cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

無線通信技術いろいろ

設定じゃないけど、覚え書きとして記載 φ(・_・)

<セルラー系>→要するに携帯電話用の無線通信規格
・HSDPA
ドコモが開発を進めている3.5G携帯電話用の通信方式 W-CDMAに準拠 15Mbps程度の高速通信が可能になるらしい、まだ実用段階に至ってない
・CDMA [n]x(EV-DO)
KDDIがCDMA2000規格に沿って開発を進めている規格、現在はCDMA 1xとEV-DOという技術によって2.4Mbpsという高速通信が可能 将来的に2x 3x等の規格が登場予定
・TD-CDMA
ソフトバンク/イー・アクセスが事業者になろうとしてる、セル範囲(基地局間の距離)は他のCDMA方式より広いらしい 上りと下りの周波数帯を一本化可能で周波数を有効利用できる、まだ実用段階ではない
・TD-SCDMA
中国で実用化に向かってる方式、原理はTD-CDMAとほぼ同じらしい
・4G
どうなるか良くわからないがOFDMをベースにしてるらしい、NTTは低速移動時に1Gbpsの高速通信実験に成功、実用化は2008年以降?
・PHS
マイクロセル方式の無線通信技術、256kbps程度の通信速度、日本では比較的普及

<無線LAN系>→無線LAN 近年企業/家庭を中心にネットワーク用途で普及
・IEEE802.11b
11Mbpsで通信できる無線規格 2.4GHz帯を使用 使用範囲は数十m
・IEEE802.11g
54Mbpsで通信できる無線規格 2.4GHz帯を使用 MIMO(アンテナを束ねて高速通信する技術)によって108Mbpsで通信できる製品も登場 使用範囲は数十m
・IEEE802.11a
54Mbpsで通信できる無線規格 5GHz帯を使用 使用範囲は数十m b/gに比べ普及率はいまいち
・IEEE802.11n
MIMO技術による高速通信を主眼に置いた次世代無線LAN技術 数百Mbpsを視野に入れている
・WiMAX
正式名称IEEE802.16a 70Mbps程度の通信速度と半径30マイル(約48km)という広範囲通信が可能な無線LAN WirelessMAN(Metropolitan Area Network)の本命視とされている

<PAN(Personal Area Network)系>→周辺機器の無線化に主眼を置いた無線規格 Bluetooth以外はまだ普及段階に至ってない
・Bluetooth
721kbps(Bluetooth1.2)と通信速度が低いものの消費電力が小さいため、PC周辺機器や車載簡易ネットワーク(ハンズフリーフォンなど)に用いられる 使用範囲は10m程度 2.4GHz帯を使用するためIEEE802.11b/gと干渉する 最近EDR規格によって通信速度が2.1Mbpsに向上した
・UWB
数百Mbpsで通信が可能とされる WirelessUSBの本命 使用範囲は数m程度
・ZigBee
通信速度250kbps 最大伝送範囲30m通信規格 一つのネットワークに最大で255台の機器を接続できる きわめて消費電力が小さい 無線による電子機器の制御に使用

<独自系(?)>→よくわからない
・iBurst
京セラが独自に開発した無線システム 1Mbpsの通信が可能 南アフリカで商用化が開始したらしい

適当に調べたので突っ込みどころが多そう(汗
しかし、いろんな規格があるもんですな
[PR]
by cappuccino_mac | 2005-04-02 13:37 | 設定覚え書き | Comments(0)