cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

PS3について思った事

PS3の値段が確定したこともあって,いろんなサイトで話題に上っています.

基本的にゲーム機として高すぎる!という意見が多く,コアゲーマーはともかく一般層への普及はかなり厳しいだろうという意見が大勢をしめています.かく言う私もそう感じました.

SCEIの偉い人(要するに久夛良木氏)の意見としては,ゲーム機ではない,新世代のエンターテイメントマシンだ,とか時代がこのクォリティに追いついていない,とかまあ,そんなところだったと思います.

今回の雑感はそんなPS3とMacの相関性を考えてみました.

いまや(少なくとも日本市場では)据え置き型ゲーム機といえばPS2,PCといえばWindows PCという時代になりました.スタンダードのクォリティになれるとたいていの人々は「これ以上のものはいらない」という思考に走ります.

スタンダードではない製品は往々にして消費者に相手にされません.Xbox360が日本市場で苦戦を強いられているのもPS2で満足しきっている層が多いからです.Macも同様に部分的にWindowsに勝る部分があったとしてもスタンダードの壁に阻まれてほとんどの人には存在意義が理解されません.

SonyはPS3をPS2ではなし得なかった表現力を持っていると主張しています.しかし,この主張が厳しいことは明らかです.なぜならもうひとつのスタンダード,SDTVがあるからです.PS3はSD品質ではその性能のすべてを発揮できません.しかし,ほとんどの家庭は現在もSD品質のTVであり,だれもがこれに満足しているからです.PS2というSD品質最高のゲーム機がPS3の成功を阻んでいるとも見ることができます.

ここで,ちょっとMacの話をしてみます.昔Apple社はMacをWindowsと比較して未来をいち早く実現したマシンとかユーザエクスペリエンスにすぐれているとか宣伝していました.しかし,その宣伝にスタンダードを意識していたかというとNoだと思います.
Macは時代ともにPCI,USB,オープンソース,Intelチップと徐々にスタンダードを意識し,それを受け入れスタンダードしか知らない層にも認知される努力をしてきたように思います.ここで重要な事はスタンダードを受け入れるとと呑み込まれることは違うという事です.スタンダードを受け入れる事で自らの特徴を殺しては意味がありません.Macがいまも消滅していないのは(危なげありつつも)そのへんのバランス感覚が良かったからだと思います.本当はスタンダード(=Windows)を押し上げた存在になりたいという思惑がありますが,互換性の問題からなかなか難しいのだろうと思います.これはいまintel Macで挑戦中ってことで今後の展開を見守りたいところです.

PS3はその観点からすると消費者のスタンダードを一気に押し上げたいという意志が強く感じられます.たしかにゲーム機市場はPCと異なりそのようなアプローチが可能な市場だと思います.なんといっても互換性の存在意義が薄いですからね.しかし,PS3をゲーム機として消費者が見ている以上,この価格設定はやはり冒頭で述べたように厳しいでしょうね.そしてHDTVの普及の問題も同様にPS3の価値観に天井を作っている要因となっています.このように2006年時点ではPS3をより高いスタンダードへと昇華させる情勢が整っていないと感じるのです.

いま独自性をいかんなく発揮しつつもスタンダードを強く意識したもうひとつのゲーム機メーカがいます.それが任天堂です.Wiiではこれまでの常識を超えたゲームコントローラを採用しつつもインターネット接続機能や低価格(といっても未定ですけど)という消費者が2006年時点でゲーム機に「スタンダード」と感じる要素をちゃんと持っています.これはNintendo DSという携帯ゲーム機のスタンダードを築いた任天堂ならではのアプローチと言えます.

なんか最終的に3つの製品戦略から考える「スタンダード」へのアプローチ論になっちゃいました.消費者に製品の魅力を訴えるというのはもちろんいろいろな方法があると思います.ただ,SCEIが言うような,違う体験ができる,だから高くて構わないという主張は今の時代にはなかなか通用しないんじゃないかなぁと,これが私が一番言いたかった事です.
[PR]
by cappuccino_mac | 2006-05-12 01:05 | 雑感 | Comments(0)