cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑感( 329 )

iPadを手にしてみて

iPadを入手しました。

2,3日触れて感じたことは、モバイルというよりはリビング向けってことと、ネットブックともPCとも違う体験といったところです。

本体は持ってみると結構ずっしりきます(680g)。VAIO PはWindows 7が入ってこれより軽いし、ネットブックにもいくつかあったと思います。
あと、クラムシェルタイプじゃないのでディスプレイには持ち運びについ気を使ってしまいます。
この辺の特徴はリビング向けではかえってプラスに働きます。適度な重量は膝に乗っけておくにはちょうどいいし、いちいちフタを開けるめんどくささもないのでサッとやりたいことに取りかかれます。もともとアップル社も強くリビング向けを意識していたし、基本的にそういう方向性の製品なのでしょう。電池が10時間というのも電池の心配をせずいつでもさっと利用できるのはまさにリモコンを手に取るような感覚でリビングにマッチしていると思います。
リビング向けと強く感じますが、かといってまったくモバイルできないってわけでもないです。ただちゃんとやりたければ専用ケースやらBluetoothキーボードを買った方が良い気がします。電池の持ちはいいからディスプレイつけっぱなしでも気兼ねなく利用できる点は外出先で心強いでしょう。

性能面から見ると、ネットブックサイズでCore i7マシンなみの体感性能を発揮します。絶対性能ではもちろんCore i7に及ぶべくもありませんが、どんな処理もきびきびと動作し基本的に待ち時間がありません。
Youtubeでは特にiPadのパワーを感じます。最近でこそFlash 10.1でハードウェア支援が利用できるようになってきたので、YoutubeのHD動画などを再生するハードルも低くなっていますが、DXVAの互換性などで動作が変になったり、アクセラレーションがかからないときなど動画を見るということ以外に気をかけることが出てきたりと環境に寄っては難しい状況です。
実際のところ画質ではどのくらいのクオリティになっているのか気になったので、比較してみました。


この動画の19秒付近をiPad(&fmt=37指定つまり1080p)、Mac(&fmt=22指定つまり720p)、Mac(&fmt=37指定)でそれぞれキャプチャしてみました。iPadが縦1024ドットなので、Macのキャプチャ画像もそれぞれ1024ドットにリサイズしました。

c0064553_1221245.jpg

iPad(&fmt=37)

c0064553_12225856.jpg

Mac(&fmt=22)

c0064553_1222651.jpg

Mac(&fmt=37)

ヒジョーにわかりづらいのですが、画質は Mac(&fmt=37) > Mac(&fmt=22) > iPad(&fmt=37)と感じました。
もしかしたら1080pを指定してもiPad経由だと自動的に720pに画質が落とされているのかもしれません。

それを加味しても、指の動きに追従する性能は素晴らしいと思います。今回Youtubeしか紹介しませんでしたが、メールやSafariもiPhoneでは体験できない素早さを感じます。デジタル情報ビューワとしては最高峰の製品と感じました。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-07-04 12:17 | 雑感

ヒルクライム記録

先週、ヒルクライムレースに初参戦しました。

結果はさっぱりでしたが、大会の雰囲気はつかめました。

参加大会:
第3回パナソニックヒルクライム in 伊吹山ドライブウェイ

記録:
46分35秒914 / 15.45km/h (公式)
46分38秒 / 13.9km/h (自分で計測した結果)

今回は山頂付近は積雪のため、コース短縮で12kmでの開催でした。
9時くらいまではしっかりと雨が降っいて、正直開催するのか?と不安でしたが、10時くらいから止み始め、11時ごろには雲間から太陽がさす天候となりました。

初参戦でしたが、何度もクルマでいったことのある伊吹山ドライブウェイなので自分のコース上の位置はうすぼんやりと理解しながら走れました。ただ、前日からの疲れがちょっと出たせいか最後の踏んばりが思ったより利きませんでした。と良い訳を言ってみたり・・・ていうかケイデンス見ると後半だれているし...

