cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

見通しのよくなったOS Windows Vista

そういえばちょっと前にWindows Vistaの一般消費者向けの販売が開始しましたね.

実は私は2週間ほど前から大学のボリュームライセンスでWindows Vista Ultimateを導入して使っています.ここまで使ってきて感じたことを少しだけ書こうと思います.

まずはビジュアル面から.いわずとしれたAeroですが,結構悪くないです.

最初はウィンドウのタイトルバーの透け具合が少し高すぎて(不透明度が低すぎて)違和感を感じましたがじきになれました.ウィンドウを閉開したときのふわっとするエフェクトはXPのときと比べて心理的に負担を感じない気がしました.

Windows+Tabで出てくるスイッチャは面白いですが,サムネイル状になったウィンドウをリボルバー状にする必然性はあんまりないかな...と感じました.わたしはもっぱらAlt+Tabで操作していますね.
そういえばVistaからはAlt+Tab(またはWindows+Tab)でスイッチャを出した状態で任意のアイコンをクリックするとそのウィンドウが前面に出てくるようになりました.これはMac OS Xと似た感じでグッドだと思いました.

見た目は好印象だし,例の検索機能も概ね良好な速度と操作性を持っていると感じています.がVistaが"新しさ"を纏っているだけに,奥底で眠っている古さも同時に露呈している感があります.そしてそこががっかりしてしまうところだったりします.それはたとえばコントロールパネルの書類全般だったりタスクトレイのインターフェースだったりします.
ひとつ具体的にあげると画面設定でしょうかね.そろそろ壁紙のドラッグ&ドロップに対応してくれてもいいし,解像度のスイッチなんかももう一工夫できるところだと思います.

そこで自分なりに結論を言わせてもらえばVistaはいろいろな機能が探しやすくなったOSだと思います.こう感じる部分は使っていて多々あり,Microsoftもかなり苦労して実装したところじゃないかなと思っています.けれどせっかくアクセスしやすくなった機能は前述のように旧態然としており,せっかくの操作性がシームレスさを欠く結果となっているように思います.
これは依然取り上げたIE7でも感じる部分です.MSが真のユーザビリティを考えているといえるのはこのあたりの機能の改良が必須だと思っています.

今回は見た目,使い勝手なんかを中心に感想を書いて見ましたが,Vistaの基盤は21世紀のOSたる仕様となっているようです.OSは所詮OSなのでぜひVistaならではというアプリケーションをはやく手にして使ってみたいものですね.
[PR]
by cappuccino_mac | 2007-02-01 23:39 | 雑感