cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

つかえるrdesktop

VNCはかなりお世話になっているのですが,同じような技術としてWindowsマシンにはリモートデスクトップという機能があります.

これはXPならProfessional以上のエディションでVistaならHome Premium以上のエディションが備えている機能で,遠隔地からの操作が可能になります.

これまでVNCで十分と思っていましたが,試しに使ってみることにしてみました.

まずは自宅のWindows XPマシンから大学のVistaマシンに接続してみることにしました.結果から申し上げるとVNCとは比較にならない快適さでした.ポインタの動作はまるで実機と見まごうばかりにキビキビと動作し,そのままFlip3Dとか使えちゃうんじゃないか?!ってくらいの快適さでした.

ちなみにFlip3Dは全く動作しませんでした.3D機能は全く動作しませんのでゲームもできません.

なのですがWordなどのオフィス系アプリからVisioなどのグラフィック系,もうすこしがんばってペイント系ソフトウェアまでならなんとか実用に堪えそうです.これはかなりすごいことです.

VNCだとIビームポインタを矢印キーで移動すると画面書き換えの最小ブロックサイズより小さいオブジェクトのためか,クライアントにその変化が転送されてこないんですよね.なので勘で位置を探って編集ということがしょっちゅうありました.これに比べるとWindowsのリモートデスクトップは雲泥の差といっても良いでしょう.

こんなに快適だとMac OS X側からも使ってみたいもの.幸い,MicrosoftはMac OS X用にリモートデスクトップクライアントをリリースしています.これを試さない手はないだろうということで,使ってみることにしましたが,,,,これがひどい作りでした.PowerPC用のためRosettaで動作することになるので多少の性能劣化は覚悟していたのですがWindows用のそれとはまったくことなるその動作の緩慢っぷりに使う気が一瞬で失せました.これはVNCより確実にひどいクォリティだと言い切れます.

ただ,これであきらめるのもちょっと早すぎると思い.UNIX系の力を借りてみることにしました.しらべてみるとrdesktopというリモートデスクトップ互換クライアントがあるようでMac OS X用にもあるか調べてみたところMacPortsでリリースされていました.さっそく"port install rdesktop"でさくっとインストールして使ってみることにしました.
起動コマンドは
rdesktop -u [ユーザ名] -g 1280x1024 -x l [接続先のIPアドレス]:3389
とかやると1280x1024ドットで接続ができるはずです.これを使った接続はWindowsのときより若干レスポンスで劣るものの,十分使い物になりました.
これでMac OS X上のtex環境とかを使用したりPDFとか閲覧しながらVista上のWordとかで作業できるのでかなり理想的,かつ大学のVistaをリモートアクセスしているだけなのでライセンス的にも全然オーケーなうまい環境ができあがりました.

c0064553_23402257.jpg

作業環境
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-26 23:40 | 設定覚え書き | Comments(0)

コ−ドギアス#18感想

OPアニメーションが変わりましたね.今後も総集編を境に変える気なんでしょうか.

見所は新型ナイトメア”ガウェイン”くらいかな,あ!あと”オレンジくん”だ.なんかオレンジ君は創聖のアクエリオンのグレンみたいな羽根つけちゃいましたね(分かりづらいたとえ・・・).
ガウェインは移動手段は”フライトシステム””フロートシステム”だけなのかな.ランドスピナーは装備してなさげ.
どうでもいいですけど皇神楽耶のポーズがどんどん馬鹿っぽくなっているのは気のせいでしょうか.

本編は核分裂シミュレーションやらフロートシステムやらゲフィオンディスターバーやらハドロン砲など新テクノロジー満載でしたが,ほんとこの戦争はどんな感じで収拾つけるのやら・・・だいぶ風呂敷を広げたので,合計4クールもうなづけます.

次回は神の島ってことで,神津島で戦うんでしょうか.今回の戦地の式根島から近いしw

#追記
あとで(笑いをこらえて)よくよくOPのオレンジを見てみたらシェルブリッドってかんじでした.ネットでも書いてる人が結構いますが,きっと生身でナイトメアをボコボコにできますね!って私も思いましたw
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-23 07:51 | 雑感 | Comments(0)

Excelおばけ

たった32MBのファイルを2個開いただけでこのざまかよ...

この「リソース」っていうのはExcelにとってのリソースなんでしょうね.つまりこのソフトの限界か...

c0064553_1265135.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-22 01:27 | 雑感 | Comments(0)

ラリー・ペイジ氏の提言

ITmediaより

Googleの創設者ラリー・ペイジ氏が科学者に対して企業家精神を持つことが必要だと提言していました.ペイジ氏は多くの科学的事業が成功しないのは、技術的な障害よりもむしろ人的努力の不足に原因があると考えているそうです.自分なりに解釈するといくらいいアイディアがあったとしても科学者がビジネスとして起こさないと社会は動かないというかんじかな.

