「ほっ」と。キャンペーン

cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自転車 ( 7 ) タグの人気記事

自転車メンテ

長期連休も最終日。本当は休み頭にやろうと思っていた自転車メンテを重い腰を上げてやりました。

今回はチェーンを徹底的に掃除しようと考え、チェーン丸ごと洗いを行いました。

チェーンは通常チェーンカッターという専用工具を使い、一度切ってしまうと、切断部分はお釈迦になってしまう構造なのですが、私の自転車は俗称(?)ミッシングリンクという、手で外せる何度でも再接続が可能なコネクション構造になっていました。
...いましたのですが、これが全く頑固なやつで、さっぱり外れる気配がない。

有名なのはサイクルベースあさひさんの この ←の動画ですが、ピンぼけで力の掛け方とかが分からないし、早すぎて何をしてるかサッパリ。

Google先生で「ミッシングリンク 外し方」が候補に出るくらいなので、相当悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

ネットを見てみたところ主に以下のような流派があるようです。

1.手で外せるよ派
2.工具で外せるよ派
3.身近な道具で外せるよ派

順当に考えて1.から手を出してみました。どうやっても無理です。平行にするという意味がイマイチ理解できません。あっさり白旗です。
次に、2.に挑戦してみました。ホームセンターが開くのを待って、スナップリングプライヤを購入してみました。買ったのが若干開きの狭いものだったせいか、こちらもうまく行かず。チェーンの中のベアリングがくるくる回ってしまい、ニッパーの噛む力を逃がしてしまうので、握ることが出来ない...。ちなみに、専用工具があるらしく、マスターリンクプライヤというそう。こちらは先端部が丸くベアリングを囲むように先端部が整形されているので、ちゃんと噛んでくれるようです。
残る手段は3.
アイディアとしては この のサイトが参考になりました。
同じようにタイラップを使ってみたのですが、手持ちのタイラップは少し幅広で、このサイトでも言及されているように力がかかる前に変な方向で固まってしまう。
ふと針金を巻いてみたらどうかと考え、トライ。こちらはうまく行きました!

最初の状態
c0064553_12261175.jpg


針金をリンクの両サイドを囲うように巻き付ける
c0064553_12264240.jpg


プライヤかラジオペンチでぐるぐる巻いていく
c0064553_12271626.jpg


出来るだけ根元の隙間をなくしていくように巻いていくとリンクがどんどん緩む
c0064553_12274945.jpg


私が持っていたアルミ線材は細かったので、ちょうどミッシングリンクが外れるのと同時に、アルミ線も切れてしまいました。

というわけで、マスターリンクプライヤを買うのが惜しい人は、金属線とプライヤを用意すれば何とかなるでしょう。
うーん、スナップリングプライヤの使い道がないなぁ・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2012-08-19 12:32 | 雑感 | Comments(0)

伊豆サイクルスポーツセンター

自転車を走らせに伊豆までお出かけしました。

前日、夕方6時に実家を発ち荷物(自転車)を取りにいくためだけに東名で渋滞と戦い社員寮(川崎市)まで戻り、伊豆方面に向けて出発したのが深夜0時、仮の寝床として熱海まで向かい、神社の駐車場で車中泊しました。←ここまで言い訳

そんな疲れの取れないなか、40kmほど走ってきました。
写真に神経が向いていなかったので、カットはどれもイマイチです。あとiPhoneのクソ画質なのもご容赦を・・・。