レースは辛かったですが、こんなに長い距離を登れるのはやっぱり楽しいです。12kmはあっという間だったのでやっぱり、17kmでやりたいですね。下山ではくねくねと続く道とそれにへばりつくように色とりどりのレーサーウェアが連なってなかなか壮観でした。
今回勝手が分からなかったので山頂で受け取る預け荷物にカメラを入れてませんでしたが、次回はカメラも預け荷物に入れていこうと思います。

とりあえず結果

c0064553_2223151.jpg


次回は富士山参戦です。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-04-17 22:23 | 雑感

あのやまめざそう♪

c0064553_23172995.jpg

登山開始

c0064553_2319369.jpg

いきなり山頂。必死で登ったから何も撮ってない

c0064553_23194331.jpg

電波塔だらけの山頂

c0064553_23204899.jpg

三河湾と太平洋が(うっすら)見える

c0064553_23215541.jpg

山頂まで舗装路で来れるけど、山頂手前は24%の激坂(といっても50mくらいしかないけど)

c0064553_23254324.jpg

ちょっと下って蒲郡方面が見えるところから

c0064553_2326442.jpg

これからの季節の敵をファインダー越しに納めた

GPSといい、心拍系といい、いろいろおかしかった。
心拍数221を記録したけど、いわゆる簡易最大心拍数算出法だと私は-1歳になってしまう・・・
c0064553_23373067.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2010-02-28 23:27 | 雑感

Ascent 簡単なレビュー

c0064553_20522551.jpg

12月ごろからシェアウェア「Ascent」を利用しています。

このソフトはトレーニング管理ソフトウェアで、GARMINなどのサイコンから取り込んだデータをもとに、距離、心拍数、ケイデンス、経路などをビジュアルで管理できるものです。

利用するためにはGARMINなどのサイコンが必要です。おそらくPolarなどもいけると思うのですが、対応機種のトップにGARMINって書いてあったので私はおとなしくこちらを選択しました。

c0064553_2048301.jpg
Garmin Edge 305

GarminをUSBつないで、File > Sync GPSを選択すると自動的にGarminとの間で通信してトレーニングデータを取り込んでくれます。
c0064553_22447100.jpg

取り込んだデータをもとに、地図に軌跡を描いてくれます。
また、カロリー消費の変化が左下に表示されます。

高低差の変化は地図の下に表示され、詳細を見たい場合はダブルクリックで表示されます。
ここがこのソフトのキモで心拍数変化やケイデンスなどが表示されるため、どれくらいの心拍数やケイデンスを維持できたかを確認することができます。
意図的に心拍数を抑えてトレーニングしたい場合など、帰ってから確認するときに最適です。
c0064553_2252821.jpg

また、HIDウィンドウを表示させて累積の登坂高度を確認することで目標レースでどの程度パフォーマンスを出せるかの目安を見積もることもできます。

この詳細ビューと地図は連動しているのでAnimation Control Panelを呼び出せば地図の軌跡とそのときのステータスを見ることができます。実用的には特に意味はないですが、見ていて楽しいです。
c0064553_2265176.jpg


なんだかんだいってもヒルクライムはつらいもの、結果が見えないとモチベーションを維持するのもホビイストには厳しいものがあります。そういうときこのソフトで成長の過程が見えるってのはモチベーションを維持するという意味でも大事と思いました。
もちろんトレーニングメニューを作成するツールとしても重宝します。

約4000円のソフトウェアですが、それだけの支払いの価値のある充実したソフトウェアだと思います。またMac版しかありませんが、ここまでの機能を持ったソフトウェアが他のプラットフォームにあるのかな?とちょっと疑問。軽く探してみた感じだとどれもイマイチ感があります。サイクリストがMacにスイッチするきっかけになるかも?
Macが大げさならちょうどiPadなんかいいかも。地図連動や表示内容などiPadと相性良さそうなソフトウェアな気がするのでiPad版も期待したいですね♪
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-02-21 21:08 | 雑感

チャリアイテム

c0064553_20402053.jpg

MICHELIN DYNAMIC 700x23C

これまで26mm履いていたから、それよりは軽い走行感。グイグイいけるほどは軽くないけれど。

c0064553_20424233.jpg

SHIMANO ULTEGRA HG 9S カセットスプロケット CS-6500(12-27T)

歯数が12 13 14 15 17 19 21 24 27とロードにしてはワイドレンジなカセットスプロケ。まだ車道で試してないけれど、これまでの一番軽いギアの歯数が26だったので1分の違いが分かるかどうか。ただ、走っていて後ちょっと軽ければってことをしょっちゅう感じるのでこれでいけると信じてる。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-02-20 20:44 | 雑感

iTSで増える不穏な動き

iTSでは少し前にユーザアカウントが奪取されて不正請求されてしまう可能性があり、Appleが調査に乗り出しているという話がありましたが、今度はiTSにPerfumeの楽曲が販売されるという問題が起きたようです。

