「ほっ」と。キャンペーン

cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

x264gui.auo設定(seraphy氏作)

結論からいうとニコニコ動画用超画質設定はすごい。

x264エンコーダをx264gui.auoのx264.1057.release01版に更新しました。
このバージョンはMicrosoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ (x86)とMicrosoft .NET Framework Client Profile Setupをダウンロードする必要があります。

インストールは簡単で、x264gui.iniとx264gui.auoをaviutlのフォルダに入れるだけです。

プラグイン出力からx264を選択すれば以下のようなダイアログが出ます。

c0064553_21233889.jpg


この中の"NicoNico : 超画質"プリセットはだいたい以下のような感じの設定なのですが

--progress --crf 23.5 --qpmin 1 --qpstep 16 --scenecut 54 --min-keyint 1 --keyint 300 --8x8dct --partitions "all" --bframes 5 --b-pyramid --weightb --b-adapt 2 --ref 8 --mixed-refs --direct "auto" --me "esa" --subme 9 --merange 32 --sar 4:3 --threads "auto" --trellis 2 --deblock -2:-2 --cqm "jvt" --no-fast-pskip --no-dct-decimate

これがかなり縮みます。1440x1080においてもcrf設定は24~25程度で十分見れる画質です(止めない限り画質破綻は感じない)。25分ソースで350MB(crf=25)-600MB(crf=23.5)程度に収まる感じです。HD制作の番組で23.5、アプコン作品で24、25くらい、と使い分けるといい感じです。

パラメータを見てみると参照距離(--ref)が8になっている点、動き補償アルゴリズム(--me)がesa(徹底サーチ)になっている点が目につきます。
これらはエンコード時間を無駄に長くさせるパラメータですが、それでも25分のソースで4時間程度で済むのはCore i7の恩恵かもしれません。
--meに関してはesa → umhにしても画質にさほど違いがないようなので、これを変更すればもう少し速くエンコードできるかもしれません。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 17:10 | 設定覚え書き | Comments(0)

現実的な時間になったx264エンコード

Intel Core i7にしようと思った動機の一つにエンコード速度でした。

以前使っていたiMacでは1440x1080にVFRフィルタ・Lanczos拡大縮小・Warpsharp・非線形シャープ・非線形シャープ前処理をかけた状態で24分のソースに約6時間かかるため、一晩寝てもまだエンコードが終わっていないということがざらでした。

Intel Core i7では同条件でエンコードしたところ、2時間程度でした。さらに、aviutlを多重起動して、同時エンコードをしたところ、3時間程度で完了しました。
このことからだいたい3~4倍程度エンコードが高速化したことが確認できました。

これなら夜間に2個同時に起動させてエンコードさせても使い物になる感じがします。
エンコード中も論理8コアなら軽いかな、とちょっと期待していましたが、aviutlの優先度を低い状態にしても、通常処理には支障の出る重さでした。多重起動時はほとんど他の事はできないっぽいです。やはり、寝るときにまとめてエンコードと割り切ったほうがいいようです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 16:49 | 雑感 | Comments(0)

Linuxを入れてみた。

OS周りの話をしたいと思います。

まずWindows Vista Home Premium(64bit)はきれいさっぱり消してクリーンインストールしました。

c0064553_15343881.jpg

OSがさっぱり無くてネットワーク越しにブートしようとしているBIOS

Windows Vista Home Premium(64bit)とWindows Vista Home Premium(32bit)は普通にインストールしました。ただOS自体はサクッとインストールできるんですが、ドライバとOfficeをあとから入れなければならず、以外に手間取りました。

2時間くらい格闘した後、Linuxをインストールしました。

LinuxはUbuntu Linux 8.10(Intrepid Ibex)を入れました。
VistaでLinuxを入れる上で何が困るのかというとブートローダです。VistaのブートローダはMBRに入れておかないと、Windowsの起動ができなくなってしまうのです。これまでGrubでWindowsの起動まで管理していた人(私とか)は、Windowsのブートローダを問答無用で消去していたので、いきなり壁です。
また、XPのブートローダはboot.iniでテキストエディタで容易に編集可能でした。Vistaのブートローダの設定はバイナリ形式で格納されており、bcdedit.exeという専用エディタで編集しなければならない点もめんどくさい点です。

