cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑感( 328 )

TOYOTAとQNX

米国トヨタ(TMS)がのせる予定のEntune。なにものか情報が少なかったけど、調べているうちに見えてきた。
OSはQNXのようだ。RTOSかつマルチメディア系も充実した高機能OS。マイクロカーネルでかつ高速という脅威のOSだがプロプライエタリ。

アプリ周りはUIEngineが載っているもよう。中島さんのあれ。氏のサイトでは足回りがQNXだとは一切言及していないけどわざとはぐらかしているのか本気で知らなかったのか(さすがに知らないということはないだろう)。

北米はこれでI-TRONから脱却したことになるのだろうか。

ちなみに最近のニュースだが、BlackBerry PlayBookもQNXを採用しているらしい<PC Watch>。Androidアプリも動くらしいが、実行レイヤーをもうけて動作しているんだろうか。

昔からQNXには注目していたが、あまり表に出てくることはないOSだった。スマートフォン、タブレット型端末の普及とともに存在感が出てくるだろうか。北米でモバイル端末シェアの大きいRIMが採用し、TMSも採用したとなると今後注目すべきOSになるかもしれない。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-03-26 23:02 | 雑感

東北地方太平洋沖地震

岩手・宮城は眼を覆わんばかりの未曾有の災害となっていますが、東京も震度6程度の強い地震に襲われました。

交通機関の関係で会社に2時くらいまでいたんですが、復旧の知らせをうけて、なんとか4時くらいに帰ることができました。

前日にバラバラにしていたPCとかプラズマテレビが前倒しになっていないか心配でしたが、特に問題はありませんでした。

ただし、冷蔵庫がすごい前に飛び出していました。倒れてなかったのが幸いです。一番ひどいのでこの程度で皿などはいっさい割れていませんでした。

c0064553_12193955.jpg

最初から汚かったので地震後も汚い

c0064553_12204791.jpg

動いた冷蔵庫

まだ余震が続いていたり、震源が新潟の地震も発生したりとまだまだ予断を許さない状況だと思います。被災地の方の無事を心より祈っております。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-03-12 12:28 | 雑感

プラズマテレビ入手

プラズマテレビを買ってみました。

VIERAのニューモデルが登場しましたが、そのおかげか前モデルが生産終了になる直前に安くなったので買ってみました。だいたい7万円くらいで購入できました。

購入したのはパナソニックのプラズマテレビの一番下位モデルTH-P42S2というやつです。

とりあえず今使っているRDT-232WM-Zと並べてみました。23インチ液晶と並べるとさすがでかいです。
c0064553_2157754.jpg


【画質面】
家電量販店で見ても液晶テレビと遜色なさそうだったので買ってみましたが、部屋に置いてもその印象はかわらなかったので安心しました。

確かに若干液晶に比べると暗いですが、リビングの照明下程度の明かりなら十分な明るさで問題ありません。
プラズマは照明を落とすとさらに良いとのことですが、たしかにその通りで黒は漆黒・・・とは言わないまでも非常に深い色合いが出せているように見えます。

ちょっと期待はずれだったのは動画性能。

プラズマは動画が強いというイメージがありましたが、RDT-232WM-Zの倍速補完オンの状態と比べると残像が目立ちます。
残像といっても液晶のような輪郭のモヤモヤ感がかかる訳ではなく、輪郭に沿ってRGBが分離されたような見え方になります。液晶のような見辛さはないですが、動画解像度が高いというのには疑問符です。私見としては液晶に対するプラズマの優位性は広告にあるほどのものではないと感じます。

液晶テレビは残像を低減する目的で倍速補完を積んだモデルが続々登場していますが、別に液晶だからのせるべきものではないと考えています。雰囲気が大事な映画はともかく映像は滑らかなほど見やすいですからね。倍速補完はスクロールシーンや背景固定の中で物体が移動するような映像でもフレームレートが下がったように感じさせないというところがその本質なのではないかと思っています。液晶ではたまたま残像感の低減にも一役買っている、というそんなイメージです。

