「ほっ」と。キャンペーン

cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Linux ( 12 ) タグの人気記事

Voyage Linux 0.8.0 を入れてみた

(詳細は後ほど)

Voyage Linux 0.8.0を入れてみたのですが、最新のRadeonとかを搭載している環境では動かないっぽいです。その辺の対処も含めてメモとして残しました。

問題の調査したところGPU用のサブシステムが0.8.0から有効になっていることに原因があるようです。DRM(Direct Rendering Manager)はGPUをフル活用する環境では便利ですが、音楽再生専用OSであるVoyage Linuxに必要なものとも思えないのでこいつを起動しないように修正しました。
LinuxのRadeon用ドライバは古かったり、不安定だったりと微妙なことが多いので、下手に触らない方がいいでしょうね。(Ubuntuみたいにディストリビュータがプロプライエタリドライバまで親切に用意してくれるところは別)

あとついでの話ですが、Voyage LinuxでインストールしてしまったのであとからVoyage MPDを追加しました。apt-getで追加しただけなんですけどね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-11-05 23:52 | 雑感 | Comments(0)

voyage mpd 0.8.0登場

voyage linux公式より

voyage mpdの新バージョンが登場しました。
予定では10月半ばの予定だったので、半月遅れた形です。

大幅な変更点はなく、カーネルのバージョンがLinux Kernel 3.0.0になったくらいです。
0.7.5では非RTカーネルだったらしいですが0.8.0はどうなった気になります。(私は0.7.0から更新していなかった)
今週末あたり試してみることにしよう。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-11-02 07:30 | NEWS | Comments(0)

Voyage Linux 0.8.0

10月半ばに Voyage Linux 0.8.0 がリリースされるようです。

Kernel 3.0.0を採用しているもよう。

すでに、Kernel 3.0.0にしている猛者もいますが、出るまで待つことにしよう。
#0.7.5は使ったことがないけど、非RT系だったってホント?
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-10-01 11:25 | 雑感 | Comments(0)

Karmic Koalaにしようと思ったら

自分のUbuntuがHardy Heronだったことに今気付いた。

まだこの先にIntrepid IbexとJaunty Jackalopeが待ってるのか・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-11-03 22:13 | 雑感 | Comments(0)

vmware-vdiskmanager.exeをいじってみる

ひさびさに普通のコンピュータネタ

以前、自分は簡易P2Vを実施し、成功させました。

この簡易P2Vは簡単に言うと物理HDDと全く同じ仕様の仮想HDDを用意し、KnoppixなどのCDから起動するLinuxを用いてddで複製を行うものです。幸い移行元はLVMなどの面倒なパーティショニングをしていなかったので予想どおりうまく行きました。
正確にはそのままでは起動はしなかったのでmkinitrdで初期RAMディスクの再構成を実施して事なきを得ました。

問題はこの運用時に起きました。実はこのシステムを後継者に渡したんですが、後継者の話によるとこの仮想HDDを伸長したようです。伸張時に問題が発生し、ファイルサイズがZeroのファイルができたそう・・・そんなことあるのかな。

ということで、ためしにGWで時間があったので実験してみました。

なお、この仮想HDD、すこし出自が変わっているモノでして、vmwareでそのまま作成した仮想HDDではありません。このサイトを参考に、実HDDと同じスペック、すなわちサイズとCHS(クラスタ、ヘッド、シリンダ)(シリンダ、ヘッド、セクタ)が全く同じHDDを作成しました。vmwareの標準機能ではCHSまで同じHDDは作成できないのです。異なる仕様のHDDでddをおこなったものはP2Vに失敗しました。

実験は以下のような状況で行いました。使用するファイルは以下のとおりです。

vmwareファイル(vmx)
仮想HDD(ポインタ)
仮想HDD(本体)

