cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Intel ( 15 ) タグの人気記事

LGA1366最後の輝き?

Core i7 990Xが登場したようです。
今年3Qには995Xが登場しクロックは3.6GHzに達するもよう。

もう9xx台は残ってないのでこれが最後のLGA1366のCore i7となるんでしょうね。

もっと早く8xx系(LGA1156)に世代交代すると思ってたのでよく持ったなと思いますよ。
値崩れしたら今のマシンのCPUのアップグレード対象にしようかな。ま、Extremeシリーズなので高値安定だと思いますけど。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-04-05 22:14 | NEWS | Comments(0)

nVidiaがCPUベンダになる日

PC Watchより

nVidiaはARMでヘテロジニアスマルチコアを実現するようです。
現在携帯機器向けにTegraをリリースしていますが、携帯端末向けにとどまらず、スーパーコンピュータ(しかも世界最高性能クラス)にもARMベースのチップでIntelに戦いを挑むもようです。

現在のARMはスーパーコンピュータの演算に耐える整数演算があるとはいいがたいし、64bit化もしていません。メモリ節約のためにThumbという16bitの命令セットもあるくらいミニマム志向のCPUです。ただそれに関しても布石があるようでARM Cortex-A15というのがARMから発表されているようです。

知らなかったんですがCortex-A15はOut-Of-Order実行可能なアーキテクチャで4コア、ハードウェア仮想化をサポートするCPUとなっています。あとは64bit化すれば第一線で戦えるCPUとなりそうです(ここまで機能満載だと消費電力が心配ですけど)。
nVidiaがスーパーコンピュータをターゲットにしている2016年ごろには64bitのARMコアがでるのは確実でしょうね。
このCPUを作る過程でIntelに性能面で見劣りしない「ARM PC」が登場することでしょう。ARM版Windowsと相まってPC市場にどんな化学変化が起きるか楽しみです。

ついでにARMコアの進化にAppleが乗り遅れず追従していってくれることを期待します。Apple A4プロセッサはまだまだ成長するんですよね!?
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-01-14 23:12 | NEWS | Comments(0)

Core i7発進

PC Watchより

Core i7搭載マシンがいろいろ発表されたIntelの新型CPU「Intel Core i7」の発表会だったのですが、エプソンダイレクトが未発表マシンの筐体がなかなかMac Proらしくて、、、でもちょっと野暮ったい、なんておもったりしました。

それはともかく、Core i7 920搭載マシンなら15万程度となかなかな値ごろ感があるんで年末購入マシンとして1台窓マシンも良いかなーなんて思ってたりします。
まあ、自分の場合完全にエンコードマシンですけど。GPUエンコ関係も最近盛り上がってますが、窓が主流だし、当分は窓でやるのもいいかなーってところです。この辺もOpen CLで打開されるとありがたいんですけどね〜。

ちなみにWindows Vista Home PremiumとUltimateは来年ぐらいまで最大1万円キャッシュバックをやってるみたいです。Home Premiumはキャッシュバック5000円ですが、2万のものが15000円になるんで通常版でもDSP版とあまり変わらないのでお得ですね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-11-18 20:46 | NEWS | Comments(0)

ついに登場するCore i7

PC Watchより

ついにCore i7のベンチマーク結果が登場しました。
テスト版とはいえ出荷目前なのでほぼこの性能で市場に出ることでしょう。

結果からいうとおおむね良好であるといえます。とくにローエンドのCore i7-920は284ドルながらCore 2 Extreme QX9650(kakaku.com 11/03の価格にして113,180円)に対して十分に戦える性能を有していることは脅威であるといえます。
もっともこの価格のアドバンテージはマザーボードやらメモリやらで帳消しになってしまうのですが...

