cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

iPad

いまさらですが、iPadについて

iPadで最初にピンときたのがスリム版BeOSを搭載したアプライアンス製品。たしかプロトタイプであった気がする(他にiToasterってのもありましたね、あれは商品化された気がする)。あのころIA(Information Appliance)とかシンクライアントってのが一時期流行って、PCが主役から退けられる、なんてストーリーがよく叫ばれました。
結局、それら簡易な情報端末は特に大きな盛り上がりとなることもなく、プチブーム程度で収束してしまいましたが、PCができることとそれらでできることの違いが大きすぎたのが要因と思われます。

iPod touchやiPhoneが出てきたタイミングで簡易な情報端末はユーザがPCができる処理の大半(Webの閲覧、メールチェック、スケジュールなど)をこなすことができるようになりました。さらにアプリケーションを追加できるApp Storeが出現したことで、PCのような汎用性を持たせることができるようになりました。
Appleの見た目重視の戦略ももちろんありますが、上記の条件が満たせたことでPC以外の情報機器が市民権を得られたんだと思います。

iPadはこれをさらに発展させて、PCのような高度な操作をPCよりも直感的にできるようにしようというものじゃないかなって思います。処理能力もそれに耐えられるような自社製CPUを搭載してしまった感があります。
画面がでかくなったからiWorkのiPad版を出したとかそういう安易な考えではないと思うんですよね。デベロッパにこのようなソフトウェアを出してほしいというメッセージのような気がします。高度な操作といえばプロダクティビティですからね。

Jobsはバッサリと切るのが好きですが、Macをバッサリ切るとApple社が傾く。だからじわじわと切り捨てて行きたいって考えているんじゃないでしょうか。iPadはMacを再構築したものと思えてきました。いまはMacまたはWindowsが主、iPadが従の関係ですが、いつか親であるMac/Windowsから離れていく日が来るっておもってます。この交差点が来た時、接点になるiTunesはどういう役割になるか興味深いです。

話は変わりますが、会計ソフトウェアに弥生の青色申告ってソフトがあります。私は基本マカーですが、このソフトを使う時はWindowsを使っています。この弥生の代表取締役の岡本さんがブログでiPadに関する記事を書いていました。思ったより汎用性のある製品になっているということで興味を持ってくれているようです。ICカードリーダもつなげられないiPadに弥生の青色申告を移植するのは現実的ではありませんが、なにかの形でiPadと弥生の青色申告が連携するきっかけになればユーザとしては嬉しいなと思ったりします。
[PR]
by cappuccino_mac | 2010-01-31 11:26 | 雑感