これも説明が必要だと思います。参照先のサイトを見ればわかることですが、vmwareのvmdkファイルはひとつながりの巨大なデータである必要はなく、仕様を記述して、本体を指しているファイル(便宜的にポインタの仮想HDDと呼びます)、とVMのストレージエリアとなる本体に分けることが可能なようです。
ちなみに本体のファイルはfsutilコマンドで作成したイメージファイルです。このコマンド、たいていの場合は巨大なファイルを使って、ファイルの転送速度の測定をしたり、圧縮のテストをするのに利用するんですが、疑似vmdkとしても機能するようです。しかし、本家のvmdkとは(おそらく)仕様が異なるのでvmware-vdiskmanager.exeを用いた伸張処理がちゃんと機能するかは疑問です。もっとも、それを確認するための実験なんですが・・・。

ファイルを用意したら実際にvmwareを起動させてOSをインストールします。あまり意味はないですが、インストールしたOSも示します。

KNOPPIX日本語版5.1.1CD

余談ですが、Knoppix LinuxはHDDに入れてもなかなか使えますよ。インストールが終わるのも速いし。

OSインストールまできたら実験開始です。やりたいことは仮想HDDの伸張です。しかしvmdkファイルが2つ(ポインタと本体)あり、どちらを伸張すべきか悩みます。どちらもやってみればいいのですが、予想を立ててみます。

まず、上記サイトのままのvmdkのポインタファイルの一部を抜粋します。ポインタファイルはテキストファイルなので簡単に中身を見ることができます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
# Extent description
RW 33554432 FLAT "scsi-16g-flat.vmdk" 0

# The Disk Data Base
#DDB

ddb.virtualHWVersion = "4"
ddb.geometry.cylinders = "2088"
ddb.geometry.heads = "255"
ddb.geometry.sectors = "63"
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

これは16GBのHDDの仕様です。vmware-vdiskmanager.exeを使用して伸張をおこなう際はおそらくこのパラメータが書き換えられて、本体ファイルが伸長されることが予想されます。

ためしに、vmware-vdiskmanager.exeを使って、実際にvmdkファイルを伸張してみます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
C:\Users\cappmac\Desktop\empty>"C:\Program Files\VMware\VMware Workstation\vmware-vdiskmanager.exe" -x 20GB scsi-16g.vmdk
Using log file C:\Users\cappmac\AppData\Local\Temp\vmware-cappmac\vdiskmanager.log
Grow: 100% done.
The old geometry C/H/S of the disk is: 2088/255/63
The new geometry C/H/S of the disk is: 2610/255/63
Disk expansion completed successfully.

WARNING: If the virtual disk is partitioned, you must use a third-party
utility in the virtual machine to expand the size of the
partitions. For more information, see:
http://www.vmware.com/support/kb/enduser/std_adp.php?p_faqid=1647
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
という感じで、成功しちゃいました。

ちなみに、本体ファイルに対して、伸張処理を実施するとこうなりました。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
C:\Users\cappmac\Desktop\empty>"C:\Program Files\VMware\VMware Workstation\vmware-vdiskmanager.exe" -x 20GB scsi-16g-flat.vmdk
Using log file C:\Users\cappmac\AppData\Local\Temp\vmware-cappmac\vdiskmanager.log
Failed to open the disk 'scsi-16g-flat.vmdk' : The file specified is not a virtual disk (15).
Failed to open disk 'scsi-16g-flat.vmdk' : The file specified is not a virtual disk (15).
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

というわけで、fsutilで作成されたただのファイルの塊でもvmdkのポインタファイルさえ用意すればちゃんとvmwareネイティブのvmdkファイルと等価の動作となることが確認できました。

となると失敗した理由がナゾです。現場検証は短時間だったため、あまり深くまで原因究明できませんでしたが、スナップショットやホストOSの受け入れ容量オーバーだった可能性が考えられます。スナップショットは伸張時には切らないとなにか影響がありそうな気がします。

とりあえず、今回の実験でわかったことは、疑似vmdkでもvmdkと同じ動作をする、ということと、完全に依存しない隔絶した環境にバックアップを置いてから作業をしましょう、ということが確認できました。

