cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:設定 ( 2 ) タグの人気記事

x264gui.auo設定(seraphy氏作)

結論からいうとニコニコ動画用超画質設定はすごい。

x264エンコーダをx264gui.auoのx264.1057.release01版に更新しました。
このバージョンはMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)とMicrosoft .NET Framework Client Profile Setupをダウンロードする必要があります。

インストールは簡単で、x264gui.iniとx264gui.auoをaviutlのフォルダに入れるだけです。

プラグイン出力からx264を選択すれば以下のようなダイアログが出ます。

c0064553_21233889.jpg


この中の"NicoNico : 超画質"プリセットはだいたい以下のような感じの設定なのですが

--progress --crf 23.5 --qpmin 1 --qpstep 16 --scenecut 54 --min-keyint 1 --keyint 300 --8x8dct --partitions "all" --bframes 5 --b-pyramid --weightb --b-adapt 2 --ref 8 --mixed-refs --direct "auto" --me "esa" --subme 9 --merange 32 --sar 4:3 --threads "auto" --trellis 2 --deblock -2:-2 --cqm "jvt" --no-fast-pskip --no-dct-decimate

これがかなり縮みます。1440x1080においてもcrf設定は24~25程度で十分見れる画質です(止めない限り画質破綻は感じない)。25分ソースで350MB(crf=25)-600MB(crf=23.5)程度に収まる感じです。HD制作の番組で23.5、アプコン作品で24、25くらい、と使い分けるといい感じです。

パラメータを見てみると参照距離(--ref)が8になっている点、動き補償アルゴリズム(--me)がesa(徹底サーチ)になっている点が目につきます。
これらはエンコード時間を無駄に長くさせるパラメータですが、それでも25分のソースで4時間程度で済むのはCore i7の恩恵かもしれません。
--meに関してはesa → umhにしても画質にさほど違いがないようなので、これを変更すればもう少し速くエンコードできるかもしれません。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 17:10 | 設定覚え書き

慣れれば15分でできるIMAP導入?(強引に3STEP)

IMAP(UW-IMAP)と(ついでに必要な)Postifx,fetchmailを入れてみた

ちなみに環境はFreeBSD 6.1Releaseを想定,読み替えればLinuxでも簡単にできると思います

STEP 1 : IMAPの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/imap-uw
でインストール
vi等のエディタで /etc/inetd.confを開き
#imap ~~~ → imap ~~~ としてコメントを外す.
もちろん,/etc/rc.confでは
inetd_enable=yes
としていること
IMAPはこれで起動するけどこのままではいろいろまともに動かない
なので /etc/c-client.cf なるファイルを作成し以下の内容を記述
I accept the risk for IMAP toolkit 4.1.
set mail-subdirectory IMAP
set disable-plaintext 0
set hide-dot-files 1

STEP 2 : Postfixの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/postifx
でインストール
vi等のエディタで/etc/rc.confを開き
postfix_enable="YES"
とする
このままでも起動できるけど,次に述べるfetchmailがこのままでは正常に動作しない
なので
/usr/local/etc/postfix/main.cf

#alias_maps = hash:/etc/aliases

alias_maps = hash:/etc/aliases
にする

STEP 3 : fetchmailの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/fetchmail
自分のホームディレクトリ直下に.fetchmailrcを作成する
内容は以下のような感じ
poll <popサーバのアドレス>
protocol pop3
user <popサーバのユーザ名>
password <popサーバのパスワード>
flush #メール受信後popサーバに置いてあるメールを消去したいとき
no mimedecode
smtphost localhost
is <IMAPで受信するユーザ名> here

----------------------------------------------------------

これだけ設定しておいてあとはcronでも走らせておけば定期的にメールをプロバイダから受けてIMAPサーバのメールとして蓄積していく
procmailなんかもやっておけばサーバの時点で迷惑メールをフィルタリングもできるでしょうねー
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-10 00:20