c0064553_810432.jpg

伊豆にあるサイクルスポーツセンター

c0064553_8104364.jpg

競輪の学校もあるようで、レーンはすごくきれい。
起伏にあふれるコースで1周5kmほど。

立派な観戦席もありましたが、イベントもなく、激しく暑い日中にいる人などだれもなく・・・
c0064553_1193138.jpg


走行中に撮る余裕などいつも通りないので、今回一緒に走った方々のチャリを走行後に撮りました。
c0064553_11105157.jpg


休憩スペースからの一枚。
コースが比較的眺めやすい場所から撮ってみました。
c0064553_11135351.jpg

見づらいですが、MTB用のオフロードコースもあってこちらも楽しめそう。

ちなみに休憩スペースも自転車ネタで目白押しになっています。
c0064553_11163634.jpg

とってないけど、併設してる遊園地も自転車にちなむものばかり
(ex 珍しい自転車お試しスペース、自転車メリーゴーランド、自転車コースター

すごいんだろうけど、すごさが実感できない高いヘルメットたち
c0064553_11171283.jpg


肝心のコースは最初たいした起伏ではないと思え、100km(20周)くらいは走るつもりでいたのですが、照りつける太陽と日々の運動不足もたたって、予想以上にペースが落ち、40km(8周)走っただけでギブアップ。
ベタベタに鳴った身体は風呂で汗を流しました。
併設している温泉もきれいでゆっくりできました。

帰りは箱根によったのですが、熱海峠あたりまで多少晴れていたものの、伊豆スカイラインは大半が雲の中。
c0064553_11221862.jpg

目的地の強羅につくまではほとんど真っ白でした。
c0064553_11223243.jpg


強羅では足柄ステーキのお店が駐車場もあり、停めやすかったですが、肝心のステーキの値段は¥6000〜と手が出ず。
代わりにステーキごはんを食べることにしました。こちらは¥3000円と手が出る(?)お値段。

ものすごくうまかったです。サラダ・スープ・ドリンク・デザートどれも素晴らしい!
c0064553_11254467.jpg

サラダとスープ

c0064553_1126591.jpg

メインディッシュ

c0064553_11262414.jpg

デザート

やっぱり自転車のイベントは美味しいご飯がセットじゃないとね(笑

丸一日ドタバタしっぱなしでしたが、夏休みの最後を最高に美味しい体験で〆ることができました(それでいいのかw
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-08-19 08:13 | 雑感 | Comments(2)

熊野古道ヒルクライム中止

c0064553_1245791.jpg


今年の〆のレースのつもりだったんだけどなぁ...
残念。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-10-29 01:25 | 雑感 | Comments(0)

2010 Madone 5.2 PRO

Madone 5.2 PROをゲットしました。

せっかく納車したし、ほぼ新品なので、写真撮影しました。
高額な自転車の写真ってなかなかデカいサイズで載せているサイトが無いので、誰かの需要が満たせればと思います(笑)

フルサイズの写真はここに載せています。全部で300MBくらいです。

このブログでは、適当に写真をかいつまんでMadone 5.2を解説しようかなと思っています。

とりあえず、レフト、ライト、リア、フロントの各画像を
c0064553_1871643.jpg

レフト

c0064553_1875286.jpg

ライト

c0064553_1881592.jpg

リア

c0064553_1885393.jpg

フロント

各部説明

【ハンドル】
c0064553_1811529.jpg

ボントレガーのハンドルバーとステムが目立ちます。バーテープに包まれた、変速ワイヤとブレーキワイヤが見えます。白いアウターケーブルで見た目に美しいです。きっと、1年経つとオイルにまみれ、黒ずんでくることでしょう。また見づらいですが、Ultegraのブレーキが見えます。ちなみにUltegraはShimanoのコンポーネント(変速機とかブレーキとかの部品のこと)で上から2番目のグレードの製品です。

【ヘッドチューブとトップチューブ前部】
c0064553_18155057.jpg

ヘッドチューブはそんなには長くないように見えますが、これはヘッドチューブが太いためと思われます。標準程度の長さと思います。トップチューブには穴があり、ここにリアブレーキ用のケーブルが入って行きます。Trekのフルカーボンバイク得意の内蔵ケーブルです。効能は空気抵抗低減だそうですが、素人目には多分に見た目重視と思われます。
c0064553_1816645.jpg

もう一つ別角度から。

【リア】
c0064553_18174468.jpg

トップチューブ右側から入ったブレーキケーブルはトップチューブ左側から出て、リアブレーキに繋がります。リアブレーキもUltegraです。
シートステーとトップチューブの接合部は平たくなっており、従来の自転車から見ると新鮮に映ります。(カーボンバイクでもそんなには無いと思います)
c0064553_19554859.jpg

