cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

Think Different

Apple

最後まで「仕事人」を貫きとおしたITの寵児ですね。
その「Think Different」な姿勢を体現できる人物はこの先も現れないのではないでしょうか。

本当に、お疲れ様でした。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-10-06 20:26 | NEWS

やっぱ4Sだったか

PC Watchより

AppleからiPhone 4Sが登場。
iPhone 5はやっぱり出ませんでしたね。
スペックとしてはiPad 2と同じCPUになったことと、カメラの画素数が増えたのが特徴かな。

さて、KDDIからも端末が発売されましたが、個人的に注目しているのは料金体系よりもテザリング。
iPhoneがもともと持っている機能なのにSoftbakでできなかったものですが、KDDIならやってくれる?

料金が若干高くなってもテザリングの利便性は捨てがたいのでぜひサービスに入れてほしいですね。
もし有効化されていたら速攻乗り換えますw
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-10-05 07:12 | NEWS

Voyage Linux 0.8.0

10月半ばに Voyage Linux 0.8.0 がリリースされるようです。

Kernel 3.0.0を採用しているもよう。

すでに、Kernel 3.0.0にしている猛者もいますが、出るまで待つことにしよう。
#0.7.5は使ったことがないけど、非RT系だったってホント?
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-10-01 11:25 | 雑感

タイミングを逸した記事たち

そのうち解放するかも
大抵、音系なんだよなー

・Voyage MPD導入記
・Wyred 4 Sound DAC-2導入記
・ONKYO DAC-1000導入記
・Audiophilleo導入記
・LINN一式導入記
・PC騒音減作戦(ケーブルで無理矢理別室送り)
・Voyage MPDでBD視聴挫折記

全部導入記じゃねぇかw
ま、ぼちぼち更新します。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-09-23 22:58 | 雑感

伊豆サイクルスポーツセンター

自転車を走らせに伊豆までお出かけしました。

前日、夕方6時に実家を発ち荷物(自転車)を取りにいくためだけに東名で渋滞と戦い社員寮(川崎市)まで戻り、伊豆方面に向けて出発したのが深夜0時、仮の寝床として熱海まで向かい、神社の駐車場で車中泊しました。←ここまで言い訳

そんな疲れの取れないなか、40kmほど走ってきました。
写真に神経が向いていなかったので、カットはどれもイマイチです。あとiPhoneのクソ画質なのもご容赦を・・・。

c0064553_810432.jpg

伊豆にあるサイクルスポーツセンター

c0064553_8104364.jpg

競輪の学校もあるようで、レーンはすごくきれい。
起伏にあふれるコースで1周5kmほど。

立派な観戦席もありましたが、イベントもなく、激しく暑い日中にいる人などだれもなく・・・
c0064553_1193138.jpg


走行中に撮る余裕などいつも通りないので、今回一緒に走った方々のチャリを走行後に撮りました。
c0064553_11105157.jpg


休憩スペースからの一枚。
コースが比較的眺めやすい場所から撮ってみました。
c0064553_11135351.jpg

見づらいですが、MTB用のオフロードコースもあってこちらも楽しめそう。

ちなみに休憩スペースも自転車ネタで目白押しになっています。
c0064553_11163634.jpg

とってないけど、併設してる遊園地も自転車にちなむものばかり
(ex 珍しい自転車お試しスペース、自転車メリーゴーランド、自転車コースター

すごいんだろうけど、すごさが実感できない高いヘルメットたち
c0064553_11171283.jpg


肝心のコースは最初たいした起伏ではないと思え、100km(20周)くらいは走るつもりでいたのですが、照りつける太陽と日々の運動不足もたたって、予想以上にペースが落ち、40km(8周)走っただけでギブアップ。
ベタベタに鳴った身体は風呂で汗を流しました。
併設している温泉もきれいでゆっくりできました。

帰りは箱根によったのですが、熱海峠あたりまで多少晴れていたものの、伊豆スカイラインは大半が雲の中。
c0064553_11221862.jpg

目的地の強羅につくまではほとんど真っ白でした。
c0064553_11223243.jpg


強羅では足柄ステーキのお店が駐車場もあり、停めやすかったですが、肝心のステーキの値段は¥6000〜と手が出ず。
代わりにステーキごはんを食べることにしました。こちらは¥3000円と手が出る(?)お値段。

