cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:設定覚え書き( 62 )

地上波デジタル録画まとめ

地上波デジタルをaviなどで保存する方法をまとめてみた.

ディジタル編
不可能

ARIB(アライブ)様によればテレビとは放映時間になったら正座してテレビの前に座りCMも飛ばさず放映終了まで注視するものだそうです.つまり録画というのは最終手段ってことやね・・・.

ハイビジョンレコーダによりディジタルのまま録画が可能ですが,取り置きするためにはBlu-rayレコーダかHD-DVDレコーダが無ければなりません.そういうレコーダは手も届かないし,メディアも高すぎてついていけません.

HDDにためとけば問題ないじゃないという話もありますが1TBじゃ少なすぎます.2PBくらいは欲しいですね.

アナログ編
・S-Video/コンポジット端子 を使う
チューナの出力側のS-Video端子やコンポジット端子をキャプチャ機器の入力端子側につなぐ

ここから先はキャプチャ機器の機種によって動きが異なる.

例えばアイオーデータ製の機器の場合銀色の機種はそのままMPEG2で録画する事が可能だけど
c0064553_21535422.jpg

この黒い機種では録画し始めると暗号化されたMPEG2を吐き出し始め,使えない編集ソフトでしかCMカットできない上に,aviには全くできない.
c0064553_21541126.jpg

この暗号化を引き起こす原因がCGMS-A(コピーガードマネージメントシステム-アナログ)というもの.これはいわゆるコピーワンスというものの一種で480iの信号とともに送出され対応した機種で信号を受信するとしかるべき動作になるもの.対応機種では暗号化ファイルを吐き出して録画するが,非対応機器では録画を停止する場合もある.銀色の機種のように全く気にせず録画してしまう場合もある.
これを回避するためにはISのようなCGCを使わないといけないが,これを意図的に行うとマズいらしい.

・D端子を使う
地上波デジタルチューナにはS-Video端子やコンポジット端子の他にD端子というアナログ信号を送る端子がある.蛇足だけどD端子っていうのは端子の形が"D"に似てるからD端子と呼んだだけであって,デジタルとは何の関係もありません,ねんのため.
これを使ってアナログで録画する事は・・・できちゃいます.じつはCGMS-Aってのは480iにしか含ませられないらしい,でたとえば,こんなボードはD3以上でキャプチャすることができるそうです.
c0064553_2244396.jpg


まとめ
去年銀色の製品を買っていれば良かったなぁと思う次第
とりあえず労力に全くペイしないので,地上波アナログ停波までこのままでいいや.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-10-02 22:05 | 設定覚え書き | Comments(0)

TVAカラーバー


c0064553_6424945.jpg

c0064553_6431767.jpg


c0064553_643305.jpg

c0064553_6434252.jpg


輝度は省略
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-09-11 06:43 | 設定覚え書き | Comments(0)

NTSCの壁

白と黒の輝度だけに注目してビデオキャプチャ装置の画質調整をしたら,(やっぱり)白トビ・黒ツブレしてしまった.やはり,0〜16までと230〜255までの情報は飛ばされるらしい...

結局,aviutlの拡張色調補正にたよるしかないのかな・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-09-10 19:29 | 設定覚え書き | Comments(0)

Swingはファイルダイアログ出すの簡単

JComponetを使って画像を表示するプログラムを作ったのだが,コマンドラインから引数を与えるのはめんどくさい.

というわけで起動したらファイルダイアログが出て任意の画像を選択するとそれを開いて表示って言うプログラムを作ってみた.

awtの頃はToolkitとかいうのでめんどくさいソースをこねくり回さないと行けない経験があったのだが,swingを使うとJFileChooserというものが使えて比較的簡単にいけるらしい,これとImageIOを使ってBufferedImageに落とし込めばラクに画像を開くことができそう.

続きを読む
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-09-10 01:55 | 設定覚え書き | Comments(0)

補正

Yoffset : 黒輝度
Ygain : 白輝度
Cb , Cr : 色相
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-08-15 09:51 | 設定覚え書き | Comments(0)

ioctl

ioctl

#include <sys/ioctl.h>

int ioctl(int d, int request, ...);
--------------------------------------------------------
requestはioctlへの様々なコマンドとなる。
requestに応じて引数が変化する(可変長引数)

コマンドはioctl_listを参照のこと
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-08-15 00:11 | 設定覚え書き | Comments(0)

シャープ化

画面を若干破綻させてでも輪郭線を細くしたい場合に使用するプラグイン

WarpSharpフィルタ

来週分から試験運用...
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-07-22 21:37 | 設定覚え書き | Comments(0)

動画対応表(個人用の覚え書き)

各フォーマットとOS/プレーヤ/Mac上でのiPod用ビデオ変換の可否について検証
c0064553_2181045.jpg

注1:Flip 4 Macを使用すれば可能
注2:Flip 4 Mac Professionalを使用すれば可能
注3:VLC(できるだけ最新版)を使用する事で再生のみなら可能
注4:ffdshowをインストールすれば可能

こうやってみるとネイティブでない環境用のプレーヤ(Mac上のWMPとWindows上のQTP)はプレーヤのネイティブフォーマットしか再生できないことがわかりますね,当然ですけど.