リアの別角度。

【シート】
c0064553_2011516.jpg

inFormシートというのが付いています。このシートはシートマストという構造で取り付けられています。シートマストは従来のシートポストの逆、つまり、シートに差し込む構造ではなく、シートにかぶせる構造になっています。
c0064553_2023362.jpg

ハイエンドロードサイクルではISP(インテグラルシートポスト)というシートポストもフレームの一部として成形し、シートだけを±数cm程度調整できる仕組みが知られていますが、それに対して、シートマストは調整範囲が広いこと、被せる範囲が広く衝撃吸収性が高いことが利点です。

【ホイール・タイヤ】
ハイエンドになるほど、その価格構成比が高くなる部品です。ボントレガー製のホイールが装着されています。タイヤも同様です。
c0064553_20114298.jpg
c0064553_20115588.jpg


【FD・RD】
フロントディレイラー、リアディレイラーともにUltegraです。ここでちょっとした問題があって、その話題もしたいかなと。
c0064553_20213291.jpg
c0064553_20215497.jpg

今回2010 Madone 5.2 PROを購入しましたが、自分はMadone 5.2を購入したつもりでした。PROと無印の違いはなにかというと、ただ一点コンパクトドライブか否かという点。コンパクトドライブというのは簡単に言うとギアの軽いフロントギアの構成のことです。具体的には50-34Tの構成が一般的なコンパクトドライブです。
それに対して、今回購入したPROは52-39Tの構成です。さらにリアギアも重くなっており、無印が11-28Tに対して、11-25Tです。フロントギアは数字が大きいほど重く、リアギアは数字が小さいほど重いです。自分はヒルクライムを主としているのでこの構成は正直辛いです。
その辺は乗ってみた感想で触れたいと思います。
c0064553_20253835.jpg

ギアが重いPROの説明シートが貼ってあるシートチューブ。

【ペダル】
c0064553_20282281.jpg

ペダルが標準装備でないこの自転車は追加でペダルを購入する必要があります。
自分は有り合わせのShimano SPDペダルをつけました。

【シフター】
変速はブレーキレバー付近にあります。
c0064553_20295559.jpg

同じくUlte(略)。
c0064553_20301910.jpg

これを見ても分かりにくいと思いますが、左の場合は、前ギアの変速担当です。ブレーキレバーごと内側に倒すとシフトアップ、内側にある、小さいレバーを内側に倒すとシフトダウンです。右側は後ギア担当で、前ギアと逆の動きをします。大きいレバーは大きな力が要ります。小さいレバーは人差し指1本で楽に動きます。歯数の大きい方に動かすのは力がいるからこのような動きになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
c0064553_20365787.jpg

光り輝くカーボンフレーム

以上がMadone 5.2 PRO写真館兼説明でした。

<走ってみた感想>
60kmほど走ってみました。比較対象はGIANT OCR2 (2008)
あまり多くは語りませんが、パワーロスが驚くほど少ない優秀なバイクです(定価48万円なのでこれくらいは走ってくれないと逆にガッカリしますがw)。
登りでは、ギアのこともあり、やはり重いことは重いです。しかし、ヒルクライムのセオリーを守って走れば自然と脚の動きが推進力に変換されます。これまでのバイクでは感じられなかった感覚です。正しいフォームというのはこのクラスのバイクにならないと発揮できないのでは、、、などと思ったり。また平地では向かい風はものともしない、追い風では風をすべて推進力に変換しているかのような加速感を感じました。
もうひとつ特筆すべきはコントロール性。これまでのバイクではカラダを傾けるだけで転倒の不安がありました。実際転倒してケガをしたこともありますし。ところがこのバイクではウェットな路面だろうが、かなりの荒れた路面だろうが魔法の様に思った方向に進めます。もちろん過信はしませんが、高速域のコントロール性の高さには感動を覚えました。