ものすごくうまかったです。サラダ・スープ・ドリンク・デザートどれも素晴らしい!
c0064553_11254467.jpg

サラダとスープ

c0064553_1126591.jpg

メインディッシュ

c0064553_11262414.jpg

デザート

やっぱり自転車のイベントは美味しいご飯がセットじゃないとね(笑

丸一日ドタバタしっぱなしでしたが、夏休みの最後を最高に美味しい体験で〆ることができました(それでいいのかw
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-08-19 08:13 | 雑感

apcupsdを入れた

実家メンテ計画も最終段階

雷の頻発する昨今なので、サージコンセント&無停電電源装置を導入しました。

Solaris 10にUPSを入れるケースはあまり無いのでメモとして記録。

◇ apcupsdとは
APC社の販売するUPSと連携するためのソフト。
UPSが停電を検知するとホストPCに送信する信号を受信し、停止処理を行なう。
UPSにより供給する電力ではPCは数分しか起動しないため、停止処理をしないと結局ただの電源断と同じになってしまう。このソフトがあれば、UPSからの電源供給が断たれる前に安全に電源を落としてくれる。

注意)gmakeを入れる必要あり!
■ gmakeのインストール
pkg install SUNWgmake
これだけでOK

■ apcupsdのインストール
めんどくさいので丸ごと記録

まずは、コンフィグ。

cappmac@opensolaris:‾/Desktop/src/apcupsd-3.14.9# ./configure --enable-usb
checking for true... /usr/bin/true
checking for false... /usr/bin/false
checking build system type... i386-pc-solaris2.11
checking host system type... i386-pc-solaris2.11
checking for g++... g++
checking for C++ compiler default output file name... a.out
checking whether the C++ compiler works... yes
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of executables...
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C++ compiler... yes
checking whether g++ accepts -g... yes
checking for gcc... gcc
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether gcc accepts -g... yes
checking for gcc option to accept ANSI C... none needed
checking how to run the C preprocessor... gcc -E
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/ginstall -c
checking for gawk... gawk
checking for library containing strerror... none required
checking for shutdown... /usr/sbin/shutdown
checking for mail... /usr/bin/mail
checking for wall... /usr/sbin/wall
checking for sh... /usr/bin/sh
checking for GNU make... gmake
checking for ranlib... /usr/bin/ranlib
checking for rm... /usr/bin/rm
checking for cp... /usr/bin/cp
checking for echo... /usr/bin/echo
checking for ln... /usr/bin/ln
checking for sed... /usr/bin/sed
checking for ar... /usr/bin/ar
checking for mv... /usr/bin/mv
checking for rst2html.py... no
checking for rst2pdf... no
checking for abort... yes
checking for fork... yes
checking for calloc... yes
checking for getpid... yes
checking for ioctl... yes
checking for kill... yes
checking for rewind... yes
checking for select... yes
checking for setsid... yes
checking for signal... yes
checking for strerror... yes
checking for strncmp... yes
checking for strncpy... yes
checking for tcgetattr... yes
checking for vfprintf... yes
checking for setpgrp... yes
checking for snprintf... yes
checking for vsnprintf... yes
checking for library containing nanosleep... none required
checking for syslog... yes
checking for strftime... yes
checking whether setpgrp takes no argument... yes
checking for library containing socket... -lxnet
checking for library containing gethostname... none required
checking for library containing gethostbyname... none required
checking for library containing gethostbyname_r... -lnsl
checking for socklen_t... yes
checking for library containing inet_addr... none required
checking for strchr... yes
using libc's strchr
checking for strstr... yes
checking for strcasecmp... yes
checking for memmove... yes
checking for getopt_long... yes
checking for inet_pton... yes
checking for localtime_r... yes
checking for egrep... egrep
checking for ANSI C header files... yes
checking for sys/types.h... yes
checking for sys/stat.h... yes
checking for stdlib.h... yes
checking for string.h... yes
checking for memory.h... yes
checking for strings.h... yes
checking for inttypes.h... yes
checking for stdint.h... yes
checking for unistd.h... yes
checking arpa/inet.h usability... yes
checking arpa/inet.h presence... yes
checking for arpa/inet.h... yes