もちろんこの伸張はあくまでもvmdkに対して、ですので伸張後のVM内のファイルシステム伸張処理をお忘れなく、というかこちらのほうが難しい場合も多いのですが、今回伸張をしようとした、後継者殿はその辺、どう考えていたんでしょうね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-05-05 17:02 | 設定覚え書き | Comments(0)

Ubuntu 8.04 LTSリリース

Ubuntuプレスリリースより

Ubuntu 8.04 LTS(Long Term Support)がリリースされました.
LTSはデスクトップは3年,サーバは5年までサポートが行われます.
新機能としてはWubiやFirefox 3(Beta版)などが含まれます.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-04-25 06:18 | NEWS | Comments(0)

PS3 Linuxにns-2を入れる

PS3を購入したので早速(?)Linuxをインストールしてみました.インストールしたのはUbuntu 7.10.

インストール履歴はそこら中にレポートが上がってるので割愛.カーネルイメージのインストールでちょっと手こずりましたが,基本的には簡単に入れることができました.

ためしにネットワークシミュレータns2を入れてみたところ,いろいろ無いと言われて,そのたびにSynapticで追加していったら以下のようになりました(+印はルートインストール).

+build-essential (11.3ubuntu1)
dpkg-dev (1.14.5ubuntu16)
g++ (4:4.1.2-9ubuntu2)
g++-4.1 (4.1.2-16ubuntu2)
libc6-dev (2.6.1-1ubuntu9)
libstdc++6-4.1-dev (4.1.2-16ubuntu2)
linux-libc-dev (2.6.22-14.46)
patch (2.5.9-4)
libdmx-dev (1:1.0.2-2build1)
libgcrypt11-dev (1.2.4-2ubuntu2)
libgnutls-dev (1.6.3-1build1)
libgnutlsxx13 (1.6.3-1build1)
libgpg-error-dev (1.4-2ubuntu1)
libice-dev (2:1.0.3-3)
liblzo2-dev (2.02-3)
libnet6-1.3-0 (1:1.3.5-2)
+libnet6-1.3-dev (1:1.3.5-2)
libopencdk8-dev (0.5.13-2)
libpopt-dev (1.10-3build1)
libsigc++-2.0-dev (2.0.17-2ubuntu2)
libsm-dev (2:1.0.3-1)
libtasn1-3-dev (0.3.9-1)
libxext-dev (2:1.0.3-2build1)
libxres-dev (2:1.0.3-1)
libxt-dev (1:1.0.5-3)
tcl8.4 (8.4.15-1build1)
+tcl8.4-dev (8.4.15-1build1)
tk8.4 (8.4.15-1ubuntu1)
+tk8.4-dev (8.4.15-1ubuntu1)
x11proto-dmx-dev (1:2.2.2-4ubuntu1)
x11proto-resource-dev (1.0.2-4ubuntu1)
x11proto-xext-dev (7.0.2-5ubuntu1)
zlib1g-dev (1:1.2.3.3.dfsg-5ubuntu2)
+libx11-dev (2:1.1.1-1ubuntu4)
libxau-dev (1:1.0.3-2)
libxdmcp-dev (1:1.0.2-2)
x11proto-core-dev (7.0.10-2)
x11proto-input-dev (1.4.2-1)
x11proto-kb-dev (1.0.3-2ubuntu1)
xtrans-dev (1.0.3-2)
+libxmu-dev (2:1.0.3-1ubuntu1)
libxmu-headers (2:1.0.3-1ubuntu1)
libfontenc-dev (1:1.0.4-2)
libfreetype6-dev (2.3.5-1ubuntu4)
libxfont-dev (1:1.3.0-0ubuntu1.1)
x11proto-fonts-dev (2.0.2-5ubuntu1)
+xlibs-static-dev (1:7.2-5ubuntu13)

インストールしたら早速ベンチ.比較対象はCore 2 Duo E6600(2.4GHz)のWindows XP上で動作するVMware上のUbuntuにインストールしたns2としました.ちなみに仮想CPU数は1,割当メモリは1024MBです.