Linuxインストールは
ケーズメモに従って行いました。

以下、自分用覚書

基本的に、インストーラどおりに設定すればOKだが、ブートローダの設定だけは慎重に行う。
ブートローダはLinuxの"/"のディレクトリがおかれるディスクを指定する。私の場合は/dev/sda4だったので、(hd0,3)になる。
インストール完了後、他のサイトに紹介されているように、再起動をせずに、USBメモリ等に、ブート情報を移しておく必要があるのだが、Intrepid Ibexはダイアログの閉じるボタンが無効になっているし、メニューもないので、Xの強制終了しか手がないようだ。というわけで"Ctrl + Alt + BackSpace"を押して、Xを殺す。
Xは自動的に再起動をして、デスクトップ環境を利用できるようになる。GNOMEターミナルなどを起動して、USBメモリにカレントディレクトリを移動させたあと

sudo dd if=/dev/sda4 of=ubuntu.pbr bs=512 count=1

として、/の先頭512バイトをUSBメモリに丸コピする。

その後Windowsを起動する。
Windowsが起動したらまずUSBメモリにおいたubuntu.pbrをC:\の直下に置く。
そしてコマンドプロンプトを管理者権限で起動させて、以下の内容を書く。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャ
--------------------------------
identifier {bootmgr}
device partition=C:
description Windows Boot Manager
locale ja-JP
inherit {globalsettings}
default {current}
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
displayorder {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
{current}
toolsdisplayorder {memdiag}
timeout 10

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
device partition=D:
path \Windows\system32\winload.exe
description Microsoft Windows Vista 64bit Edition
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
osdevice partition=D:
systemroot \Windows
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
nx OptIn

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier {current}
device partition=C:
path \Windows\system32\winload.exe
description Microsoft Windows Vista 32bit Edition
locale ja-JP
inherit {bootloadersettings}
osdevice partition=C:
systemroot \Windows
resumeobject {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
nx OptIn

これはブートローダに格納されている情報を表示している。

次に以下のコマンドを打つ

C:\Windows\system32>bcdedit /copy {ntldr} /d "Ubuntu Linux"
エントリは {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} に正常にコピーされました。

これによりNTLDRを呼び出すことができる。本来はNTLDRがこの位置に格納されるのだが、今回はここにGrubを呼び出せるようにする。
つまりこの{zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz}がLinuxマルチブートの肝になる。間違えないように、以下の操作はコピペで行うのがいいだろう。

ブートローダのデバイスの指定

C:\Windows\system32>bcdedit /set {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} device partition=C:
この操作を正しく終了しました。


ブートローダの場所の指定

C:\Windows\system32>bcdedit /set {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} path \ubuntu.pbr
この操作を正しく終了しました。


ブートローダの表示の指定

C:\Windows\system32>bcdedit /displayorder {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz} /addlast
この操作を正しく終了しました。


以上の操作で次回ブート時には一覧にUbuntu Linuxという選択肢が登場し、これを選択するとGrubが起動し、Linux起動を行うことができるようになる。

Ubuntu Linuxのシステムモニタ(タスクマネージャのようなもの)画面
c0064553_16251094.jpg


64bitなのでちゃんと6GBを認識しているようです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 16:07 | 設定覚え書き | Comments(0)

マカーがOCしてみる。

さっそくショップ系PCを手に入れたことだし、まずはオーバークロック(OC)をやってみました。

OCは、定格作動状態よりも、高いクロック周波数を設定することで、性能を引き上げる手法です。高い処理速度をコストをかけずに手に入れられる反面、CPU、メモリ、PCIにぶら下がっているデバイスに負担をかけ、破損した場合にはAt your own riskとなることを認識する必要があります。世間的にはクロック1割増し程度なら特に大きな問題にはならないようです。

とりえあずリテールクーラーでどこまでできるか試してみました。

OCの方法はとても簡単です。MSIの場合はCellメニューが、クロック変更の入り口です。
c0064553_15125732.jpg

OCするためにはEIST(Enhanced Intel Speedstep Technology)をDisableにする必要があります。
c0064553_15142715.jpg

このあとベースクロックまたは、倍率を変更するわけですが、Intel Core i7は最上位の965をのぞいて倍率はロックされています。ですので、ベースクロックを変えるしか手がありません。
c0064553_1514539.jpg

写真はベースクロックが定格の133MHzになっている様子です。

結論から言うと私の環境では3344MHz(152x22)までは安定駆動することが確認できました。安定駆動の確認はaviutlのエンコードが完遂できるかどうかで確認しました。ただし、エンコード完遂後にすぐ再起動をかけてBIOSで動作温度を確認したところ60度近い数値になっていました。調子に乗って3520MHz(160x22)にしたところ、BIOS画面でぐんぐんコア温度が上昇するのが確認され、Windowsの起動した瞬間に、電源が落ちました。おそらくCPUの保護機能で強制Haltされたのだと思います。Windowsが停止するのはブルースクリーンと停電くらいしか記憶にないので、こういった形でWindowsマシンが落ちたのはちょっと新鮮な体験でした。