プラズマは原理的に残像が生じにくいと言われてますが、個人的にはこういう思いもあって、倍速補完を搭載してほしいなと。原理的に黒挿入までする必要はないので単純に補完してくれれば良いと思います。プラズマは液晶と違ってインパルス型のデバイスだから予測補完じゃなくてただのフレーム水増しだけでもいいかもしれません。高画質にやろうと思えば8倍速補完(480Hz)とかでもデバイスは対応できるんじゃないでしょうか。

ちなみに液晶にある視野角という問題はプラズマにはありません。が、このモデルの場合構造的にプラズマパネルのさらに上に強化ガラスが覆っているため、ほぼ180度から見ると2重写りしてしまいます。とくに部屋を暗くすると顕著です。もっともこんな見方をする人はまずいないと思いますが...。

【機能面】
HDMIが3系統入力。アナログ音声出力、光デジタル音声出力(SPDIF)が可能です。
HDMIで受け取って出力できるサンプルレートは48kHzが上限のようです。光出力でこれ以上のサンプルレートを出したい場合は素直にAVアンプを買うしかないようです。

PCの映像もDVI→HDMI変換ケーブルを使い出力することが可能です。
D-Sub 15ピン端子もありますが、いまさらアナログ入力もないのでこれを使うことはないでしょう。

PCの映像はとてもクリアに出力されます。これは個人的にはかなりナイスです。
以前液晶テレビにPCをつないだとき、青や赤の色純度が落ちたように処理されてしまいとても汚かった記憶があるのですが、このモデルはそういったことはないようです。

さらにうれしいことに、デバイスネイティブの解像度(この場合1080p)に合わせなくても綺麗に出力されます。これはどういうことかというと液晶の場合、ドットバイドットでない解像度にセットするとディザリングで補完してあわせようと処理しますが、お世辞にも滑らかではない表示になってしまいます。

このモデルの場合、解像度をさげてもモヤッとした感じが低減された、映像になります。
この感覚はCRTを思い出させます。CRTも液晶と違って解像度をかえてもそれなりに見える映像を出力してくれました。プラズマのデバイスとしての機能がCRTに近いからこういう見え方をするのか、それともVIERAの映像エンジンが優秀だからこのように見えるのかちょっと気になりました。とくに明言しているサイトはないようなのでいまのところ謎です。

【その他】
いわゆるジー音は気にしだすと結構耳につきます。画面中に白っぽい絵が増えるとジー音が大きくなり、黒くなると消えます。この辺は蛍光灯と同じといったところでしょうか。

重さは24kgで一人でかろうじて設置できる重さです。箱の中ではスタンドと分離して袋の中に入っているので慎重にかつ大胆に箱から引っ張りだす必要があります。
付属のスタンドはかなり背が低いです。もっとも普通はテレビラックにおくべきものなのでこれで十分かもしれません。

いわゆる画面焼き付きの恐怖はありますが、けっこう無神経につけっぱなしにしてもいまのところ大丈夫みたいです。ですが、PS3の入力の時だけやけに短時間の焼き付きが多い気がします。最初、5分くらい消えなかったので焦りました。

アナログ音声出力は思ったよりいい音が出ます。DACは何使っているんだろう・・・。
[PR]
by cappuccino_mac | 2011-02-13 22:04 | 雑感

東京オートサロン

自宅から1時間半かけていってきました。
c0064553_1525034.jpg


実は幕張メッセに出向くのは初だったり。(東京ビッグサイトも行ったことないけど
c0064553_1541998.jpg


フェラーリとGT-Rがやけに多いなって印象です。

見ていて面白かったのはホンダかな。スバルもトヨタも日産もそんなに記憶に残らない感じ。
c0064553_1563877.jpg

ホンダはクレイモデルを実演していたりなんか凝っていました。
c0064553_1571653.jpg


次世代NSXはでるのか?
c0064553_1574362.jpg

c0064553_1581952.jpg

レーシングカーはいいですな。

ブリジストンのブース。キャンギャルとってなかった気がするのでちょっと撮ってみた。
c0064553_1591398.jpg


ニュースサイトではあまり取り上げてないけど、外ではドリフトレーシングしていました。
キール音が鳴り響いていた。が、映像をとっただけで写真に収めてなかった。。。
c0064553_20590.jpg