さて、バイクを変えた結果計測データはどう変化したか。
すべて同一コースで3つのデータをそろえました。

c0064553_20563783.jpg

1.GIANT OCR2 ギアワイド化前
c0064553_20593063.jpg

2.GIANT OCR2 ギアワイド化後
c0064553_20583153.jpg

3.Madone 5.2 PRO

こう見ると、1.2km/hしか違いませんね。48万投資して(苦笑
ただ、自転車は慣れてこないとうまく使えない、ギアが重いってのがあります。
1.と2.の差は自転車に6ヶ月乗り続けたこととギア変更を同時にした結果によるものですが、ここまで同一機種で変われたことがわかります。
今回重いギアですが、このまま乗り続けてみようと思います。山を踏み抜けたことで自信がつきました。フォームを正しくすることに努めてタイムを上げようと思ってます。
挫折したら、コンパクトに変更するってことで(笑
あと、老化による性能低下の可能性もありますが、そこは当分目をつぶることにします(キリッ

おわり
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-09-19 18:25 | 雑感 | Comments(0)

ヒルクライム記録

先週、ヒルクライムレースに初参戦しました。

結果はさっぱりでしたが、大会の雰囲気はつかめました。

参加大会:
第3回パナソニックヒルクライム in 伊吹山ドライブウェイ

記録:
46分35秒914 / 15.45km/h (公式)
46分38秒 / 13.9km/h (自分で計測した結果)

今回は山頂付近は積雪のため、コース短縮で12kmでの開催でした。
9時くらいまではしっかりと雨が降っいて、正直開催するのか?と不安でしたが、10時くらいから止み始め、11時ごろには雲間から太陽がさす天候となりました。

初参戦でしたが、何度もクルマでいったことのある伊吹山ドライブウェイなので自分のコース上の位置はうすぼんやりと理解しながら走れました。ただ、前日からの疲れがちょっと出たせいか最後の踏んばりが思ったより利きませんでした。と良い訳を言ってみたり・・・ていうかケイデンス見ると後半だれているし...

レースは辛かったですが、こんなに長い距離を登れるのはやっぱり楽しいです。12kmはあっという間だったのでやっぱり、17kmでやりたいですね。下山ではくねくねと続く道とそれにへばりつくように色とりどりのレーサーウェアが連なってなかなか壮観でした。
今回勝手が分からなかったので山頂で受け取る預け荷物にカメラを入れてませんでしたが、次回はカメラも預け荷物に入れていこうと思います。

とりあえず結果

c0064553_2223151.jpg


次回は富士山参戦です。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-04-17 22:23 | 雑感 | Comments(0)

あのやまめざそう♪

c0064553_23172995.jpg

登山開始

c0064553_2319369.jpg

いきなり山頂。必死で登ったから何も撮ってない

c0064553_23194331.jpg

電波塔だらけの山頂

c0064553_23204899.jpg

三河湾と太平洋が(うっすら)見える

c0064553_23215541.jpg

山頂まで舗装路で来れるけど、山頂手前は24%の激坂(といっても50mくらいしかないけど)

c0064553_23254324.jpg

ちょっと下って蒲郡方面が見えるところから

c0064553_2326442.jpg

これからの季節の敵をファインダー越しに納めた

GPSといい、心拍系といい、いろいろおかしかった。
心拍数221を記録したけど、いわゆる簡易最大心拍数算出法だと私は-1歳になってしまう・・・
c0064553_23373067.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2010-02-28 23:27 | 雑感 | Comments(0)

チャリアイテム

c0064553_20402053.jpg

MICHELIN DYNAMIC 700x23C

これまで26mm履いていたから、それよりは軽い走行感。グイグイいけるほどは軽くないけれど。

c0064553_20424233.jpg

SHIMANO ULTEGRA HG 9S カセットスプロケット CS-6500(12-27T)

歯数が12 13 14 15 17 19 21 24 27とロードにしてはワイドレンジなカセットスプロケ。まだ車道で試してないけれど、これまでの一番軽いギアの歯数が26だったので1分の違いが分かるかどうか。ただ、走っていて後ちょっと軽ければってことをしょっちゅう感じるのでこれでいけると信じてる。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-02-20 20:44 | 雑感 | Comments(0)