「ほっ」と。キャンペーン

cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Core3兄弟 3ヶ月連続リリース( ? )

APPLE LINKAGEより

Core Architectureを採用した第1世代CPU(*1)が6月から順次リリースされるようです.

6月にはサーバ・ワークステーション用のWoodcrest,7月にはデスクトップ向けのConroe,8月にはノートPC用のMeromが登場するようです.

ハイエンドから登場するのはちょっと意外でしたけど,AMDとの競争でこのままハイエンドにP4系がのさばり続ける事は性能的に分が悪い,と考えれば,当然の帰結かもしれません.ノート用は今後もYonahが十分な性能を発揮していくでしょうし,Meromの登場はそこまで深刻になる必要が無いというIntelの算段がうかがえます.

PowerMac(Mac Pro?)ではWoodcrestが載るという噂もありますけど,CPUも高額で搭載するメモリもかなり高くつくし,出るとしたら性能もですが,価格もかなりハイエンドになりそうです.

私の予想ではiMacにConroeは載りそうにありませんが,もし載るようなことがあれば,さらに飛躍的に性能が向上しそうです.ここは薄く期待しておきます.

*1:「Intel Core」って名前がついてますけど,YonahはCoreアーキテクチャではないそうです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-30 20:11 | NEWS | Comments(0)

MacBook Pro 17発売

MacBook Proの17インチ版が出ました。

価格は30万円を越えてるって事で完全にプロ向けという感じですが、持っている性能はそれ相応のようです。

MacBook早く出ないかなー。15万円あたりを希望。
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-27 19:35 | NEWS | Comments(0)

ヨーロッパからついに日本上陸

cnetより

FONがきました.

2ページ目のバッファローの一部の製品のファームウェアを書き換えることでFON用のAPとして公開できるってのが気になりました.

日本ではなかなか根付きにくいサービスだけにどうなるか興味深いものです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-25 22:26 | NEWS | Comments(0)

ついにTOYOTAが

NHDN-W56Gサイトより

ついにTOYOTAのナビが(たぶん)はじめてiPodをサポートしました.

日本のたいていの車メーカが純正ナビでiPodをサポートする中,TOYOTAだけがiPodを敵視すらしている姿勢(トヨタのMusic Player ってありましたねー)をとっていましたので,結構驚きました.

これでiPodもTOYOTAに認められた,という事なんでしょうかね(笑)
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-21 10:22 | NEWS | Comments(0)

無線ドライバってむずかすぃなぁ

もはや独り言の領域です・・・・w

想い通りに動いてほしいです
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-18 00:38 | 雑感 | Comments(0)

DYMO

Dynamic MANET On-demand Protocol

いつか役に立つかもしれない

Attribute: AODVベース , OLSRv2の敵
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-12 00:00 | 設定覚え書き | Comments(0)

あえて言おう,カスであると

CNETより

「あえて言おう」って出だしを見るとつい書いてしまいたくなったので記事にしちゃいました(ぉい.

この記事で述べている事は我々マカーが感情的に考えると自然と至る結論で,私もWindowsはその上で動くアプリケーションだけに価値があり,OSの価値は0,と考えてます.

ただ,思っていてもパブリックなメディアに書いてしまうのは凄いというか呆れるというか複雑な心境です.とりあえずよくぞいったといっておきましょう(何様?).

ところでパリってそんなにいいところなんですか?(いった事無いので・・・.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-11 23:40 | NEWS | Comments(0)

予想通りの対決結果

ITmediaより

Boot Campが発表された事で同一マシンで動作するMacとWindowsの動作速度がタイマン勝負できるようになりました.

というわけで上記の記事では速度比較を行ったようです.結果はMac OSの負け・・・・Apple純正ソフトウェアのQuickTimeでも変換速度比較で負けてます.Windows側の方がMacの同一ソフトウェアより最高20%程度はやいようですね.