現在は3.12GHz(142x22)で常用しています。特に動作上の問題はないようです。リテールクーラーと通常のメモリではこのくらいで我慢しておいたほうが賢明でしょうね。
速度上の恩恵は若干ありましたが、定格でも十分に速いので無理にOCをする必要はあんまり感じませんでした。

ちなみに性能の変化が体感上もっとも感じられたのはニコニコベンチです。定格と3344MHzでは動きのカタツキっぷりがだいぶ変わりました。といっても最も重いとされる、ニコニコベンチマーク9 (超上級者向 ◆再生危険◆)は3344MHzをもってしても10fps行くか行かないかってところでした。新型マシンがぶちのめされるのは若干鬱ですが、FlashがGPU支援を使えるようになればあっさり解決する問題のような気がするので、あんまり悔しくはないです(顔をそらしつつ
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 15:24 | 雑感 | Comments(0)

箱が来た

サンタさんの今年のプレゼントはDOS/Vマシンでした。
かなりでかい箱なので置き場がなくて布団の上に置いてしまいました。
c0064553_14173087.jpg

この大きさでは靴下に入らないっすね...

このマシンはIntel Core i7 940(2.94 GHz)を搭載したマシンです。920でも良かったけど、ちょっと奮発してみた感じです。

標準ではWindows Vista Home Premium(64bit)が載ってるんですが、64bitだとなにかと不便なところがあるのでiMac用に使っていたWindows Vista Home Premium(32bit)も乗せることにしました(つまりマルチブート)。iMacはこれでピュアMac OS Xマシンに戻りました。

さらにやっぱりLinuxもないとさびしーなーってことで、Ubuntu Linux 8.10(64bit)も載せました。Vistaを乗せた状態でLinuxをマルチブートさせるのはちょっと工夫がいるのですが、それについては別記事で触れたいなーって思っています。

とりあえず外観から
c0064553_14181749.jpg
c0064553_14184531.jpg

黒のツヤ入り塗装ケースで悪くはない質感です。

うちのタワー型MacのPower Mac G4と比べてみました。
c0064553_14202993.jpg

幅、奥行きともにだいたい同じくらいの寸法でした。若干、Macのほうが幅が大きい感じです。

Intel Core i7搭載なのでステッカーはi7仕様になってます。
c0064553_1422338.jpg


さっそく分解してみました。

側面パネルを外す方式ですが、両側面のパネルとも容易に外せる仕様なので、拡張なども楽々にできそうです。
c0064553_1424956.jpg

できれば手で回せるネジにしてほしかったですが、買って付け替えれば済む話なので特に問題はないです。
左サイドパネルは大きな円筒形の部品が付いているのが特徴的、CPUのエアフロー確保のためと思われます。

左側の写真
c0064553_14263863.jpg


マザーボードはMSIのEclipseでした。結構高価なマザボを積んでいます。
真中にあるDrMOSのロゴと、CPU周辺のヒートパイプが特徴的。CPUクーラーはインテル純正のリテールクーラーとなっています。
HDDはサムスン製の1TBを1基積んでいます。サムスン製は安いのかな。

CPUクーラー部アップ
c0064553_1431381.jpg


メモリ部分アップ
c0064553_14313796.jpg


メモリはDDR3を積んでいます。メーカーは見てなかったけど、エルピーダのチップを積んでいるようです。

ビデオカード
c0064553_14403937.jpg

WinFast 9800GTってのを積んでいました。
ミドルより若干上の性能に位置するビデオカードです。
電源を外部から供給する方式のため、ケーブルが出ています。このケーブルのせいでHDDベイに干渉して、ベイ自体は3基あるものの使えるのは実質2基、という状態になっています。

右側の様子。
c0064553_1435570.jpg

非常にシンプルです。右側はマザーボードのインターフェースが側面から突き出している部分なのでコネクタをさしやすいように設計していあります。
こんな感じ。
c0064553_14372547.jpg

SATAなのでケーブルの取り回しも簡単でHDD増設はとても楽です。先ほどの左側面の写真でHDDが2個写ってたのは増設HDDを付けた後に撮影したからです。はずすのが面倒だったのでつけたままにしておきました。

