cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最速のデジタルオーディオプレーヤ

k-tai Watchより、というかスタパトロニクスmobileより

今回はSony渾身のHDウォークマン、NW-HD5を取り上げていた、スタパ様ですが、記事の最後に同時再生し演奏終了時間を計ってみたところ、NW-HD5がWMPに比べ3秒も速く演奏が終わってしまうという珍事が起こったらしいです。スタパ様の計測方法は非常に精巧だったかもしれないので疑うつもりはないんですが、波形編集ソフトを使って厳密にはかってみたら面白かったような気がしますね。

気になったので私も手持ちのiPodで自分なりに同時再生と終了時間のラグをとってみました。さっき精密にはかったらどうよ、って言った舌の根も乾かないうちにやるのもなんですが、わたしもめんどくさかったので左右別音源のイヤフォン装着という方法で試したました。
試したソースはMr.Childrenの「シフクノオト」収録の「PADDLE」(演奏時間4分45秒)です。左耳にiPod、右耳にPowerMacG4上のiTunesでためしました。

結果はiPodが微妙に速かったようで、だんだん頭部伝達関数がずれるというか(意味わかってません)、サラウンド状態というか、ほんとに微妙ですがずれによってハモる状態が起こったような気がします。でもさすがに3秒はずれませんでした。適当な実験なんで証拠能力はほとんどない(追試もしてませんし)のですが、iPodも若干ずれることはあるようです。

でもさすがに3秒ずれはまずいんじゃないでしょうか。もし本当なら改善しないといけないでしょうね(汗)。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-30 17:26 | NEWS | Comments(0)

パーソナルスパコン誕生?

PCWEBより

Orion Multisystemsが96CPUのスパコンを開発したという情報は以前からたびたびニュースサイトで取り上げられていましたが、この記事では開発者にインタビューを行っています。

Orionが開発したシステムは96CPU搭載によって実効性能が110GFLOPSに達するにも関わらずデスクサイド程度のサイズで消費電力もスーパーコンピュータとしてみると非常に小さい1500Wで駆動し、通常電源で稼働するものです。記事の写真から察するに、sgiのONYX2くらいの大きさだと思われます。

日本でもNECがローエンドスパコンとしてSX-6iを出荷していますが、こちらの性能が10GFLOPS程度なので、今回の96CPUのシステムはかなり競争力があるんじゃないでしょうか。
もっとも性能の核となるEfficionをTransmetaが作る以上この先、新型がでるのかという懸念材料がありますが、パーソナルスパコン分野を開拓できれば、Transmetaとのつながりの深い会社なのでCPUアップデートが起こりうるかもしれません。

一代限りで終わるか、更なる発展を遂げるか、、、という意味で非常に気になるニュースだと思いました。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-27 08:16 | NEWS | Comments(0)

Mac OS X for Intel Processor?

ITmediaより

AppleがIntel系CPUを使った製品を出すという噂の記事
個人的にはホントに実現できるのか?とかPwerPCとは棲み分けるのか?とかいろいろ疑問がわいてくるのですが。
実現できれば、Intel系の競争原理働く世界のうま味、すなわち、Appleが働きかけなくても、つねに最先端の高性能なCPU/チップセットやバックプレーンが安価に入手できるということになります。ハードウェアコストを下げることができれば安価にMacが入手できることになり、結果としてAppleのシェアが増すという考えは可能性としてあります。というかIntel系のモデルを出すことの利点はこれに尽きるでしょう。
しかし、Intelの世界に入ることは同時にドライバの開発の嵐に見舞われることになります。どこまでドライバを短期間でそろえられるか、ということはIntelベースでAppleが展開する上で大きな重要性を占めることになります。短期的解決策としては、Apple製Intelマシンで動くドライバは限定して出荷ということになりますが、あまりにサポートする製品が少ないとBeOSと同じ道を歩みそうです。Be社との唯一の違いはAppleは自社でハードウェアを作っているという点で、それを鑑みるとBeほどひどいことにはならないと思いますけど(Beは自社でハードウェアを出荷せず、自作/メーカーを含めたあらゆるコンフィグレーションをもったPC/ATマシンに対応させようと努力したが、企業体力が追いつかず失敗し、Intel向けのパッケージOSからの撤退を余儀なくされた)。
またIntelに参入してもいまだにつきまとうのがアプリケーションの問題です。ようするにソフト少なすぎという問題です。普通に考えたらIntelベースになると状況はさらに悪化するでしょう。なぜならOSがMac OS XだったとしてもIntel用になるわけで、そこには移植作業を伴うからです。コンパイルし直すだけで済むようにAppleは努力するでしょうが、いまだに幅を利かせているCarbonを中心として、移植が難しいソフトウェアも多くどこまでスムーズにいけるかは疑問です。そしてたとえ現在Mac OS X上で動くソフトウェアすべてを移植し終わってもまだWindowsに比べてソフトウェアの数は劣るプラットフォームという評価は変わらないのです。

