cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

AirMac Diskを試してみたのだけれど

結論から言うととても遅い.

-------------------------

先日Air Mac Extremeを購入しました.このAir Mac ExtremeはDraft 11n対応の無線ルータで,最新のMacと最大130Mbpsで接続が可能となります.

実際,ファイルを転送して実効レートを測ってみたところ,機器間を3m離した状態で50Mbps程度はでました.これはなかなか優秀.また11gの転送速度も以前使っていたNetgearの無線ルータに比べて1割か2割程度高速な17Mbpsとなりました(こちらは5m離れた壁越し).無線機能に関してはとても満足.

AirMac Extremeは付加機能としてUSBプリントサーバ機能とUSBディスク機能があります.USBプリントサーバはプリンタを接続してMacからプリンタドライバを探すだけ,大抵のプリンタドライバを内蔵しているMac OS Xなら自動で探してくれます.これも至って簡単でした.

問題はAirMacディスク機能.まず事前にフォーマットする必要があります.AirMacではディスクをフォーマットする機能はないようです.ちょっとここでつまづきました.そして共有方法はいくつかあるのですが,一番手っ取り早いのはAirMacのパスワードで認証をする方法でしょう.これならLeopardの場合,ツールバーに現れたアイコンをクリックしてパスワードを打つだけです.もちろんSMB共有化することも可能です.
しかし,実際に使ってみたところ,速度的にとても使い物にならないことがよくわかりました.実効転送速度はなんと1MB/s以下...これは今時のとても安いNASと比較してもかなり見劣りする転送速度です.予想以上に悪い性能だったので,NASとして使うことはあきらめました.

結論から言うと機能はとても多くてしっかりと作り込んであるのですが,ディスク機能だけはいただけない,そんな無線ルータでした.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-12-06 23:42 | 雑感