でも,これは予想できた範囲です.Apple製ソフトウェアはともかく,Mac OS X用のソフトウェアは基本的にGCCでコンパイルされています.当然最適化もGCCが行ってます.

対してWindows側ではIntel Pro Compilerを使用するケースが少なくないようです.
おそらく多くのソフトウェアでこのコンパイラによるIntel寄りの最適化が行われている事でしょう.この記事に記載されているようにIntelコンパイラを用いる事で20%程度の最適化が可能との事です.これは最初に触れた記事の性能差と一致します.

Intelプラットフォームで20年積み上げてきたWindowsと1年にも満たないMacでは最適化の深さに隔たりがあるのは当然でしょう.MacにもIntelコンパイラが開発者に公開され始めたようですし,今後一層の速度向上が期待されます.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-09 23:29 | NEWS | Comments(0)

Intel Mac上にもVTソフトが登場

ITmediaより

Parallels Software InternationalがParallels Workstation 2.1 for Mac OSをリリースしました.記事では触れてませんが,これはIntel Mac向けの初のVTソフトウェアとみられます.

VTはXenが有名ですが,こちらはMac OS X版のリリースはまだなく,またLinuxで実働しているものはCUIを主としているため,導入に手間がかかる点が難点でもあります.

この製品は商用品だけにGUIを完備しており,またVTを利用しているため,VMWare(*)よりもオーバーヘッドは少ないと考えられます.

μ memoさんのHD Bench計測結果によるとParallels上でのWindows XPの動作速度はネイティブに比べて若干劣る程度のようです.
ここからVT技術の優位点がうかがえます.

まだサウンド等の対応が送れているようですが,Mac界のエミュレーション系ソフトウェアでの地位を急速に固めていく存在になる事は間違いないと思います.

(*)VMWareもMac版の開発が進められているようです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-09 11:06 | NEWS | Comments(0)

BootCamp続報

こことかここでIntel Mac上でBoot Campを動作させ,Windowsを実行した時のレビューが掲載されています.

速度に関してはCPUがCore Duoということもあり,Windowsの動作はヘビーなゲームでもしない限り快調みたいです.Radeon X1600を積んでいるiMacなどではFFベンチマークでも上々の成績を叩き出すみたいです.

まだBetaということもあってかPowerBook等で重要な省電力機構やHDDショックプロテクション等のドライバが未整備のようですがLeopard時代になり正式版が登場すればおそらく解決する問題でしょうね.

前回の記事では自分は若干否定的意見ともとれる内容を書きましたが,自分自身ではMac上でデュアルブートが純正でサポートされるという事はとてもうれしいし,これにより「DOS/V機」としてMacが認知され,一定数のユーザが興味を示してくることは可能だと考えてます.

いうまでもなくApple社はハードウェアの収入が最も大きな割合を占めるため,Macというハードウェアが売れさえすれば,それだけ利益率が上昇します.またWindowsをインストールする目的で購入するユーザが大半だったとしてもMacというハードウェア自体の売り上げが増すわけですからMacのシェアが増加するわけです.
それはMac OS Xという単一のOSしか動作しないPC(*)であるが故に売り上げの面でジリ貧であったMacハードウェアに活路が開けたと言っても過言ではないと思います.

いまはとりあえず「Windowsを入れたいから」という理由で買うユーザがいても仕方がありません.とにかく売れてくれる事が重要です.こうする事で潜在的にMacユーザが増えていくことは必至です.あとはApple社がMac OS Xをさらに洗練させ,「PCとして使ってみたけど,Macとしても使ってみるか」と思わせられたらすばらしい事です.
すくなくともこれでWindowsを採用するPCメーカと同じ土俵には乗っかりました.これはハードウェア戦略が生み出した扉を開く鍵だと思います.あとはどれだけの人を振り向かせる事ができるか,これが,今後のApple社のOS戦略の鍵になっていくことでしょう.

(*)Mac上でもLinuxは動作しますが,これはレアケースと考えました.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-04-07 21:51 | NEWS | Comments(0)