cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

無線LANスイッチ

無線LANスイッチというものがあるそうな。

例えばこんなの

無線LANスイッチはシン(Thin)APと組み合わせて、シンAPに接続した端末のMACアドレスをシンAPが接続したポートに対応づけて記憶するよう。これで、スイッチはポートと端末の対応を学習する。
APとスイッチ間はLWAPPっていうプロトコルで制御情報のやり取りをするらしい。これによって端末が移動しても瞬時(ミリ秒単位)のローミングを行う事が可能だそうだ。
ついでにAPの周波数帯を監視してインテリジェントに干渉を防ぐらしい、これも無線LANスイッチの賜物なんだろう。
とりあえずLWAPPがどんなものか見てみると面白いかもしれない。まだIETFで標準化を勧めてるところらしいが・・・。

・・・・・・ちなみにこれ、300万円くらいします(苦笑
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-29 00:47 | 設定覚え書き