cappuccinoのコンピタブログ

cappmac.exblog.jp
ブログトップ

箱が来た

サンタさんの今年のプレゼントはDOS/Vマシンでした。
かなりでかい箱なので置き場がなくて布団の上に置いてしまいました。
c0064553_14173087.jpg

この大きさでは靴下に入らないっすね...

このマシンはIntel Core i7 940(2.94 GHz)を搭載したマシンです。920でも良かったけど、ちょっと奮発してみた感じです。

標準ではWindows Vista Home Premium(64bit)が載ってるんですが、64bitだとなにかと不便なところがあるのでiMac用に使っていたWindows Vista Home Premium(32bit)も乗せることにしました(つまりマルチブート)。iMacはこれでピュアMac OS Xマシンに戻りました。

さらにやっぱりLinuxもないとさびしーなーってことで、Ubuntu Linux 8.10(64bit)も載せました。Vistaを乗せた状態でLinuxをマルチブートさせるのはちょっと工夫がいるのですが、それについては別記事で触れたいなーって思っています。

とりあえず外観から
c0064553_14181749.jpg
c0064553_14184531.jpg

黒のツヤ入り塗装ケースで悪くはない質感です。

うちのタワー型MacのPower Mac G4と比べてみました。
c0064553_14202993.jpg

幅、奥行きともにだいたい同じくらいの寸法でした。若干、Macのほうが幅が大きい感じです。

Intel Core i7搭載なのでステッカーはi7仕様になってます。
c0064553_1422338.jpg


さっそく分解してみました。

側面パネルを外す方式ですが、両側面のパネルとも容易に外せる仕様なので、拡張なども楽々にできそうです。
c0064553_1424956.jpg

できれば手で回せるネジにしてほしかったですが、買って付け替えれば済む話なので特に問題はないです。
左サイドパネルは大きな円筒形の部品が付いているのが特徴的、CPUのエアフロー確保のためと思われます。

左側の写真
c0064553_14263863.jpg


マザーボードはMSIのEclipseでした。結構高価なマザボを積んでいます。
真中にあるDrMOSのロゴと、CPU周辺のヒートパイプが特徴的。CPUクーラーはインテル純正のリテールクーラーとなっています。
HDDはサムスン製の1TBを1基積んでいます。サムスン製は安いのかな。

CPUクーラー部アップ
c0064553_1431381.jpg


メモリ部分アップ
c0064553_14313796.jpg


メモリはDDR3を積んでいます。メーカーは見てなかったけど、エルピーダのチップを積んでいるようです。

ビデオカード
c0064553_14403937.jpg

WinFast 9800GTってのを積んでいました。
ミドルより若干上の性能に位置するビデオカードです。
電源を外部から供給する方式のため、ケーブルが出ています。このケーブルのせいでHDDベイに干渉して、ベイ自体は3基あるものの使えるのは実質2基、という状態になっています。

右側の様子。
c0064553_1435570.jpg

非常にシンプルです。右側はマザーボードのインターフェースが側面から突き出している部分なのでコネクタをさしやすいように設計していあります。
こんな感じ。
c0064553_14372547.jpg

SATAなのでケーブルの取り回しも簡単でHDD増設はとても楽です。先ほどの左側面の写真でHDDが2個写ってたのは増設HDDを付けた後に撮影したからです。はずすのが面倒だったのでつけたままにしておきました。

つぎはBIOSとかOS周りのあたりを触れたいかな、と思っております。
[PR]
by cappuccino_mac | 2008-12-29 13:01 | 雑感