cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

タグ:外し方 ( 1 ) タグの人気記事

自転車メンテ

長期連休も最終日。本当は休み頭にやろうと思っていた自転車メンテを重い腰を上げてやりました。

今回はチェーンを徹底的に掃除しようと考え、チェーン丸ごと洗いを行いました。

チェーンは通常チェーンカッターという専用工具を使い、一度切ってしまうと、切断部分はお釈迦になってしまう構造なのですが、私の自転車は俗称(?)ミッシングリンクという、手で外せる何度でも再接続が可能なコネクション構造になっていました。
...いましたのですが、これが全く頑固なやつで、さっぱり外れる気配がない。

有名なのはサイクルベースあさひさんの この ←の動画ですが、ピンぼけで力の掛け方とかが分からないし、早すぎて何をしてるかサッパリ。

Google先生で「ミッシングリンク 外し方」が候補に出るくらいなので、相当悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

ネットを見てみたところ主に以下のような流派があるようです。

1.手で外せるよ派
2.工具で外せるよ派
3.身近な道具で外せるよ派

順当に考えて1.から手を出してみました。どうやっても無理です。平行にするという意味がイマイチ理解できません。あっさり白旗です。
次に、2.に挑戦してみました。ホームセンターが開くのを待って、スナップリングプライヤを購入してみました。買ったのが若干開きの狭いものだったせいか、こちらもうまく行かず。チェーンの中のベアリングがくるくる回ってしまい、ニッパーの噛む力を逃がしてしまうので、握ることが出来ない...。ちなみに、専用工具があるらしく、マスターリンクプライヤというそう。こちらは先端部が丸くベアリングを囲むように先端部が整形されているので、ちゃんと噛んでくれるようです。
残る手段は3.
アイディアとしては この のサイトが参考になりました。
同じようにタイラップを使ってみたのですが、手持ちのタイラップは少し幅広で、このサイトでも言及されているように力がかかる前に変な方向で固まってしまう。
ふと針金を巻いてみたらどうかと考え、トライ。こちらはうまく行きました!

最初の状態
c0064553_12261175.jpg


針金をリンクの両サイドを囲うように巻き付ける
c0064553_12264240.jpg


プライヤかラジオペンチでぐるぐる巻いていく
c0064553_12271626.jpg


出来るだけ根元の隙間をなくしていくように巻いていくとリンクがどんどん緩む
c0064553_12274945.jpg


私が持っていたアルミ線材は細かったので、ちょうどミッシングリンクが外れるのと同時に、アルミ線も切れてしまいました。

というわけで、マスターリンクプライヤを買うのが惜しい人は、金属線とプライヤを用意すれば何とかなるでしょう。
うーん、スナップリングプライヤの使い道がないなぁ・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2012-08-19 12:32 | 雑感