「ほっ」と。キャンペーン

cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

iPad ProとiOSの今後

Appleのサイトでもイベント開催の告知をしていますが9/10に新製品発表イベントがあるようです。
噂ではiPhone 6sの発表があることは間違いないようですが、もしかしたらレベルで12インチ画面のiPadもありうるようです。いわゆるiPad Proというやつです。

非常に軽いRetinaなMacBookがある現状で大画面のiPadがどれくらいの需要があるでしょうか?

iPadはもともとウェブ閲覧や簡単な音楽・映像の編集などデータを利用する用途に適していました。このスタイルは一定の支持を受けiPadは高いシェアを維持してきました。しかし、Windows 10でタブレットを強く意識したOSが登場しており、タブレット市場の存在感は相対的に弱まっている状況です。

iOS 9はWindowsで先行して取り入れていた画面分割機能を導入し、より生産性の高い操作ができるようになっています。

単純に大きくするだけではなくOS側からも「生産する端末」へシフトしようとする意識があると感じています。

AppleはゆるやかにiPadへデスクトップアプリからタブレットへの最適化が進むことを期待しているのかもしれません。
Mac OS Xを発表した当時同OSが"一人前"であることをアピールするためPhotoshopやOfficeに加えてMayaのようなこれまでになかったアプリケーションがデモされました。

iPad Proにどこまでの本気度があるかは知る由もありませんがiPad Proとともにプロ向けアプリの発表があればiPadの新しい章が開くのかもしれません。

上記の展開は、一見スペック競争に足を突っ込んでいくようにも見えあまり面白みのない考えにも見えますが、プロ向けアプリにもメスを入れて効率の良いワークフローを生み出す可能性は大きいと思います。

個人的にはIBMのRhapsodyやMATLABがフルセットで使えると面白いんだけどな。(結局これが言いたかっただけかも^^;
[PR]
by cappuccino_mac | 2015-08-31 20:59 | 雑感 | Comments(0)