checking ctype.h usability... yes
checking ctype.h presence... yes
checking for ctype.h... yes
checking errno.h usability... yes
checking errno.h presence... yes
checking for errno.h... yes
checking fcntl.h usability... yes
checking fcntl.h presence... yes
checking for fcntl.h... yes
checking limits.h usability... yes
checking limits.h presence... yes
checking for limits.h... yes
checking netdb.h usability... yes
checking netdb.h presence... yes
checking for netdb.h... yes
checking netinet/in.h usability... yes
checking netinet/in.h presence... yes
checking for netinet/in.h... yes
checking pwd.h usability... yes
checking pwd.h presence... yes
checking for pwd.h... yes
checking signal.h usability... yes
checking signal.h presence... yes
checking for signal.h... yes
checking stdarg.h usability... yes
checking stdarg.h presence... yes
checking for stdarg.h... yes
checking stdio.h usability... yes
checking stdio.h presence... yes
checking for stdio.h... yes
checking for stdlib.h... (cached) yes
checking for string.h... (cached) yes
checking for strings.h... (cached) yes
checking sys/ioctl.h usability... yes
checking sys/ioctl.h presence... yes
checking for sys/ioctl.h... yes
checking sys/socket.h usability... yes
checking sys/socket.h presence... yes
checking for sys/socket.h... yes
checking for sys/types.h... (cached) yes
checking syslog.h usability... yes
checking syslog.h presence... yes
checking for syslog.h... yes
checking termios.h usability... yes
checking termios.h presence... yes
checking for termios.h... yes
checking for unistd.h... (cached) yes
checking arpa/nameser.h usability... yes
checking arpa/nameser.h presence... yes
checking for arpa/nameser.h... yes
checking whether stat file-mode macros are broken... no
checking whether time.h and sys/time.h may both be included... yes
checking for sys/wait.h that is POSIX.1 compatible... yes
checking whether struct tm is in sys/time.h or time.h... time.h
checking for struct tm.tm_zone... no
checking for tzname... yes
checking for uid_t in sys/types.h... yes
checking type of array argument to getgroups... gid_t
checking for mode_t... yes
checking for off_t... yes
checking for pid_t... yes
checking return type of signal handlers... void
checking for size_t... yes
checking for uid_t in sys/types.h... (cached) yes
checking for socklen_t... yes
checking for int32_t... yes
checking for X... no
checking whether #! works in shell scripts... yes
Will not install HAL policy file
checking for libusb-config... /usr/bin/libusb-config
Using generic libusb USB driver.
checking for pkg-config... no
checking how many arguments gethostbyname_r() takes... five
checking if libsupc++ is required... yes
checking if GCC supports -fno-exceptions... yes
checking if GCC supports -fno-rtti... yes
checking for wait... yes
checking for waitpid... yes
checking for wait3... yes
checking for union wait... no
Disabling cgi support...
gcc private include directory found.
configure: creating ./config.status
config.status: creating autoconf/variables.mak
config.status: creating platforms/apccontrol
config.status: creating platforms/etc/changeme
config.status: creating platforms/etc/commfailure
config.status: creating platforms/etc/commok
config.status: creating platforms/etc/offbattery
config.status: creating platforms/etc/onbattery
config.status: creating platforms/etc/apcupsd.conf
config.status: creating examples/safe.apccontrol
config.status: creating src/win32/Makefile
config.status: creating platforms/sun/apcupsd
config.status: creating platforms/sun/rc0.solaris
config.status: creating platforms/sun/apccontrol
config.status: creating src/drivers/usb/generic/libusb.h
config.status: creating include/config.h


Configuration on Tue Aug 16 00:08:10 JST 2011:

