cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

日本でのMacのシェアが伸びてるらしい

PC Watchより

とりあえず,喜ばしいことなのだが,素直には喜べないような気持ちもある...

まずシェアに関してはBCNの調査って言う点がそもそもの問題点であると思う.この集計はソースが偏っているし,瞬間最大風速的な側面が強い.それでも統計的にシェアが伸びたという報告がでたのは単純にVistaの良さが全く受け入れられなかった(価格に全くペイしなかった)点が大きいと思う.
Intel Macを導入したユーザがBootCampなりParallelsなどの仮想化ソリューションなどでVistaを率先して導入している可能性がとても高いのは皮肉なことだろう(おそらく調査をするとかなりの人がIntel MacにWindowsを突っ込んでいるはず).

Vistaを入れるためにMacを(デザイン重視)で購入していく人は今後も一定数増加していくだろうと自分は思っている.パワーユーザならば使い勝手が若干違うDOS/Vマシン程度の認識でなんとかやっていけるだろうし,値段も他のメーカー製PCとならば十分に戦っていける値段だと思う(自作系やショップ系PCとだとちょっと難しいと思うけど).

それでも不安に感じるのはこういったエンスージストのパイがそれほどないことと,単純にMacを欲しいと感じる人が今後どれだけ増えていくかという懸念を持ってるから.

いくらMacでWindowsが動くからといっても食指が動くのは10人いてせいぜい1人いるかいないかといったところだろう.そういった前者に対してはMacのラインナップを増やすくらいしか解決策は無いだろう.例えば現在存在しないミドルレンジのデスクトップMacとか存在を噂されているウルトラライトポータブルといった部分でDOS/Vユーザに訴求していく必要がありそう.

後者はいわゆるライトなユーザ.こういったユーザに対しては現在iPodとMacのCMで注目度は悪くない,今後購入した人たちが口コミで悪い印象を広めれば,あっさり今の快進撃は止まりそうだし,逆にいい印象がひろまれば,歯車が今後もうまく回っていくだろう.いい印象を広める意味で昨今はストア戦略もしっかりとしているし,土台は悪くない.イメージ戦略として現在のAppleは非常にいい位置にいると思う.

今後はLeopardの動向も含めて総合的な訴求をする段階にあるのではないかと自分は感じている.AppleとしてはiPodやiPhoneの制御装置としてMacを販売する戦略を強化すると思われる.
その肝心のLeopardに関して今のTigerをみると本当にできるのか?と不安に感じる部分がある.Mac中の全ファイルにQuick LookやCover Flowを本当にできるのかなぁ...と今のTigerを見ていると感じるんですよね...10000個以上のファイルを検索して操作すると結構コケるし(汗).壮大なファイル操作に対するビジョンも良いですが,足腰がちゃんとしてないとユーザに悪い印象がついてしまうのではないかと懸念しているんですよね.

もっともこれに関してもそれを払拭するいい材料があるようで,それがiPhone.iPhoneは限られたハードウェアリソースを使っているのに,ものすごくきびきびと動くようだし,UIもとても細かい動きまで破綻無く表現できているようだ.しかも映像を見る限り人間が実物の紙やダイアルをまわしているかのような感性に響く再現性でそれを実現している.ここまでの動きができれば,Leopardももしかしたら・・・と期待させてくれる.

今後のAppleに期待したいところだ.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-07-20 23:33 | NEWS | Comments(0)