実行結果は以下のような感じ.

PS3:15分23秒
PC(VMware):17分33秒

結果から言うと結構善戦しているなぁ,と感じました.

CELLはヘテロジニアスマルチコアCPUです.CELLの場合,1基のPPE(PowerPC Processor Element)と8基のSPE(Synergistic Processor Element)から構成されます.このCPUはLinuxでの実行時は基本的にPPEしか使われません.PPEはin-order型CPUです.in-order型は現在主流のIntel CoreやAthlonのようなCPUに実装されているOut-of-order型のCPUに比べて性能が低いとされています.その性能差をカバーするためにPPEにはSMT(Simultaneous Multi Threading)が組み込まれていて,Pentium 4のHyper Threadingのように2スレッドを同時に走らせることが可能です(論理2CPU).

前置きが長くなりましたが,PPEだけだとかなり性能が悪く,ヘタするとPentium 4ベースのCeleronくらい低いのではないかと懸念していました.けれどベンチ結果を見る限り,そこまで悪いものでもなさそうです.ちなみに正確に計測はしてませんが,Celeron D 2.66GHzマシン(実機)ではだいたい40分かかります.

実行中にCPUモニタを見てみたところちょっと面白い挙動が観測できました.マルチコアで実行しても,一個分しか動いてくれないns-2がPS3上だと2つとも100%使っているように見えました.もしかしたら裏で何か動いていた可能性も排除できませんが,もしかしたらSMTだと異なる挙動になるのかも?なんて思ったりしました.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-02-11 10:25 | 設定覚え書き | Comments(0)

バッファローのNASが...

自宅ではバッファローのNAS:HD-HG250LANってのを使ってます.このNASはUSB端子を持っていて,最大1台という制限付きながら外部USB HDDを共有ディスクにすることができます.自分もこの機能を普通に使っていたのですが,,,最近何の拍子にか分かりませんが,外付けHDDを共有ディスクにできなくなってしまいました.

設定画面を見るとディスク自体は認識されているようなのですが,HDDの中身をNASが読み取れない模様.初期化すれば何とかなりそうですが,データが入っている以上さくっと初期化できない...

とりあえず中身がどうなっているかだけでも確認するためにLinuxマシンにつないでみました.するとどの文字コードでマウントしても文字が化ける,これも微妙だ...

ネットで調べてみると,Explore2fsっていうソフトが日本語も文字化けせずにちゃんとマウントできると記述されていたので試してみました.結果はうまく行きました.あくまでエクスプローラ”ライク”に見られるソフトウェアなのでそこからファイルを開くとか,名前以外の属性を見るとかは全くできません.さっさとデータを移動したかったので全部のファイルを選択して右クリックからExportを選んで,データをWindows上に移動させました.なんとか事なきを得たので,よかったよかった.今後,外付けは共有ディスクにするの止めようかな.

近いうちにこのNASを改造していろいろサーバにしてみようかなと思う次第.もう保証もきかないし,いじくってもいい時期なんだろう.そう思った今日この頃でした.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-12-01 22:10 | 雑感 | Comments(0)

Ubuntu次期バージョン

cnetより

CanonicalがUbuntuの次期バージョン”Gutsy Gibbon”(=7.10)を18日にリリースする予定とのこと.

7.04だったFeisty Fawnはたぶん「ふぇいすてぃ ふぉうん」って読むのかなぁって推測がついたけど,こいつはさらに読みづれぇなぁ...がっしーぎぼん?(苦笑
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-10-17 00:36 | NEWS | Comments(0)

ま た か

CNETより

過去いろいろなキャンペーンをやってきたMSの反Linux運動ですが,こんどは"Compare"って名前みたいです.

結局適材適所だと思う...んですけどねぇ
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-08-28 02:02 | NEWS | Comments(0)