Host: i386-pc-solaris2.11 -- sun Solaris
Apcupsd version: 3.14.9 (22 July 2011)
Source code location: .
Install binaries: /etc/opt/apcupsd/sbin
Install config files: /etc/opt/apcupsd
Install man files: /usr/share/man
Nologin file in: /etc
PID directory: /var/run
LOG dir (events, status) /etc/opt/apcupsd
LOCK dir (for serial port) /var/spool/locks
Power Fail dir /etc
Compiler: g++ 3.4.3
Compiler flags: -I/usr/local/include -I/usr/sfw/include -g -O2 -fno-exceptions -fno-rtti -Wall
Linker: gcc
Linker flags: -L/usr/local/lib64 -L/usr/local/lib -L/usr/sfw/lib
Host and version: sun Solaris
Shutdown Program: /usr/sbin/shutdown
Port/Device: /dev/ttya
Network Info Port (CGI): 3551
UPSTYPE apcsmart
UPSCABLE smart

drivers (no-* are disabled): apcsmart dumb net generic-usb snmp no-net-snmp pcnet no-test

enable-nis: yes
with-nisip: 0.0.0.0
enable-cgi: no
with-cgi-bin: /etc/apcupsd
with-libwrap:
enable-pthreads: yes
enable-dist-install: yes
enable-gapcmon: no
enable-apcagent: no

Configuration complete: Run 'gmake' to build apcuspd.


次にmake
gmakeを使うので注意。

cappmac@opensolaris:‾/Desktop/src/apcupsd-3.14.9# gmake
src
src/lib
CXX src/lib/apcconfig.c
CXX src/lib/apcerror.c
CXX src/lib/apcevents.c
CXX src/lib/apcexec.c
CXX src/lib/apcfile.c
CXX src/lib/apclibnis.c
CXX src/lib/apclock.c
CXX src/lib/apclog.c
CXX src/lib/apcsignal.c
CXX src/lib/apcstatus.c
CXX src/lib/asys.c
CXX src/lib/newups.c
CXX src/lib/md5.c
CXX src/lib/statmgr.cpp
statmgr.cpp: In member function `bool StatMgr::Update()':
statmgr.cpp:58: warning: 'len' might be used uninitialized in this function
CXX src/lib/gethostname.c
CXX src/lib/amutex.cpp
CXX src/lib/astring.cpp
CXX src/lib/autil.cpp
CXX src/lib/atimer.cpp
CXX src/lib/athread.cpp
CXX src/lib/libsupc++fix.cpp
AR src/lib/libapc.a
src/drivers
src/drivers/apcsmart
CXX src/drivers/apcsmart/smart.c
CXX src/drivers/apcsmart/smarteeprom.c
CXX src/drivers/apcsmart/smartoper.c
CXX src/drivers/apcsmart/smartsetup.c
CXX src/drivers/apcsmart/smartsetup2.c
src/drivers/dumb
CXX src/drivers/dumb/dumboper.c
CXX src/drivers/dumb/dumbsetup.c
src/drivers/net
CXX src/drivers/net/net.c
src/drivers/pcnet
CXX src/drivers/pcnet/pcnet.c
src/drivers/usb
src/drivers/usb/generic
CXX src/drivers/usb/generic/generic-usb.c
In file included from libusb.h:9,
from generic-usb.c:28:
/usr/include/usb.h:60: warning: ignoring #pragma ident
CXX src/drivers/usb/generic/hidutils.c
In file included from libusb.h:9,
from hidutils.c:28:
/usr/include/usb.h:60: warning: ignoring #pragma ident
CXX src/drivers/usb/usb.c
src/drivers/snmplite
CXX src/drivers/snmplite/apc-mib.cpp
CXX src/drivers/snmplite/asn.cpp
CXX src/drivers/snmplite/mge-mib.cpp
CXX src/drivers/snmplite/mibs.cpp
CXX src/drivers/snmplite/rfc1628-mib.cpp
CXX src/drivers/snmplite/snmp.cpp
CXX src/drivers/snmplite/snmplite.cpp
CXX src/drivers/drivers.c
AR src/drivers/libdrivers.a
src/libusbhid
CXX src/libusbhid/parse.c
CXX src/libusbhid/data.c
CXX src/libusbhid/descr.c
AR src/libusbhid/libusbhid.a
CXX src/options.c
CXX src/device.c
CXX src/reports.c
CXX src/action.c
CXX src/apcupsd.c
CXX src/apcnis.c
LD src/apcupsd
CXX src/apcaccess.c
LD src/apcaccess
CXX src/apctest.c
LD src/apctest
CXX src/smtp.c
LD src/smtp
platforms
platforms/etc
platforms/sun
doc
MAN apcupsd.8 -> apcupsd.man.txt
MAN apcaccess.8 -> apcaccess.man.txt
MAN apctest.8 -> apctest.man.txt
MAN apccontrol.8 -> apccontrol.man.txt
MAN apcupsd.conf.5 -> apcupsd.conf.man.txt


