cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

たび

星を見に山に行きました。愛知県内ですけど。
なかなか忙しくて会えない高校時代の先生やささしまさん(仮名)とも会えました。

ちなみに行ったところは天文台のある観測施設なので望遠鏡もかなりでかいです。
c0064553_23455521.jpg

しかし、今回は雲に覆われてその威力を体感することができませんでした。

基本的に星空は雲に覆われちゃっていたわけですが、ときおり雲間から見える星のおびただしさは尋常じゃありませんでした。星を見るのは何回も参加してますけど、天の川の星が多すぎて星座がわからなくなるのは久々だった気がします。ま、そんな星空も夜10時をすぎたら完全に隠れてしまい、曇天の星空となってしまいました。

本命の火星もこんな感じ↓
c0064553_2332594.jpg

で写ると思ってたんですけど、残念ながら撮影する機会もありませんでした。

ていうわけで、午前4時くらいまで適当にトーキングしながら雲が晴れるのを待ってました。
でも結局4時になっても雲が切れることはなくあきらめて寝ることにしました。

次の日は起きたのが10時くらいで、遅い朝食のあと帰宅の路へ。そのまま帰宅するのも面白くないので2人で乳岩峡(チイワキョウ)というところに行ってみました。

乳岩峡というのはつまるところ普通の沢です。
c0064553_23402752.jpg

でも沢と歩道の高低差が0なのでちょっと雨が降るだけでもたぶん、歩道は水につかると思います。実際歩いていてとっても滑りました。
で、そのまま歩いていくと前方にでかい岩が出現します。
c0064553_23453496.jpg

よ〜くみると赤いはしごが岩にへばりついていてそこを登っていけるようになっています。というわけで登ってみました。
はしごはかなりの急傾斜で手すりにつかまらないと怖くて登れません。洞窟かつ急傾斜なので結構スリリングな感じです。
片手をはしごにかけたままとったのではしごからの写真はブレ気味です・・・。
c0064553_23502478.jpg

せっかく撮ったんですけどデジカメだと、高低差があんまり分からないですね。
ちなみに下から出口の穴を撮るとこんな感じ。
c0064553_23541673.jpg

ますます分かりづらいかも。

そこを超えると急に道が開けてきて前方にぽっかりと穴の空いた岩が出現します。
c0064553_23552136.jpg

自然の造形が作る覗き窓から山が見えてなかなか芸術的です。愛知県にもこんな岩にあふれた山が結構あるもんですね。ちょっと意外でした。
こんなかんじで一周30分くらいかけて乳岩巡りをしてみました。

ふもとに降りると既にお昼を回っていてご飯を食べるのにちょうどいい時間帯になってました。というわけでふもとの温泉街の茶屋で五平餅とかを頼んで食べました。
c0064553_004858.jpg

これが結構イケました。店内の張り紙を見ると日本で二番目においしい五平餅を出せる店とのこと・・・・。一番はどこなんでしょう。というか一番目指しましょうよ!

そんなこんなでふたりともそれぞれの車で来たのでここで解散ということにしました。
結局今回は星を見にきたのか名所巡りにいったのかよくわからない旅行になっちゃったけど、ま、いいか、面白かったし。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-30 23:46 | 雑感

星を見に

旅に出かけます

といっても1泊2日だけど

なんか今月は週末が雨って言うパターンが多いけど、今回もご多分に漏れずそんな雰囲気になりそうなのがやな感じです。

まあ、午前3時まで起きてれば何かいいこともあるかもしれないと思います。火星はとりたいなぁ・・・。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-29 01:03 | 雑感

無線LANスイッチ

無線LANスイッチというものがあるそうな。

例えばこんなの

無線LANスイッチはシン(Thin)APと組み合わせて、シンAPに接続した端末のMACアドレスをシンAPが接続したポートに対応づけて記憶するよう。これで、スイッチはポートと端末の対応を学習する。
APとスイッチ間はLWAPPっていうプロトコルで制御情報のやり取りをするらしい。これによって端末が移動しても瞬時(ミリ秒単位)のローミングを行う事が可能だそうだ。
ついでにAPの周波数帯を監視してインテリジェントに干渉を防ぐらしい、これも無線LANスイッチの賜物なんだろう。
とりあえずLWAPPがどんなものか見てみると面白いかもしれない。まだIETFで標準化を勧めてるところらしいが・・・。

・・・・・・ちなみにこれ、300万円くらいします(苦笑
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-29 00:47 | 設定覚え書き

試したカード

研究室でかき集めた11a/11gのカードがこれだけになりました。ここまでで分かった事を書き連ねてみます。
c0064553_2144359.jpg

各カードの名前とFreeBSDの動作状況は写真右から
・コレガ:WLCB-54GT→△、標準ドライバはロードされない、Linuxの場合コレガ直々の動作方法解説あり→リンク
・バッファロー:WLI-CB-G54→△、標準ドライバはロードされない、NDISにより動作可能
・コレガ:WLCB54AG2(Rev.B1)→×?、標準ドライバはロードされない、NDIS未検証
・コレガ:WLCB54AG2(Rev.A1)→〇、標準ドライバ(ath0)で動作
・コレガ:WLCB54AG→〇、標準ドライバ(ath0)で動作
・NETGEAR:WAG511→〇、標準ドライバ(ath0)で動作
という感じです。

