある意味プラットフォームが希薄化しているともいえます.このデータはそういうことを物語ってるのかなぁなんてと思ったりしました.
シェアが増えると困るのがワームですが,正直なところ脆弱性対応のAppleの姿勢は寒いものです(絶望的ってほどじゃないですけど).やっぱりXP SP1時代のNimdaくらいのショックが一度起きないと,本腰が出せないのでしょうか...
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-07-06 23:40 | NEWS | Comments(0)

Mac OSのシェアが7.57%

マイコミジャーナルより

もちろんある種の統計方法によれば,というはなしですが.

ここによるとMacのシェアは日本を除いて基本的に増加傾向にあるそうです.日本人は安ければそれでいい人と,性能至上主義の二極化が好き&独自性を嫌う国民性があるので,Macが避けられるのは致し方ないかなぁと思いますけどねー・・・でも,それって発想が貧困だよなぁ,,,とか煽ってみる.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-02-06 00:34 | NEWS | Comments(0)

エルゴソフト...

egwordやegbridgeを手がけていたエルゴソフトウェアがMac用パッケージソフト事業を撤退したそうです.

自分は結構昔からMacユーザでしたが,一度も手にしたことがありませんでした.なので,どうこう言える筋合いはないのですが,Mac専門ソフトベンダが撤退したのは残念ですね.

個人的にはMacというよりBeOSでの存在感が大きかったような...
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-01-31 23:51 | NEWS | Comments(0)