最後にmake install
これもgmakeを使うので注意。

cappmac@opensolaris:‾/Desktop/src/apcupsd-3.14.9# gmake install
src
src/lib
src/drivers
src/drivers/apcsmart
src/drivers/dumb
src/drivers/net
src/drivers/pcnet
src/drivers/usb
src/drivers/usb/generic
src/drivers/snmplite
src/libusbhid
MKDIR /etc/opt/apcupsd/sbin
COPY apcupsd => /etc/opt/apcupsd/sbin/apcupsd
COPY apctest => /etc/opt/apcupsd/sbin/apctest
COPY apcaccess => /etc/opt/apcupsd/sbin/apcaccess
COPY smtp => /etc/opt/apcupsd/sbin/smtp
platforms
platforms/etc
COPY apcupsd.conf => /etc/opt/apcupsd/apcupsd.conf
COPY changeme => /etc/opt/apcupsd/changeme
COPY commfailure => /etc/opt/apcupsd/commfailure
COPY commok => /etc/opt/apcupsd/commok
COPY offbattery => /etc/opt/apcupsd/offbattery
COPY onbattery => /etc/opt/apcupsd/onbattery
platforms/sun
------------------------------------------------------------
Sun distribution installation
------------------------------------------------------------
COPY apcupsd => /etc/init.d/apcupsd
LN //etc/rc0.d/K21apcupsd -> ../init.d/apcupsd
LN //etc/rc1.d/S89apcupsd -> ../init.d/apcupsd
LN //etc/rc2.d/S89apcupsd -> ../init.d/apcupsd
=================================================
apcupsd script installation for Solaris Solaris complete.
You should now edit /etc/opt/apcupsd/apcupsd.conf to correspond
to your setup then start the apcupsd daemon with:

/etc/init.d/apcupsd start

Thereafter when you reboot, it will be stopped and started
automatically.
=================================================
Configuring ugen driver to match APC UPSes...

Driver (ugen) is already installed.

NOTE:
"(usbif51d,class3) already in use" and
"Driver (ugen) is already installed"
errors may be safely ignored.

=================================================
Driver configured. You must PERFORM A RECONFIGURE
BOOT "reboot -- -r" before running Apcupsd.
=================================================
COPY apccontrol => /etc/opt/apcupsd/apccontrol
doc
COPY apcupsd.8 => /usr/share/man/man8/apcupsd.8
COPY apcaccess.8 => /usr/share/man/man8/apcaccess.8
COPY apctest.8 => /usr/share/man/man8/apctest.8
COPY apccontrol.8 => /usr/share/man/man8/apccontrol.8
COPY apcupsd.conf.5 => /usr/share/man/man5/apcupsd.conf.5


使い方は他のOSと同様なので割愛。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-08-16 23:21 | 設定覚え書き

アンプ選び

パワーアンプLINN AKURATE 2200を導入してから2ヶ月ほど。

LINN NINKAとの組み合わせはなかなかいい音を出してくれますが、NINKAの本領を発揮するにはアクティブ駆動が必要ということでもう一つアンプを追加してそれぞれにAktivモジュールを追加するという計画を進めています。

