cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Core i7 ( 3 ) タグの人気記事

x264gui.auo設定(seraphy氏作)

結論からいうとニコニコ動画用超画質設定はすごい。

x264エンコーダをx264gui.auoのx264.1057.release01版に更新しました。
このバージョンはMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)とMicrosoft .NET Framework Client Profile Setupをダウンロードする必要があります。

インストールは簡単で、x264gui.iniとx264gui.auoをaviutlのフォルダに入れるだけです。

プラグイン出力からx264を選択すれば以下のようなダイアログが出ます。

c0064553_21233889.jpg


この中の"NicoNico : 超画質"プリセットはだいたい以下のような感じの設定なのですが

--progress --crf 23.5 --qpmin 1 --qpstep 16 --scenecut 54 --min-keyint 1 --keyint 300 --8x8dct --partitions "all" --bframes 5 --b-pyramid --weightb --b-adapt 2 --ref 8 --mixed-refs --direct "auto" --me "esa" --subme 9 --merange 32 --sar 4:3 --threads "auto" --trellis 2 --deblock -2:-2 --cqm "jvt" --no-fast-pskip --no-dct-decimate

これがかなり縮みます。1440x1080においてもcrf設定は24~25程度で十分見れる画質です(止めない限り画質破綻は感じない)。25分ソースで350MB(crf=25)-600MB(crf=23.5)程度に収まる感じです。HD制作の番組で23.5、アプコン作品で24、25くらい、と使い分けるといい感じです。

パラメータを見てみると参照距離(--ref)が8になっている点、動き補償アルゴリズム(--me)がesa(徹底サーチ)になっている点が目につきます。
これらはエンコード時間を無駄に長くさせるパラメータですが、それでも25分のソースで4時間程度で済むのはCore i7の恩恵かもしれません。
--meに関してはesa → umhにしても画質にさほど違いがないようなので、これを変更すればもう少し速くエンコードできるかもしれません。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 17:10 | 設定覚え書き

Core i7発進

PC Watchより

Core i7搭載マシンがいろいろ発表されたIntelの新型CPU「Intel Core i7」の発表会だったのですが、エプソンダイレクトが未発表マシンの筐体がなかなかMac Proらしくて、、、でもちょっと野暮ったい、なんておもったりしました。

それはともかく、Core i7 920搭載マシンなら15万程度となかなかな値ごろ感があるんで年末購入マシンとして1台窓マシンも良いかなーなんて思ってたりします。
まあ、自分の場合完全にエンコードマシンですけど。GPUエンコ関係も最近盛り上がってますが、窓が主流だし、当分は窓でやるのもいいかなーってところです。この辺もOpen CLで打開されるとありがたいんですけどね〜。

ちなみにWindows Vista Home PremiumとUltimateは来年ぐらいまで最大1万円キャッシュバックをやってるみたいです。Home Premiumはキャッシュバック5000円ですが、2万のものが15000円になるんで通常版でもDSP版とあまり変わらないのでお得ですね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-11-18 20:46 | NEWS

ついに登場するCore i7

PC Watchより

ついにCore i7のベンチマーク結果が登場しました。
テスト版とはいえ出荷目前なのでほぼこの性能で市場に出ることでしょう。

結果からいうとおおむね良好であるといえます。とくにローエンドのCore i7-920は284ドルながらCore 2 Extreme QX9650(kakaku.com 11/03の価格にして113,180円)に対して十分に戦える性能を有していることは脅威であるといえます。
もっともこの価格のアドバンテージはマザーボードやらメモリやらで帳消しになってしまうのですが...

ともあれ、新世代を感じさせるには十分なテスト結果でした。アッポーさん、たのむのでMac Proの下っ端の機種でBloomfield版を出してください・・・(*1


*1) Mac ProはかたくなにXeonを採用し続けているので、次世代Mac Proも次世代XeonであるGainestownことNehalem DPを採用することが確実視されている。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-11-03 20:39 | NEWS