レクサスの面影がまったくないレーシングカー
c0064553_204211.jpg

インテリアはさらに見るも無惨(?!)なことに
c0064553_213277.jpg


GT-Rはやっぱり後ろ姿ですね。
c0064553_22750.jpg


いちおうエンジンも
c0064553_223150.jpg


日産のリーフ。つまりミニ四駆のボスみたいなものか。
c0064553_225390.jpg


フェアレディZ
c0064553_234272.jpg


赤いなぁ。
c0064553_241415.jpg


車の展示会でもチャリがあれば撮らない訳がない
c0064553_265785.jpg


痛車ももちろんおさめておきました
c0064553_294131.jpg

c0064553_210637.jpg

c0064553_2101845.jpg



なぜかドリクラは単独でブース出していましたw
c0064553_2105261.jpg

c0064553_211627.jpg

[PR]
by cappuccino_mac | 2011-01-16 02:05 | 雑感

2010年も終わるね

いろいろ慌ただしい一年でした。ブログの更新がかなり下がったように思います(汗

あまりニュースネタをキャッチできなくて話題に乗り遅れることも多々・・・
ただ、ツイッターのTLをみると偏った情報は入手できるようになってよかったんだか悪かったんだか。。。

来年も、たまに気が向けば更新しますのでよろしく。
来年も無事乗り切れるといいな・・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-12-31 23:59 | 雑感

ダメダ

アイフォンアプリノベンキョウノジカンガネェ
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-11-21 23:54 | 雑感

iPhoneのバグを試してみたけど

前々から自分は不器用だと思っていたけど、うまく行かない...

緊急電話ボタンを
押すと同時
押した直後(コール中の赤いボタンが見えてる間 -0.1秒くらいの間-)
押して赤いボタンが消えた直後
をすべて試してみたけど、どれもちゃんと画面が消えた。

ニコ動とか見てると赤い状態になっている時間が異様に長いけどiPhone 4だとやりやいすんだろうか。

ちなみに3GS使いな私。Youtubeを見ると3GSとおぼしき機種でもやれてるようなので、再現はできるはずなんだよなぁ...
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-11-01 02:08 | 雑感

熊野古道ヒルクライム中止

c0064553_1245791.jpg


今年の〆のレースのつもりだったんだけどなぁ...
残念。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-10-29 01:25 | 雑感

2010 Madone 5.2 PRO

Madone 5.2 PROをゲットしました。

せっかく納車したし、ほぼ新品なので、写真撮影しました。
高額な自転車の写真ってなかなかデカいサイズで載せているサイトが無いので、誰かの需要が満たせればと思います(笑)

フルサイズの写真はここに載せています。全部で300MBくらいです。

このブログでは、適当に写真をかいつまんでMadone 5.2を解説しようかなと思っています。

とりあえず、レフト、ライト、リア、フロントの各画像を
c0064553_1871643.jpg

レフト

c0064553_1875286.jpg

ライト

c0064553_1881592.jpg

リア

c0064553_1885393.jpg

フロント

各部説明

【ハンドル】
c0064553_1811529.jpg

ボントレガーのハンドルバーとステムが目立ちます。バーテープに包まれた、変速ワイヤとブレーキワイヤが見えます。白いアウターケーブルで見た目に美しいです。きっと、1年経つとオイルにまみれ、黒ずんでくることでしょう。また見づらいですが、Ultegraのブレーキが見えます。ちなみにUltegraはShimanoのコンポーネント(変速機とかブレーキとかの部品のこと)で上から2番目のグレードの製品です。

【ヘッドチューブとトップチューブ前部】
c0064553_18155057.jpg

ヘッドチューブはそんなには長くないように見えますが、これはヘッドチューブが太いためと思われます。標準程度の長さと思います。トップチューブには穴があり、ここにリアブレーキ用のケーブルが入って行きます。Trekのフルカーボンバイク得意の内蔵ケーブルです。効能は空気抵抗低減だそうですが、素人目には多分に見た目重視と思われます。
c0064553_1816645.jpg