Perfumeの楽曲は販売元がiTSでは販売しない方針であるにも関わらず、楽曲が売られています。
TokumaがTukumaになっていたり、楽曲が足らなかったりと怪しさ満載で海賊版なのはほぼ確実でしょう。おそらくあと1日中には何かしらの対応がなされると思いますが、iTSの楽曲の登録がどういう手続きで実施されているのかが少し気になります。

c0064553_22354573.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2010-01-31 22:32 | 雑感

iPad

いまさらですが、iPadについて

iPadで最初にピンときたのがスリム版BeOSを搭載したアプライアンス製品。たしかプロトタイプであった気がする(他にiToasterってのもありましたね、あれは商品化された気がする)。あのころIA(Information Appliance)とかシンクライアントってのが一時期流行って、PCが主役から退けられる、なんてストーリーがよく叫ばれました。
結局、それら簡易な情報端末は特に大きな盛り上がりとなることもなく、プチブーム程度で収束してしまいましたが、PCができることとそれらでできることの違いが大きすぎたのが要因と思われます。

iPod touchやiPhoneが出てきたタイミングで簡易な情報端末はユーザがPCができる処理の大半(Webの閲覧、メールチェック、スケジュールなど)をこなすことができるようになりました。さらにアプリケーションを追加できるApp Storeが出現したことで、PCのような汎用性を持たせることができるようになりました。
Appleの見た目重視の戦略ももちろんありますが、上記の条件が満たせたことでPC以外の情報機器が市民権を得られたんだと思います。

iPadはこれをさらに発展させて、PCのような高度な操作をPCよりも直感的にできるようにしようというものじゃないかなって思います。処理能力もそれに耐えられるような自社製CPUを搭載してしまった感があります。
画面がでかくなったからiWorkのiPad版を出したとかそういう安易な考えではないと思うんですよね。デベロッパにこのようなソフトウェアを出してほしいというメッセージのような気がします。高度な操作といえばプロダクティビティですからね。

Jobsはバッサリと切るのが好きですが、Macをバッサリ切るとApple社が傾く。だからじわじわと切り捨てて行きたいって考えているんじゃないでしょうか。iPadはMacを再構築したものと思えてきました。いまはMacまたはWindowsが主、iPadが従の関係ですが、いつか親であるMac/Windowsから離れていく日が来るっておもってます。この交差点が来た時、接点になるiTunesはどういう役割になるか興味深いです。

話は変わりますが、会計ソフトウェアに弥生の青色申告ってソフトがあります。私は基本マカーですが、このソフトを使う時はWindowsを使っています。この弥生の代表取締役の岡本さんがブログでiPadに関する記事を書いていました。思ったより汎用性のある製品になっているということで興味を持ってくれているようです。ICカードリーダもつなげられないiPadに弥生の青色申告を移植するのは現実的ではありませんが、なにかの形でiPadと弥生の青色申告が連携するきっかけになればユーザとしては嬉しいなと思ったりします。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-01-31 11:26 | 雑感

OS XのSMB実装は大丈夫なのか?

1:フォルダを作成できるが、編集できなくなる
Snow LeopardでLinuxサーバのSamba共有ディレクトリにアクセスすると、作成できるが、書き込み後フォルダ名”だけ”編集できなくなる。中のファイルは自由に編集できる。/etc/smb.confで 「force directory security mode = 0770」 というおまじないをかけると変更できると言っている人が(主に海外で)見かけられたが、こちらではうまく動かない。
c0064553_846389.jpg


2:シンボリックリンクが辿れない
Snow LeopardでLinuxサーバのSamba共有ディレクトリにアクセスすると、サーバ上のシンボリックリンクが辿れない。/etc/smb.confで 「unix extensions = no」 というおまじないをかけると見えると書き込みをしている人が(主に海外で)見かけられたが、こちらではうまく動かない。

Windowsでは上記操作は普通にできる。

サーバの設定の問題なのか切り分けたかったので。Solarisでも試してみた。
1の問題はクリアされた。Snow LeopardでもWindows Vistaでもフォルダの名称変更はできた。
2の問題はダメだった。Snow Leopardではシンボリックリンクは辿れないが、Windows Vistaではできた。
c0064553_8472669.jpg
c0064553_8475191.jpg


どうしたものかな...本当に困ったらDiscussion Boardで相談してみるけど(あまりあてにならないけど)。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-12-30 08:49 | 雑感

Karmic Koalaにしようと思ったら

自分のUbuntuがHardy Heronだったことに今気付いた。

まだこの先にIntrepid IbexとJaunty Jackalopeが待ってるのか・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-11-03 22:13 | 雑感

2009秋作品

DTBGは他の作品とは別格だな。ここまで駄作ばかりのクールも珍しい。

電磁砲は絵は良いが、禁書目録同様中身はなさそう。上条さんがしゃしゃり出てくるのを期待したいとこ。

あと犬夜叉完結編は数年のブランクを全くおさらいせずに始めやがってスゴいと思いました。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-10-09 23:41 | 雑感