確証はないのですが、AtherosのSuperAG対応のチップセットを持つもので、かつW52、W53(11a世界標準)未対応のものが動作している感じがします。
つまるところ今市場で出回ってるカードはFreeBSD上で動作しないってことになると思います。
Release-6.0ではどうなることやら・・・。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-28 02:16 | 雑感

で、いくらになるんだろう

cnetより

すんばらしい、映像をリアルタイムで動かすことができるというPS3・・・・いったいどれくらいの値段になるでしょうね。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-28 01:45 | NEWS

あぁ〜、無駄カードが増えた

CG-WLCB54AG2(のRev.A1)が動いたのに味がしめたので、おなじAR5213を積んでるような感じがしたCG-WLCB54GSという無線LANカードも(自腹で)購入してみた。

結果は・・・・・・・しっぱいしますた・・・・・・・・・・・・・・・・

研究室で使う方法もないので、家で余生を過ごすことになりそうです、けど家の環境は11bベースなのでどうしようかなぁって感じです。この際11gに移行してしまおうかな。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-26 01:01 | 雑感

UUげと

最後のUnix Userをゲトしてみた

最初は買う気はなかったんだけど、Rev.A1のカードをさがして見つからなかったんで、手ぶら家にかえるのも何となく癪だったから買ってみた。

Linuxのカーネル記事は単行本化しないかなとか思ったり、FreeBSDのjailが何ものかはなんとなく理解できたりとかした。

個人的に気になったのが最近ルータ/インターフェース冗長化技術が増えてる気がするという事。
SUSE Linuxにはbondっていうインターフェースを冗長化するコマンドがあるらしい。印象としてはVRRPと差異が感じられない気がする。MACが仮想化されるようだがこれはVRRPでも可能である。
最大の違いはbondという仮想インターフェースがMASTERとなりbondにより仮想化されるインターフェース全部がSLAVEになるということ。
VRRPの場合は最大優先度のついたインターフェースがMASTERとなる。ここから生じる利点/欠点はまだ把握できてない。修行が足らんな・・・。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-24 00:21 | 雑感

久々に覚え書き的なもの

CG-WLCB54AG2というPCカード型無線インターフェースカードはMADWiFi(Multi-band Atheros Driver for WiFi)ドライバによりLinux/*BSDで動作していたが最新版では動作しない。

初期型であるRev.A1はAR5213が搭載されておりMADWiFiドライバをロードできるため動作する。
2005年10月現在流通しているRev.B1はAR5214(と考えられる新型チップ)が搭載されているためMADWiFiドライバがロードできず。動作しない。

SourceForgeのMADWiFiセクションではまだこの問題を認識しているフシがない。

参考)
/usr/share/misc/pci_vendors ファイルによれば
・AtherosのベンダIDは 0x168c
・AR5213のチップIDは 0x0013(Rev.A1はこれ)
Rev.B1をpciconfにより確認したチップIDは 0x001b
となっている
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-24 00:04 | 設定覚え書き

高速ハンドオーバーぎじゅつ

ちょっと前のニュースだけど気になったのでクリッピング

ITmediaより

高速ハンドオーバーを実現する技術。ハンドオーバーってのは基地局間を通信を継続しながらつなぎかえる技術
この技術はIEEE802.11がベースのため既存の機器が行かせるのが利点
なんといっても時速300km(83m/sec くらい)でも途切れなくストリーミングを視聴できるというシームレス性の高さがスゴい、ていうかIEEE802.11は通信可能範囲が高々200m程度だから1つのアンテナ間を通過するのはわずか2.4秒しかねーよ。
どれくらいの認証サーバの規模なんかはよくわからん。

IEEE802.20ってのが移動に関する規格らしい。しらんかった。
IEEE802.16ってのはいわゆるWiMAXですね
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-23 01:49 | 雑感

いよいよホログラフィックディスクの時代が!

PC Watchより

いよいよホログラフィックディスクが現実のものになってきましたよ。
最大容量3.9TBって、Blu-rayもかすむような激しい容量ですね(ちなみにBlu-Rayは最大1TB程度まではいけるらしい)。

Blu-RayとかHD-DVDなんてセコい規格はさっさとすっ飛ばして早いところこいつに移行してほしいってのが個人的心境ですが、まだ時がそれを許しそうにないですね。2008年ですもんねぇ・・・。2008年頃われわれはいったいどれくらいのハードディスクを使ってるんでしょうね。

しかし、また移行期がくると分かっているものの規格争いをしてるのってホントに滑稽ですね・・・。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-20 23:58 | NEWS