もう一つ別角度から。

【リア】
c0064553_18174468.jpg

トップチューブ右側から入ったブレーキケーブルはトップチューブ左側から出て、リアブレーキに繋がります。リアブレーキもUltegraです。
シートステーとトップチューブの接合部は平たくなっており、従来の自転車から見ると新鮮に映ります。(カーボンバイクでもそんなには無いと思います)
c0064553_19554859.jpg

リアの別角度。

【シート】
c0064553_2011516.jpg

inFormシートというのが付いています。このシートはシートマストという構造で取り付けられています。シートマストは従来のシートポストの逆、つまり、シートに差し込む構造ではなく、シートにかぶせる構造になっています。
c0064553_2023362.jpg

ハイエンドロードサイクルではISP(インテグラルシートポスト)というシートポストもフレームの一部として成形し、シートだけを±数cm程度調整できる仕組みが知られていますが、それに対して、シートマストは調整範囲が広いこと、被せる範囲が広く衝撃吸収性が高いことが利点です。

【ホイール・タイヤ】
ハイエンドになるほど、その価格構成比が高くなる部品です。ボントレガー製のホイールが装着されています。タイヤも同様です。
c0064553_20114298.jpg
c0064553_20115588.jpg


【FD・RD】
フロントディレイラー、リアディレイラーともにUltegraです。ここでちょっとした問題があって、その話題もしたいかなと。
c0064553_20213291.jpg
c0064553_20215497.jpg

今回2010 Madone 5.2 PROを購入しましたが、自分はMadone 5.2を購入したつもりでした。PROと無印の違いはなにかというと、ただ一点コンパクトドライブか否かという点。コンパクトドライブというのは簡単に言うとギアの軽いフロントギアの構成のことです。具体的には50-34Tの構成が一般的なコンパクトドライブです。
それに対して、今回購入したPROは52-39Tの構成です。さらにリアギアも重くなっており、無印が11-28Tに対して、11-25Tです。フロントギアは数字が大きいほど重く、リアギアは数字が小さいほど重いです。自分はヒルクライムを主としているのでこの構成は正直辛いです。
その辺は乗ってみた感想で触れたいと思います。
c0064553_20253835.jpg

ギアが重いPROの説明シートが貼ってあるシートチューブ。

【ペダル】
c0064553_20282281.jpg

ペダルが標準装備でないこの自転車は追加でペダルを購入する必要があります。
自分は有り合わせのShimano SPDペダルをつけました。

【シフター】
変速はブレーキレバー付近にあります。
c0064553_20295559.jpg

同じくUlte(略)。
c0064553_20301910.jpg

これを見ても分かりにくいと思いますが、左の場合は、前ギアの変速担当です。ブレーキレバーごと内側に倒すとシフトアップ、内側にある、小さいレバーを内側に倒すとシフトダウンです。右側は後ギア担当で、前ギアと逆の動きをします。大きいレバーは大きな力が要ります。小さいレバーは人差し指1本で楽に動きます。歯数の大きい方に動かすのは力がいるからこのような動きになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
c0064553_20365787.jpg

光り輝くカーボンフレーム

以上がMadone 5.2 PRO写真館兼説明でした。

<走ってみた感想>
60kmほど走ってみました。比較対象はGIANT OCR2 (2008)
あまり多くは語りませんが、パワーロスが驚くほど少ない優秀なバイクです(定価48万円なのでこれくらいは走ってくれないと逆にガッカリしますがw)。
登りでは、ギアのこともあり、やはり重いことは重いです。しかし、ヒルクライムのセオリーを守って走れば自然と脚の動きが推進力に変換されます。これまでのバイクでは感じられなかった感覚です。正しいフォームというのはこのクラスのバイクにならないと発揮できないのでは、、、などと思ったり。また平地では向かい風はものともしない、追い風では風をすべて推進力に変換しているかのような加速感を感じました。
もうひとつ特筆すべきはコントロール性。これまでのバイクではカラダを傾けるだけで転倒の不安がありました。実際転倒してケガをしたこともありますし。ところがこのバイクではウェットな路面だろうが、かなりの荒れた路面だろうが魔法の様に思った方向に進めます。もちろん過信はしませんが、高速域のコントロール性の高さには感動を覚えました。