ともあれ、新世代を感じさせるには十分なテスト結果でした。アッポーさん、たのむのでMac Proの下っ端の機種でBloomfield版を出してください・・・(*1


*1) Mac ProはかたくなにXeonを採用し続けているので、次世代Mac Proも次世代XeonであるGainestownことNehalem DPを採用することが確実視されている。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-11-03 20:39 | NEWS | Comments(0)

Nehalem-EP登場まであと少し

ITmediaより

IntelがIDFで今後のプロセッサのロードマップを発表していました.ロードマップによるとCore i7とサーバ版となるNehalem-EPがまずは登場するようです.Nehalem-EPはXeonシリーズと思われますが,製品名称は不明です.出荷時期が明記されている製品にDunningtonこと「Xeon X7460」があります.この製品は6コアを搭載していますが,QPI接続なのかどうか,メモリコントローラ内蔵なのか,メモリはDDR3かFB-DIMMなのかなどの詳細が不明です.i7ベースとアナウンスされているため,おそらくはQPI,メモコン内蔵,DDR3(Unbuffered?)対応ではないでしょうか.

i7とNehalem-EPは約1年間Intelの主力CPUとなるようで,来年('09)9月には次世代のNehalem-EXが登場予定です.またLarrabeeも'09-'10の間に登場することになり,製品ラインナップの密度がかなり濃いようです.

しかし,このIDFでも次世代Itaniumの話が湧いてきませんね.IA-64はこのままフェードアウトなんでしょうか...

-----------------------追記
TECHPOWERUPによるとNehalemベースとなってますが,PC Watchの後藤さんの記事ではCore MicroArchitectureによるCPUとなってます,ということはFSB健在か.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-08-21 06:25 | NEWS | Comments(0)

Bloomfieldは晩秋にも登場か

上田新聞blog版より

Bloomfieldが10月末には登場するようです。DP版のGainestownもほぼ時を同じくして登場するでしょうからMac Proのメジャーアップデートもこのあたりに来るんじゃないかなぁって読んでます。ていうか年内には新型Mac Proがほすぃ♪

おそらく値段は40万程度にはなると思われるので今のうちに貯金しておかないと…
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-07-17 23:15 | NEWS | Comments(0)

負荷時の低消費電力が非常に魅力的なAtom

Nikkei PC Onlineより

先日ついにデビューしたAtom.主にMID(Mobile Internet Device)やネットブックといったビュワーとして割り切ったPC向けのCPUですが,一方で家電並みの低消費電力が実現できることからホームサーバや組み込み分野でも期待のかかるCPUとなっています.

リンク先にあるように負荷時でもシステム全体で約26Wを実現しています.これは最近家電における消費電力ナンバーワンを記録したPS3の150Wのじつに1/6です(*).

つけっぱなしPCを実現するには最高のCPUです.自作さん向けにはホームサーバ向けCPUとして重宝されるんじゃないでしょうか.

(*)具体的な消費電力についてはいろいろ物議を醸す部分はあるでしょうが,消費電力が非常に高いことは間違いないでしょう
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-06-05 22:23 | NEWS | Comments(0)

並列コンピューティングの共同研究

PC WatchよりMicrosoftとIntelがコンシューマ向け並列アプリケーションに関して研究所を設立するそうです.

マルチコアが登場してかなりの時間が経過しましたがマルチスレッド化したアプリケーションはそこまで多くない現状です.Intelはこれまでも自動スレッド生成などを研究していましたが,これはOSと密接に絡むことなのでIntel単体ではどうしようもない,ということでMicrosoftと共同研究という流れになったんでしょうね.

このおこぼれをAppleも受けられるといいナ.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-03-20 00:56 | NEWS | Comments(0)

ついにモバイルクアッドコア

Intel Core 2 Quad QX9300が登場するそうで,こいつはインテル初のモバイルクアッドコアCPUとなるもようです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-03-17 01:14 | NEWS | Comments(0)

Tukwila詳報出る

PC Watchより

ストーリーを見る限り,IA-64アーキテクチャはメニイコアができないアーキテクチャのようだ.これが時代に逆行しているとみるか,ハイエンドは別の視点で設計しなければならないのでやむを得ないと見るか...このIA-64の方向性が正しいかはIBMの人によればあと2,3年で分かることのようです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-02-08 22:33 | NEWS | Comments(0)