cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

iTunes7導入奮闘記

iTunes 7が出たって事で,早速アップデートしました.Macユーザならアップデートはソフトウェアアップデート経由でワンクリックですね.
c0064553_20302324.jpg
今回は青色

で,すんなり使えると思ったわけですが,今回は手を焼きました...問題はWindows環境で作成したmp3ファイルのID3タグの文字化けです.この問題は結構めんどくさくて,文字化けは即座には起こらず,音楽ファイルを再生した段階で初めて文字化けするという変わったものです.一度変わってしまうと非可逆で文字化け前の情報を覚えてなければ元には戻せません.Windows環境ではタグがSJISで記述されるケースがあります.Mac版iTunesではこれに対してUnicodeで管理をしているため文字化けが起きてしまうわけです.
これまでこの問題の解決のためにTune-up iTunesを使っていました.
c0064553_20483746.jpg
Tune-up iTunes

しかし,今回はこれが効きませんでした.そこでネットの情報を調べてみましたがリリース直後のソフトウェアだけにまったく解決法は載っていませんでした.しかしそのなかにiTunesの文字化け問題の解決法としてID3タグのバージョンを指定するという方法を紹介しているサイトを発見しました.これまでためしていなかった方法だったのでもしかしたらと思い挑戦してみました.参考にしたサイトではiTunes 2を前提に話をしており,ID3タグのバージョンを1.1にする事を推奨していました.試しにいくつかの楽曲で情報ウィンドウを出してバージョン1.1を指定しました.
c0064553_20512566.jpg
ID3タグを変換... を選択

すると成功するもの,失敗するものが半々という感じになりました.iTunesはバージョンが増す度に対応するID3タグが増加しており,7ではバージョン2.4のID3タグまで対応しています.新しい事はいい事だということでとりあえず3曲くらいをバージョン2.4に指定したところ問題なく成功しました.
c0064553_20523048.jpg
ID3タグバージョンを2.4に設定

その後数曲ずつ10回ほど試行しましたがすべて問題は起こりませんでした。ならばということで全曲にバージョン2.4を適用してみました.約1000曲中1曲だけ文字化けしたもののほとんど問題なくアップデートできました.なぜ1曲だけが文字化けしたのかは分かりませんが結果としては十分な成果が得られました.結局Tune-up iTunesとの副次的な作用なのか、単純にタグバージョンに2.4を指定するだけで済む問題なのかは分からなかったのですが、両者を適用することで問題解決できることは間違いなさそうです.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-09-13 20:53 | 雑感