この会議で,ペイジ氏はいろいろな"提案"を紹介したようですが,皆さんはどう思いますかねぇ.たしかにこれらを成し遂げるにはビジネスを起こさない限り無理っぽいですね...
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-21 00:16 | NEWS | Comments(0)

無線LANの位置測定はやっぱり面白そーだなぁ

PC Watchより

Zigbeeを使ったアプリケーションコンテストが大阪大学で実施されたそうです.
Zigbeeは日本では電波法の関係で使用を許可されてませんが,コンテスト≒実験環境ってことで使えるっていう解釈でいいのかな.

フリースケールの評価ボードを使って組み込み機器によるセンサネットワーク構築を行ったわけですが,そのなかで準優勝チームは位置情報を使ったアプリケーションをつくってました.電波強度を元に位置情報を算出し,そこからテニスゲームもどきを作ったようです.

無線で面白いのは情報のやり取りだけでなく,こういった位置情報を使ったアプリケーションが作れるところだなぁって思います.今回はZigbeeでしたが,無線LANでもこういった測距が可能なわけで,たとえば無線LANにつないだノートパソコンの位置情報をAPがキャッチして,自端末の周りの端末が持っているサービスをマップしたり,そのマップされたパソコンの提供できるサービスのリスト化なんかができたら(セキュリティの問題はとりあえずおいておくとして)結構面白いんじゃないかと思います.

今後,研究機関レベルだけでなく,実社会でもこういったアプリケーションが出てきてほしいなぁとおもいました.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-21 00:06 | NEWS | Comments(2)

Intelの80Coreプロセッサ 単精度浮動小数点演算速度 1.8TFLOPS達成

PC Watchより

ISSCC2007にてIntelは80Core搭載の試作チップで1.8TFLOPSの単精度浮動小数点演算性能を達成したことを発表したそうです.このチップがそのまま明日,明後日に出るものではないもののやはり性能を比較してみたいもの.

というわけでネットで調べてみるとCELL BEが218GFLOPSで1チップで高い浮動小数点性能を誇る東大のGRAPEが512GFLOPS(いずれも単精度)となっています.これらと比較してもかなりの高性能なチップだということがわかります.

浮動小数点演算性能に目がいきがちですが,1.8TFLOPS時のクロック周波数が5.67GHz(電源電圧1.35V)に達している点も注目点です.これは45nmプロセスがかなり利いている証左となるのでしょうか.

このチップに関しては以前から注目していて本ブログでもネタにしていました.今後も80Coreプロセッサについてはウォッチしてきたいと思っています.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-14 02:04 | NEWS | Comments(0)

NAT-PMP

NAT Port Mapping ProtocolっていうのがAirMac Extremeに搭載されているらしい.

こいつはNAT Traversal技術の一つでUPnP IGDのApple版といったところのようだ.といってもIETFで検討されているのでプロプラなわけじゃない.

この技術もアプリケーションとNAT-Boxに実装していないと動作しない.

UPnPとの違いは使っているプロトコル.ご存知のようにUPnPは開放ポートマッピング情報をXMLにしてHTTPで転送している.対して,NAT-PMPはUDPをつかっている.

NAT-PMPの利点はメッセージが単純ってことくらいかなぁ.シンプルにグローバルから接続したいだけの用途を満たすには必要にして十分ですしね.Bonjourを使えば相手のプライベートネットワークも勝手に名前解決するんで,お手軽ですな.この辺はUPnP IGDでは(まだ)できない.

逆に言うとAirMac ExtremeはUPnPを搭載していないので,Windowsでメッセンジャーなんかを使ってちょっと高度なことをしようとするといちいち手動でポートを設定してあげなければならないってことになるんだなぁ...
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-13 02:58 | 設定覚え書き | Comments(0)

東プレのキーボード

PCショップによったときにたまたまキータッチが体験可能な形で展示してあった.

キータッチは触った瞬間に「これは違う」と分かるくらい,他のキーボードとは一線を画していた.とにかく軽快でパタパタというかコトコトというのか...そんな感じのキータッチ.正直文字にして伝えにくいのですね(汗.東プレのキーボードの評価が高いことは知っていたけど,これほどまでとは思わなかった...

ていうわけで...ついつい衝動買いしてしまいましたw

外観はこんな感じ,今時のキーボードにくらべるとものすごい旧式に見える色合いですね.おそらく,文字以外のキーが濃いグレーになっているせいですね.

c0064553_21461275.jpg

そして写真からは伝わりませんけど,かなり重い.普通の106キーボード2個分はあるんじゃないかという重量感があります.このがっしりしたボディが軽快なキータッチを生み出してる訳ですね.
あと...個人的なことですが私の買ったやつはシフトキーが微妙に曲がっていました,高いのにねぇ(orz
もっともキータッチにはなんの影響もないので交換する気はないんですけど

c0064553_214738100.jpg
曲がってる...