以前、Intelを採用?という話が湧いたときにどっかのサイトで見たんですが、Xserve等のサーバ製品群ならIntel採用はあり得るかもしれないというコメントをつけていたところがあります。
つまりサーバ用途で使われるUNIXベースのソフトウェアならばソフトウェア移植にかかるコストはほとんど0に近い可能性が高く、フロントエンドとして移植性の高いCocoa(CocoaはMac OS Xのオブジェクト指向API群だが、その源流はIntelで動作していたNeXTSTEPというOS)を採用すれば、一定の競争力を持ったサーバが出せるのではないか、という考えです。サーバ製品なら、使用するハードウェアも限定できますし、かなり現実的であると思います。

と、ちょっとMac事情に詳しい人なら誰でも書けそうな結論になってしまった気がしますが、とにかく、一気にIntelに傾くっていうのは非常に難しい選択だと思いますね。
また、仮に噂が現実になった場合PowerPCがどんな扱いになるかは気になるところです。今月発表されたPowerPCベースのゲーム機の話題の中にはPS3のCELLのようにCPUだけで高解像度のグラフィックを描写したり、先日も述べたようにXbox360はXboxのソフトウェアをエミュレートで実行可能にしたりと次世代ゲーム機のPowerPCコアはもの凄まじい性能を秘めてるように思います。これらを採用してくれれば、当分性能的なアドバンテージが揺るがないと思うんですけどね、、、現実はなかなかうまくいかないもんなんですかねー。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-24 10:01 | NEWS | Comments(0)

Xbox360の技術をぜひ

Game Watchより

ちょっと古いニュースですがXbox360もPS3とおなじく下位互換が提供されるようです。
この下位互換性はPS2のように入出力コントローラにPSチップの機能を内蔵させるというようなものではなく、エミュレートによるものだそうです。
つまりVirtual PCの技術が生きているということになります。

Xbox360がPowerPCマシンでVirtualPC技術によるエミュレーションも提供されている....あとはMac OS XさえあればMacになるじゃないですか!
MacのVirtualPCは最新のG5マシンでOffice等を使うにはIntelマシンと遜色ない速度で稼働しますが、グラフィックのハードウェアアクセラレーションが効かないということが難点でした。これが解決されると3Dゲーム、3DグラフィックソフトもWindows並みとまではいかないまでもある程度の安定動作はできそうな気がするんですが....。
もちろんXbox360のチップは現在のPowerPC G5を遥かに上行く性能を持っていますが、この性能に到達できるのは時間の問題かなっておもいます。上位のG5限定でもいいのでVirtualPCのハードウェアアクセラレーションぜひやってほしいなぁ。

#ちなみにVirtual PCはTiger上ではバーチャルスイッチ機能が動きませんね(カーネルエクステンションがロードされないのが原因だとか)。ぜひ早期に対応してほしいものです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-19 22:50 | NEWS | Comments(0)

PS3はでかすぎる?

