cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

ジーニアスバー初体験

友人のMac miniが起動した瞬間にカーネルパニック連発でどーにもならなくなってしまいました。
実のところ前々からビミョーに調子が悪かった(OS Xが内蔵ディスクにインストールできないとか)ので友人にApple Storeにいく事を勧めていたのですが、これを機にApple Storeに持ち込んで相談してみることにしてみました。
このMac miniはまだ保障が年内だったし、そもそもを買った店がApple Store栄だったので相談すれば交渉は早くすむだろうという算段からです。

Apple Storeによった時間は夕方頃だったからか以前昼間に来たときより客がいた感じでした。
2階のジーニアスバーは予約がいるのかなとか思っていたけど、直接相談を持ちかけたらすぐに対応してくれました。とりあえず状態確認のあとnvramのリセットを行うも症状に変化無し。OS Xのインストールもやはり失敗するためメモリもしくはHDDの損傷の可能性から修理することになりました。
証明書類もしっかり持っていたので、ジーニアスさん(?)も対応が素早く、丁寧な感じでした。
あとは修理後の対応がよければ文句ないんじゃないですかね。

ジーニアスバーの人も言ってましたけどMacってのはメモリにエラーが有ると大抵警告音が鳴ってOS Xのブートフェーズに移行しないようになっています(2005/05/01記事参照)。
今回メモリが一番クサいのにならないって言うのは腑に落ちないところですね。修理後の修理部分が気になるところです。
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-10-13 23:23 | 雑感