Aktivモジュール(NINKA Bass/NINKA Treble)は思ったよりも早期にヤフオクで発見、入手することができました。
あとはアンプなのですが、8/15現在MAJIK2100が11万ほどのプライスでオークションに出ています。

落札を考えたのですが、やめました。最低でもDPS(ダイナミック電源)を積んだモデルが欲しいからです。さらにいえばできればAKURATE 2200を手に入れたいという想いもあります。
同じアンプで高域も低域も鳴らした方がやはりバランスは良いと考えています。

と言いつつも、LK140とか黒箱時代のLINNのアンプの音も聞いてみたいなと思ってる自分がいてなかなか悩ましいです。
低域と高域は別々のアンプでも違和感があるかないか人柱になってみたいような、なりたくないような(^^;

まずは、12月までをメドにAKURATE 2200が20万前後で落札できそうならゲットし、ダメそうならLK140(比較的出品頻度高)をゲット、これもダメならMAJIK 2100(DPS)を探し、最悪MAJIK 2100(ノーマル)をゲットするという計画で進めていきます。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-08-15 12:42 | 雑感

実家に帰ったらHDD死んでた

去年から東京暮らしになっていたんですが、お盆休みで実家に帰省しました。
1年中稼働しているサーバが実家にあるんですが、そのサーバのHDDがお亡くなりになっていました。

HDDがお亡くなりになっても、うちのサーバはSolarisによるソフトRAID(正確にはミラー)がしてあるのでデータ的には問題はありません。

ただ、起動時に問題が出たり、HDD交換時にはハードウェアRAIDみたいなお手軽さはなかったのでちょっとしたメモとして本エントリを記載します。

ちなみに前回のZFSについての紹介記事はここに記載しています。

【運用状況】
ヘッドレス状態でリモート管理
HDDは4台搭載し、2台メイン、2台ミラーで運用。

【発生状況】
sshがたまにログイン失敗するようになり、再起動を掛けたが、サーバ機能が不全(ping以外反応せず)。
モニターをつないで確認した結果。disk 2がアクセスリトライの規定値に達して動作しない旨のメッセージを出し続けていた。(詳細メッセージは取りこぼしたため未掲載)
HDDのどれかが、アクセス時に異音を発生させていた。どれか1台が壊れたもよう。

【障害対応記録】
■障害発生ディスク特定
DELLのPCだとBIOSでデバイスを停止(PC上から認識できないようにする)ことができるが、NECの安いサーバにはそのような機能はなかった。
そのため、1台1台電源を抜いて異音のするディスクを確かめる。特定完了。今回はSamsungさんでした。
障害発生ディスクを抜くとSolarisは正常起動した。
逆に言えば障害が発生するとSolarisは起動しないとも言える。可用性としてはどうなのだろう。

障害が発生したプールはDEGRADEDと表示される。今回はrpoolが死んでいることが分かる。
そして、障害が発生したディスクはc9d0s0ということも確認できる。
c0064553_13345557.png


ちなみにrpoolプールはシステム用のプールのため、バックアップ側にもgrubを入れる必要がある。

■ディスク入れ替え
HDDを近くのPCショップで購入し、入れ替え。

■ディスク認識
入れ替えただけでは認識はしてくれない。
まず、formatコマンドでパーティションを作成する必要がある。

cappmac@opensolaris:‾# format
Searching for disks...done


Total disk size is 60800 cylinders
Cylinder size is 16065 (512 byte) blocks

Cylinders
Partition Status Type Start End Length %
========= ====== ============ ===== === ====== ===


パーティションの作成はこの中のfdiskで行う。
作成方法は前回の記事と同じだが、作成後、パーティション情報を見ると、パーティション2にデータの大部分が格納されるように作られてしまっている。
format> partition


PARTITION MENU:
0 - change `0' partition
1 - change `1' partition
2 - change `2' partition
3 - change `3' partition
4 - change `4' partition
5 - change `5' partition
6 - change `6' partition
7 - change `7' partition
select - select a predefined table
modify - modify a predefined partition table
name - name the current table
print - display the current table
label - write partition map and label to the disk
! - execute , then return
quit
partition> print
Current partition table (original):
Total disk cylinders available: 60797 + 2 (reserved cylinders)