つぎはBIOSとかOS周りのあたりを触れたいかな、と思っております。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 13:01 | 雑感 | Comments(0)

Foldershare改めWindows Live Syncに期待

だいぶ前のニュースですがITmediaより

個人的にも現時点でもっとも使い勝手がいいと考えられるフォルダ同期ソリューションFoldershareが今年中にディスコンとなり、今後はWindows Live Syncに移行していくそうです。

個人的に注目なのがUnicode対応。これでダメ文字やMac ⇔ Windows間で絶望的だった2バイトファイル名の文字化けが解消されるのでしょうか。
あと無償が継続されるのはありがたいところ。

最近ではDropboxなんかかなり使い勝手がよく(フリー版が容量無制限でない点を除けば欠点が無い)、こちらに流れたい気持ちが強まってますが、FSが進化してくれれば言うことはないので、Windows Live Syncには期待したいところです。今後はLSって略せば良いのかな。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-05 06:58 | 雑感 | Comments(2)

Larrabeeはローエンド?ハイエンド?

PC Watchより

2009年はCPUとGPUの境界線が曖昧になるという予想を述べている記事。

PCがデータ処理を行う上で不可欠なCPUは処理を高速化するために並列処理に着目して進化してきました。
以下が、それらに対する工夫の一覧

ILP:Instruction Level Parallelism
スーパースカラとかVLIWなどOut-of-OrderやEPICもこれに含まれる

TLP:Thread Level Parallelism
SMTとかマルチプロセッサ、マルチコア

DLP:Data Level Parallelism
SIMDのようなベクトル演算。MMX、SSE nとかAltivec(VMX)とかGPGPUのSPとかいろいろ

今のデータプロセッシングに関するIntel視点の状況はこんな感じみたいです。

ILPによる高速化が限界に来た(Pentium 4)

TLPによる高速化に限界が見えて来た(Coreシリーズ)

CPUに求められる処理がマルチメディア処理に大きく傾いて来ている

DLPは今後CPUが切り開いていくフロンティア

既にDLPの分野ではGPU(GPGPU)がいる

GPUには無い柔軟性のあるDLPを作る(←今ここ)

このことから考えてもLarrabeeの相手はGPGPUであってGPUでは「ない」ことがよくわかります。つまりモチベーションの根本にグラフィックを高速化するという考えは無い訳です。なのでLarrabeeはGPUとしてはかなりガッカリな性能になるのではという考えが生まれてくる訳です。

Larrabeeがグラフィック処理ハードウェアとして速くないと言われる要素は総合すると3つ挙げられると思います。

1.思想的に高速化を目指していない
前述したようにGPGPUに無い自由度を提供することに重点を置いている。基本的に初代Pentium+強化版MMXのようなものなので。CPUでやりたいことは何でもできる。この辺はCELLのSPUとは違うところではある。

2.機構的にグラフィック処理が高速ではない
16x32bitベクタ演算機構があるものの特定の処理を高速化するようなハードウェアはいっさい備えていない。
Larrabeeが採用すると言われるタイルアーキテクチャは帯域を減らすには貢献するが、処理に寄って速度低下が起こりやすく、リアルタイムグラフィックスではFPSのブレが大きくなる懸念がある。(オフラインレンダリングならば有効な手段だと思われる。)

3.インテルのドライバ製作能力
チップセット内蔵型のIntel GMAはFeatureだけ見ればATIやNVIDIAと同程度のスペックを持っている。が、ドライバの提供が遅れたり、性能が(かなり)イマイチだったりと良い評判がない。

3.は特に懸念されている点で、これを払拭するためかIntel内部でのツール開発者が数千人規模でいることを明らかにしています。ドライバ作成もGMAより遥かに本腰で進めていくつもりなのでしょう。

それでもおそらくLarrabeeの初期版はATI、NVIDIAの両製品に比べると性能はかなり見劣りのする性能になるのではないかと思います。仮に48コアのハイエンド製品が出てヘビーなゲームが50-60fps程度で動作したとしても、価格面ではどうなるでしょう。コンシューマではおそらく¥50kは下回ってくれないと普及は厳しい気がします。そういう意味ではLarrabeeは付加価値と価格の戦いとなりそうな気がします。動画再生・エンコードが超高速になるってだけでは(私はともかく)大多数のPCユーザにはあまり恩恵が無いですしね。

# Larrabeeが仮にこけてもIntel的には結構どーでもいいって見方もできますけどね。これは今回の話とは別件なので略
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-02 07:02 | 雑感 | Comments(0)