cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

ソフトで何とかなりそうなところをなんとかしないApple

AV Watchより

新iPodのラインナップおよび同時に発売されたイヤフォンについての記事。

iPod touchはマイナーチェンジといえども、再生時間の増加やスピーカーの内蔵など見るべき点は多いようです。あとはGPSがつけば完璧なんだけど、iPhoneがある以上絶対にやらないだろうな。

iPod nanoは曲面が特徴のデザイン。どことなくauのINFOBAR 2を思わせる曲面っぷりです。
この薄い筐体に加速度センサーを入れて、シャッフルなどに使うことができるようです。アップルの人曰く誤動作はまずしないようですが、クルマに乗せたらなりそうな気がしますね。もっともクルマに載せてるときはロックかけそうですが。

新型のカナルイヤフォンは1万円以下ではかなり健闘しているレベルの様で。適当に作ったシロモノではないようです。さすが、ジョブズが納得できるクォリティなので出したって言っただけはあるようです。
しかし、このカナルイヤフォンのすべての機能を使うためには新型iPodシリーズが必要で、iPhoneでさえ、未対応機種となっているようです。
以前の記事でも書きましたが、アップルはiPodの世代間で互換性というものをとても軽視している感があります。とくに、音声の処理関係やスタート・ストップなどのコントロールの規約はソフトウェア側で吸収できそうなのに、なかなかやってくれない。

この辺りもう少し、真剣に対応してくれることを期待します。

って、フィードバックとかに送りつけてみようかな。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-09-12 21:53 | 雑感 | Comments(0)