PS3のスペック表には大きさがのってません。ニュースサイト等でみる発表時の写真をみると、かなりの大きさであること以外はわかりませんでした。

しかし、computer u relax経由の情報で次世代機の大きさ比較の図が載っていました。これによるとPS3はXbox360の1.3倍程度の大きさがあるようです。となるとPS3は40cmの幅を持つマシンということになりそうです。
現行のPS2が30cm程度なので2まわりはでかいと感じる大きさですね。私の持ってる15inchのPowerBookG4よりも幅があると思うとかなりでかいかなーって思います。
Xbox360が比較的コンパクトで登場したのと対照的ですが、XboxにくらべるとPS3は直方体然としてるわけでもないのでおいたときの圧迫感はそんなにはない...かも?(ちなみにPS3のデザインがいいという意味では言ってません、念のため)
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-19 08:59 | NEWS | Comments(0)

PS3発表

PC Watchより

ついにPS3の姿がお目見えしました。上が膨らんでるデザインということは....上に物が置けないですね!(私のPS2は結構上にものがおいてあったりします)
あと、このクロワッサン型のコントローラは...PiPPiN@Mark!?とか思ったりしましたが、よく見たらそんなに似てませんでした。こんなコントローラはPS2用のサードパーティのコントローラで見たような気がしますが...。

スペックで気になる点としてはCELLの周波数が4GHzから3.2GHzに落ちてること、USBが6基、Ethernet端子が3基(!)も搭載されていること、メモステ以外にSDもCFもサポートする広範なメディアのサポート、PS/PS2ディスクの互換性保持などでしょうか
またHD-DVDとの規格統一困難からBlu-Ray一本で行くことになりようですね

2006年春に発売ということでXbox360より最大4~5ヶ月遅れることになると思うのですが(3/21発売は"あり得そう"ですけど3月発売が実現できるとは思えない)、スペック的にはこれで5万円以下ならばかなり魅力的じゃないかなって思います(PS2って初登場時いくらでしたっけ...)。あとは単なる箱にならないために魅力的なタイトルをローンチまでに用意できるかだと思います。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-17 13:54 | NEWS | Comments(0)

MP3それから

MP3がダイレクト編集できるソフトがないとなげいていた今日この頃ですが、解決策が見つかりました。

結論から申し上げるとMacMP3プレーヤは固定ビットレートにしか対応してなかったんですね。いままでなにげなく固定ビットレートで録音をしていたようです。今回録音ソフトの設定の選択ミスでVBRのMP3にしてしまったためにこのような音声と編集点の食い違いがおこってしまったのですね。

これでTigerでも安心してMP3編集ライフがおくれそうです。本当はもう少し使いやすいツールがいいんですけど、変わりがない以上しょうがないですね。

いつかMac OS Xにも本格的なMP3ダイレクト編集ソフトが現れることを期待してみようかな、、、。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-16 00:39 | 雑感 | Comments(0)

PCメインユーザの視点のTiger

私のネット閲覧の仕方が悪いだけかもしれないですけどTigerの評判ってあんまり聞きませんねー。まだ検証中というか、膨大な機能を試してるところという感じですかね。

そんななかPC Watch Tigerのレビューをしていました。PCユーザの視点からみるMac OS X Tigerのレビューはまだみたことないと思うのでなかなか興味深いかなと思いました。

注目のSpotlightはGoogle Desktop Searchが登場してるためそんなに感動的ではないということですが。まあ、人それぞれなんでしょうね。
私もSpotlightは単体では上記のレビューと同じくあまり恩恵はないかなーって感じはします。しかし、この新検索機能は検索条件を保存できること、そして表示がストレスにならない(ほとんど通常のフォルダと表示速度差がない)ことが注目すべき点だと思います。これはApple的にはスマートフォルダという機能ですが。私はTigerにしてからもう十数個くらいスマートフォルダをつくって活用しています。

またAutomatorもSpotlightと連携することでうま味がでるアプリケーションです。正直言って単体でこのアプリがついていてもあんまりうれしいことはないんじゃないかなって思います。
ちょっとアプリケーションを使う知識があれば、ササーッと処理をつなげて大量のファイルを処理できるわけです。
たとえば、RICOHのカメラで撮ったJPEGファイルを検索して、それをデスクトップの所定のフォルダにコピーして、作成日をファイル名の頭につけてあげるなんて処理は以下のようにすればいいわけです。

c0064553_21431642.jpg


また保存したワークフローを開いて処理を交換したり、パラメータをかえるだけでいろんな用途に使えるのでとてもいいです。
強いて苦言をいうならちょっと日本語環境には最適化しきれてないという点ですが(標準では月日年で表示されたり、処理名が英語だったりする)使い込めば全然気にならないので、どんどん使っていきたいですね。またこれからアクションはプラグイン形式で増えていくでしょうからさらに期待が持てそうです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-13 21:48 | 雑感 | Comments(0)