Part Tag Flag Cylinders Size Blocks
0 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
1 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
2 backup wu 0 - 60796 465.73GB (60797/0/0) 976703805
3 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
5 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0
8 boot wu 0 - 0 7.84MB (1/0/0) 16065
9 alternates wm 1 - 2 15.69MB (2/0/0) 32130


たぶん、パーティション0に設定することができればそのままresilver(RAIDでいうところのリビルド)が始まると思うのだが、やってくれなかった。

そのため、パーティション0とパーティション2を入れ替える処理を動かして、リビルドさせるよう修正した。
cappmac@opensolaris:‾# zpool replace rpool c9d0s0 c9d0s2
invalid vdev specification
use '-f' to override the following errors:
/dev/dsk/c9d0s2 overlaps with /dev/dsk/c9d0s0


どうもうまくいかない。強制的実行オプションをつけてやれといっているのでやってみる。

cappmac@opensolaris:‾# zpool replace -f rpool c9d0s0 c9d0s2
Please be sure to invoke installgrub(1M) to make 'c9d0s2' bootable.
Make sure to wait until resilver is done before rebooting.


できた。あとは前回と同様にgrubをインストールする。

cappmac@opensolaris:‾# installgrub /boot/grub/stage1 /boot/grub/stage2 /dev/rdsk/c9d0s2
raw device must be a root slice (not s2)


また怒られた。
rootパーティションに設定しないとダメみたいだ。なのでパーティション0に設定した。

cappmac@opensolaris:‾# installgrub /boot/grub/stage1 /boot/grub/stage2 /dev/rdsk/c9d0s0
stage1 written to partition 0 sector 0 (abs 16065)
stage2 written to partition 0, 273 sectors starting at 50 (abs 16115)


今度はうまくいった。

リビルド進行中は進捗状況が示される。
300GB近くあるので結構かかる。
c0064553_1349459.png


いったん、resilveredされるとあとは通常と同様にミラー化されて運用できる。ためしに今回障害が発生しなかったHDDを抜いたが、特に問題は起きていない。
replaceされる前のパーティションが名称として残っているのが少し気持ち悪いが運用はできているのでとりあえず良しとした。
(修正)と思ったら消えていました。replace後はそのパーティションだけになるようです。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-08-15 12:25 | 雑感

LGA1366最後の輝き?

Core i7 990Xが登場したようです。
今年3Qには995Xが登場しクロックは3.6GHzに達するもよう。

もう9xx台は残ってないのでこれが最後のLGA1366のCore i7となるんでしょうね。

もっと早く8xx系(LGA1156)に世代交代すると思ってたのでよく持ったなと思いますよ。
値崩れしたら今のマシンのCPUのアップグレード対象にしようかな。ま、Extremeシリーズなので高値安定だと思いますけど。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-04-05 22:14 | NEWS

TOYOTAとQNX

米国トヨタ(TMS)がのせる予定のEntune。なにものか情報が少なかったけど、調べているうちに見えてきた。
OSはQNXのようだ。RTOSかつマルチメディア系も充実した高機能OS。マイクロカーネルでかつ高速という脅威のOSだがプロプライエタリ。

アプリ周りはUIEngineが載っているもよう。中島さんのあれ。氏のサイトでは足回りがQNXだとは一切言及していないけどわざとはぐらかしているのか本気で知らなかったのか(さすがに知らないということはないだろう)。

北米はこれでI-TRONから脱却したことになるのだろうか。

ちなみに最近のニュースだが、BlackBerry PlayBookもQNXを採用しているらしい<PC Watch>。Androidアプリも動くらしいが、実行レイヤーをもうけて動作しているんだろうか。

昔からQNXには注目していたが、あまり表に出てくることはないOSだった。スマートフォン、タブレット型端末の普及とともに存在感が出てくるだろうか。北米でモバイル端末シェアの大きいRIMが採用し、TMSも採用したとなると今後注目すべきOSになるかもしれない。
[PR]
# by cappuccino_mac | 2011-03-26 23:02 | 雑感