結局,DivXのaviが最もつぶしが利く,ということを再確認する結果となりました.DivX Networksには今後も手厚いMac上サポートを願う次第であります・・・
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-07-18 21:10 | 設定覚え書き | Comments(2)

(たぶん)一番簡単なH.264動画の作製法&aviコンテナからmp4コンテナに移行する方法(←そして失敗へ...)

というわけで当分,DivX+mp3で十分とは思うのですが,いちおう,覚え書きとして記録

私はAviSynthやVirtualDubModは使ってません.というか,使おうとしたけどよく分からんかったので放棄した...という感じなんですが(苦笑)

そんなわけでWindowsでの動画作成にはaviutlに完全に依存しています.aviutlはご存知のように,フリーでフィルタが多彩に用意されている動画編集ソフトウェアです.こいつは名前の通りaviしか基本的に吐き出せません.

なのでH.264動画を書き出せてもDivX+mp3のaviと同様に,H.264+mp3というフォーマットになってしまいます.ま,とりあえずやってみましょう.

H.264はx264コーデックで書き出すことができます.x264は私はFree-Codecでダウンロードしました.ちなみにx264-537-install.exeっていうファイル名のを落としました.これをインストールすると,aviutilのビデオ書き出し項目にx264が現れます.
c0064553_8592313.jpg
これを選択して,さらに設定を押すとこんな画面が出ます.
c0064553_8595079.jpg
いろいろいじれるのですが,今回はノータッチ.中央のスライダがQuantizer(量子化)となっていますが,これが品質依存の数値設定と考えてください.品質が26の場合にはmp3とともに圧縮するとだいたい1Mbps程度になります.スライダの設定は0に近づけるほど,キレイにエンコードできますが,容量がでかくなります.地上波テレビレベルなら20以下にするのは無意味だと思います.エンコード時間はDivXより若干かかる気がします.出力結果は私のソースで試した限り大きな破綻は無く良好なエンコード結果でした.

H.264は基本的にはmp4コンテナにAAC音声とともに載せなければならないので,これは本当はよろしくありません.しかし,VfW(Video for Windows)を使う以上mp4コンテナはネイティブで扱えないため,こうせざるをえない現状です.このフォーマットは例の表にもあるようにMac上ではかろうじて再生できる(iPod用にQTを使って変換できない)という肩身の狭いものです.そこでつぎにmp4コンテナに変換する方法を紹介します.mp4コンテナにするとWMPで再生できなかったりするわけですが,WMV VCM形式のaviに比べれば私の中よっぽど汎用性があるフォーマットなので,mp4動画を試験的に作成してみました.

Windows上のmp4動画作成をみてみると,いろいろ出てくるわけでなんですが,どうも使うツールがやけに多い.

調べただけでも,これだけ必要のもよう

AviSynth, VirtualDubMod, MP4BOX, MeGUI

ちょっと調べただけではこのツールをどのように使い,どのような流れでmp4を作成するのかは分かりませんでした(汗

なので,自力で吐き出す方法を考えてみました.

とりあえず使えそうなツールとしてMP4BOXに目を付けました.これはaviなど(*1)からコーデックがmpeg4系由来のものなら抽出できるツールです.Windows上ではこれにGUIを実装したYAMB(Yet Another Mp4 Box)が有名なようです.
YAMBはここから入手できます."Yamb-1.6 with installer"を選ぶのが無難です.これでYAMBインストール時にmp4boxコマンドも入ります.
YAMBを起動して,「Extract」タブに移動し,InputでH.264+mp3なaviファイルを指定します.
c0064553_2155325.jpg
若干の解析の後に操作可能になるので,「Extract」ボタンを押し,分離(demux)を行います.完了すると指定した場所に .h264 というファイルと .mp3 というファイルが生成されます.前者は動画ファイルで後者はmp3ファイルです.さらにこのmp3ファイルをaacに変換します.私はiTunesを使って変換をしました.

そして再度,YAMBを起動してMuxタブに移動し,先ほど吐き出した .h264 ファイルと .aac ファイルを「Audio&Video」内にADDして,OutputのMuxを行います.これでmp4ファイルが晴れて生成されました.

実際にこのファイルを再生してみたところ,そこらじゅうに問題が発生しました...
まず,音声がずれています.だいたい0.3〜0.5秒くらいずれていそうです.これはまずい.さらにQuickTimeでの再生は映像が白紙になりました.まあ,これは予想していたのですが...(*2)

そんなこんなで,Windowsで簡単にH.264のmp4を吐き出すのは苦難の道ということが確認できました.もう少し時が流れてから試してみようと思った次第です.そのころにはハードウェアエンコかGPUエンコがはやってるかもしれないし...

(*1)AVI以外でも抽出できそうだったので「など」と書きました.試してはいません.
(*2)x264の設定がQuickTimeのH.264デコーダのサポート外の内容だったと考えられます.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-07-18 20:36 | 設定覚え書き | Comments(0)

Windows XP PCをIPルータにする

簡単にIPルータを作る方法

HKEY_LOCAL_MACHINE以下の
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters

を表示する.

IPEnableRouterを0x00000001(1)に変更する.

IP Routing が有効になるので,routeコマンドで静的にルーティングを設定すればちゃんと動作する.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-06-26 09:24 | 設定覚え書き | Comments(0)