MP3ネイティブ編集ツールって、、、

わたしは日常的にMP3の編集をよくやるんですがPantherまではMac MP3(米国ではAudionというらしいです)というのを使ってました。非常に旧式な初期のCarbonアプリという感じのソフトでしたが。Mac、WIndowsあわせてMP3をダイレクトに読み込んで非破壊で編集し上書き保存できるソフトをほかに知らなかったのでこれを使っていました。

c0064553_17512551.jpg


しかしTigerにしてからどーも調子が悪いです。編集ウィンドウの表示時間と実際の音声の時間が一致していないためか、いらない部分をカットし損ねてしまいます。勘で位置をあわせてセーブしたファイルを聞いてみて確認するしか方法がないようです。しかしこれでは編集がとてもめんどくさいです。

c0064553_17515757.jpg


そこで重い腰を上げてまえまえから非破壊でMP3が編集できる?というウワサのAudacityというツールを試してみました。ところがこのソフト、、、ダメダメです(泣。ダメな点を列挙してみました。

ダメな点1
日本語を含んだパスがあるとファイルがロードできないようです。UNIX由来のツールの性なんでしょうかね。これは日本語のパスを含まないフォルダに移動すればいいだけの話なので、そんなに深刻ではないのですが、、、めんどくさいですね。

ダメな点2
MP3を読み込むのに時間がかかりすぎですね。Mac MP3プレーヤは編集ウィンドウの波形表時作成時点でキャンセルできたので5時間のMP3ファイルでも10秒で読み込めました。このソフトはどうもまじめに読み込んでるようで、5時間ものファイルがあったらロードする頃には日が暮れそうです。これは解決策は、、、待つんでしょうか(汗。

ダメな点3
MP3をダイレクトに編集してくれない。編集してセーブしようとしたんですが、メニューを見るとセーブできるのはプロジェクトファイルだけで、MP3ファイルを単にセーブするだけの場合エクスポートしか選択肢がないようです。そのエクスポートがまた長い、、、30分のファイルのエクスポートに5,6分かかってます。これってつまりエンコードですよね。全然非破壊じゃないんですけど、、、。これは致命的です。このソフトを使用する意義がこれでなくなりました。

というわけでMP3をダイレクトに編集てきるソフトって存在するんですかねー、、、。ないのなら時間がずれてしまうとはいえMac MP3がベストなのでいつか勝手になおることに期待するしかないですかね。ちなみにこのソフトサポート期限がもうすぐ切れるみたいで、Tigerに対応してくれそうにはなさそうですね。Cocoa版のMac MP3プレーヤがでてきてほしかったなぁ。これもiTunesが生み出した負の遺産ということでしょうか、、、。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-12 17:52 | 雑感 | Comments(1)

Tigerにしました!

わたしもついにTigerにしました。

ネットの反応を見た感じ速くなったという方もいたり遅くなったという方もいたりで使ってみないと判断できないなという感じだったんですが、私が使った限りはG4 1GHz Dualでメモリ512MBの環境としてはよく動いてる感じがします。
とくにエディタでのカーソルの移動速度や、ウィンドウのリサイズ等の日常的によく使うがゆえにストレスを感じた部分がかなり改善されていて個人的にGoodです。もちろん機能にも満足です。
しいていうならSpotlightはもうすこしドラッグ等の操作を取り入れて直感的に扱えてもよかった気がします。
具体的にはコマンド+Fで出せる検索条件ウィンドウにファイルを放り込むとその属性がキーとなって自動入力されるとか(これによってキーを書き込む手間が軽減)、コンテクストメニューで似たファイル(名前が似てる、容量が近い等同じキーを持つ)を検索が可能とか(これはドラッグは関係ないけど)、スマートフォルダ作成は検索結果ウィンドウのタイトルバーの虫眼鏡状のバッヂをドラッグすればドラッグした先にすぐ作成可能になるとかですけど、まあ使っていればいくらでも思いつきますね。出始めの技術なのでこれからに期待しておきましょうという感じかな。

全体的に満足なアップデートです。これからのMacの革新性を感じさせるいいOSが出たなとおもいます。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-05-12 17:20 | 雑感 | Comments(0)