さて、バイクを変えた結果計測データはどう変化したか。
すべて同一コースで3つのデータをそろえました。

c0064553_20563783.jpg

1.GIANT OCR2 ギアワイド化前
c0064553_20593063.jpg

2.GIANT OCR2 ギアワイド化後
c0064553_20583153.jpg

3.Madone 5.2 PRO

こう見ると、1.2km/hしか違いませんね。48万投資して(苦笑
ただ、自転車は慣れてこないとうまく使えない、ギアが重いってのがあります。
1.と2.の差は自転車に6ヶ月乗り続けたこととギア変更を同時にした結果によるものですが、ここまで同一機種で変われたことがわかります。
今回重いギアですが、このまま乗り続けてみようと思います。山を踏み抜けたことで自信がつきました。フォームを正しくすることに努めてタイムを上げようと思ってます。
挫折したら、コンパクトに変更するってことで(笑
あと、老化による性能低下の可能性もありますが、そこは当分目をつぶることにします(キリッ

おわり
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-09-19 18:25 | 雑感

iPadを手にしてみて

iPadを入手しました。

2,3日触れて感じたことは、モバイルというよりはリビング向けってことと、ネットブックともPCとも違う体験といったところです。

本体は持ってみると結構ずっしりきます(680g)。VAIO PはWindows 7が入ってこれより軽いし、ネットブックにもいくつかあったと思います。
あと、クラムシェルタイプじゃないのでディスプレイには持ち運びについ気を使ってしまいます。
この辺の特徴はリビング向けではかえってプラスに働きます。適度な重量は膝に乗っけておくにはちょうどいいし、いちいちフタを開けるめんどくささもないのでサッとやりたいことに取りかかれます。もともとアップル社も強くリビング向けを意識していたし、基本的にそういう方向性の製品なのでしょう。電池が10時間というのも電池の心配をせずいつでもさっと利用できるのはまさにリモコンを手に取るような感覚でリビングにマッチしていると思います。
リビング向けと強く感じますが、かといってまったくモバイルできないってわけでもないです。ただちゃんとやりたければ専用ケースやらBluetoothキーボードを買った方が良い気がします。電池の持ちはいいからディスプレイつけっぱなしでも気兼ねなく利用できる点は外出先で心強いでしょう。

性能面から見ると、ネットブックサイズでCore i7マシンなみの体感性能を発揮します。絶対性能ではもちろんCore i7に及ぶべくもありませんが、どんな処理もきびきびと動作し基本的に待ち時間がありません。
Youtubeでは特にiPadのパワーを感じます。最近でこそFlash 10.1でハードウェア支援が利用できるようになってきたので、YoutubeのHD動画などを再生するハードルも低くなっていますが、DXVAの互換性などで動作が変になったり、アクセラレーションがかからないときなど動画を見るということ以外に気をかけることが出てきたりと環境に寄っては難しい状況です。
実際のところ画質ではどのくらいのクオリティになっているのか気になったので、比較してみました。


この動画の19秒付近をiPad(&fmt=37指定つまり1080p)、Mac(&fmt=22指定つまり720p)、Mac(&fmt=37指定)でそれぞれキャプチャしてみました。iPadが縦1024ドットなので、Macのキャプチャ画像もそれぞれ1024ドットにリサイズしました。

c0064553_1221245.jpg

iPad(&fmt=37)

c0064553_12225856.jpg

Mac(&fmt=22)

c0064553_1222651.jpg

Mac(&fmt=37)

ヒジョーにわかりづらいのですが、画質は Mac(&fmt=37) > Mac(&fmt=22) > iPad(&fmt=37)と感じました。
もしかしたら1080pを指定してもiPad経由だと自動的に720pに画質が落とされているのかもしれません。

それを加味しても、指の動きに追従する性能は素晴らしいと思います。今回Youtubeしか紹介しませんでしたが、メールやSafariもiPhoneでは体験できない素早さを感じます。デジタル情報ビューワとしては最高峰の製品と感じました。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-07-04 12:17 | 雑感