あとキー配列をみるとこのキーボードはwindowsキーがありません.windows側ではwindowsキーはエクスプローラを立ち上げるくらいしか用がないのでいいとしてMac側ではwindowsキーはCommandキーとなるのでこれは結構深刻です.けれど,大丈夫.Mac OS Xの機能でOption(Alt),Ctrl,Command,Caps-Lockは任意のキーに交換することができたのでした.Caps-Lockキーなんて無用なのでこいつをCtrlにして(ちょうど私はCtrlはAキーの左派でした),CtrlキーをOptionに,OptionキーをCommandキーに変えてしまうとこれまでのキーボード環境と少しも変わらない状態に持っていくことができました.

c0064553_2221662.jpg
キー変更

ちなみにこのキーボード16800円です.かなり高額な部類に入るとは思いますが,それだけの仕事はしてくれると思います.ぜひ試せれるお店があれば触ってみてください.

あとは個人的にはHappy Hacking Keyboard Proのキータッチが気になるところなんだけど...これは秋葉原とかいけば試し打ちできるのかなぁ...大須界隈でも試用できるお店はなかった気がする...
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-10 22:02 | 雑感 | Comments(2)

PCが"読める"日本語環境となるためには

PC WatchITmediaより

どちらもちょうど同じ時期に似たような論旨を展開した記事になっていたので載せてみた.

かいつまんでいうとPCの文書閲覧環境は紙の代替には程遠いという内容になる.特に日本語環境ではそれが顕著になる,というもの.

欧文圏の場合グリフやプロポーショナルフォント,カーニング等が最初からコンピュータで使用出来る設計で作られている(*1).ITmediaの記事が指摘しているアセンダーやディセンダーもその一種と見ることができる.
実際,英文の場合はあのWordでさえキレイに見えることが多々ある.これなら読む気が起きそうという気になる(*2).これが日本語文章だと推して知るべし,あんまり見ていてキレイとは感じないものだ(*3).PDFに変換してAdobe readerで見れば若干見る気にもなるが,まだ落ち着かない感じがするのは指摘にあるような日本語のフォント環境の問題なのだろう.

日本語では行間は統一したものを作ろうという動きもないようで,なかなか難しいもよう.なのでPC WatchにあるようなXAMLには期待が持てそうだ.XAMLでは読み取ったHTMLを自由な書体フォーマットに変換できる.そのため行間も変えられるし,段組も変えられる.このようなフォーマットが編集環境(ようするにOffice)でも自由に利用可能になれば日本語編集としてはある意味革命的だと思う.

(*1) "最初"といってもコンピュータ創世記からあるわけではないです,念のため
(*2) ただ,読む気になっても,理解し切れるかは自分の英語力だけがたよりですよねぇ...
(*3) あくまでWordを代表例として取り上げただけでどのソフトウェアでもいえることです
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-10 00:54 | NEWS | Comments(0)

慣れれば15分でできるIMAP導入?(強引に3STEP)

IMAP(UW-IMAP)と(ついでに必要な)Postifx,fetchmailを入れてみた

ちなみに環境はFreeBSD 6.1Releaseを想定,読み替えればLinuxでも簡単にできると思います

STEP 1 : IMAPの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/imap-uw
でインストール
vi等のエディタで /etc/inetd.confを開き
#imap ~~~ → imap ~~~ としてコメントを外す.
もちろん,/etc/rc.confでは
inetd_enable=yes
としていること
IMAPはこれで起動するけどこのままではいろいろまともに動かない
なので /etc/c-client.cf なるファイルを作成し以下の内容を記述
I accept the risk for IMAP toolkit 4.1.
set mail-subdirectory IMAP
set disable-plaintext 0
set hide-dot-files 1

STEP 2 : Postfixの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/postifx
でインストール
vi等のエディタで/etc/rc.confを開き
postfix_enable="YES"
とする
このままでも起動できるけど,次に述べるfetchmailがこのままでは正常に動作しない
なので
/usr/local/etc/postfix/main.cf

#alias_maps = hash:/etc/aliases

alias_maps = hash:/etc/aliases
にする

STEP 3 : fetchmailの導入
cd /usr/ports ; portinstall -P mail/fetchmail
自分のホームディレクトリ直下に.fetchmailrcを作成する
内容は以下のような感じ
poll <popサーバのアドレス>
protocol pop3
user <popサーバのユーザ名>
password <popサーバのパスワード>
flush #メール受信後popサーバに置いてあるメールを消去したいとき
no mimedecode
smtphost localhost
is <IMAPで受信するユーザ名> here

----------------------------------------------------------

これだけ設定しておいてあとはcronでも走らせておけば定期的にメールをプロバイダから受けてIMAPサーバのメールとして蓄積していく
procmailなんかもやっておけばサーバの時点で迷惑メールをフィルタリングもできるでしょうねー
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-10 00:20 | Comments(0)