cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

Windows 7ネタ

PC Watchより
ユーザーにとって大事なことは、今、扱いたいドキュメントが、どのプログラムに関連づけられているではなく、そのドキュメントの内容だからだ。「研修旅行参加者名簿」が、Excelで作られているのかWordで作られているのか、あるいはPDFなのかといったことは、本当はどうでもいいことだ。つまり、新しいタスクバーは、ドキュメントオリエンテッドな考え方を放棄する方向にあるともいえる。

これだけプログラムを意識させておいてドキュメント志向ってのも笑わせますけどね。通常の操作をしてプログラムを意識しなかったことなんてないです。
スリープとそこからの復帰を繰り返して使う日常的な運用においてはスタートボタンをほとんど使わない。

検索は必ずウィンドウで行う派のようです。

ITmedia eWeekより
エディションがいくつあろうがそんなに困らないけど、目くじらを立ててる人の話。この人はちょっと前にもエディションに関して危惧していた
結局普通の人:プレミアム、企業の人:プロ、とにかく金を払いたい人:究極 ってカテゴリで一般人は困らない。おそらく、これら以外はお目にすることもないだろう。大した機能差もないくせに価格が結構違うのが気になる点なのだろうけど、差別化しないとOSで生きている会社であるマイクロソフトには生存の危機である。MSも営利企業なので、慈善事業をしているわけではない。察してあげるしかないだろう。
Mac OS Xは一つのエディションだが、ひとつで困らない市場だからというのもあるし、OSが売り物ではないからというのもあるだろう。
というマカーの戯言でした。
[PR]
by cappuccino_mac | 2009-02-06 06:50 | 雑感 | Comments(0)